5万円台〜6万円台のミッドレンジスマホ対決:Pixel 6a vs iPhone SE (第3世代) vs edge 20

5万円台〜6万円台のミッドレンジスマホ対決:Pixel 6a vs iPhone SE (第3世代) vs edge 20

本日発売となったGoogleのミッドレンジスマホGoogle Pixel 6a。iPhone SE(第3世代)より優れているのではないかというWeb記事もよくみかけます。

実は筆者もPixel 6aを予約しておりますが入手はしばらく先なので、実機なしフライングで較してみます。ついでに1年前の製品になりますが筆者現有のmotorola edge 20がほぼ同価格なので一緒に比べましょう。

実機が届いたらedge 20とも比べてみます。

この記事でわかること
2022年7月28日にGoogleから発売されたミッドレンジスマホ Pixel 6aと同年3月に発馬された根強い人気のあるiPhone SE (第3世代)、そして1年前ですが同価格のmotorola edge 20について、それぞれ優れているところ・気をつけたい選択ポイントがわかります。

主要な仕様やベンチマーク比較

以下の表ではGSMArenaのスペックからデータを引用しています。

赤文字は3機種の中で不利と思えるスペック、青文字は有利と思えるスペックです。

 Pixel 6aiPhone SE(3世代)edge 20
発売時期2022/7/28 2022/3/182021/10/22
直販価格(128GB)53,900円69,800円54,800円
サイズ152.2 x 71.8 x 8.9 mm138.4 x 67.3 x 7.3 mm163 x 76 x 6.99 mm
重さ178g144g163g
初期OSAndroid 12iOS 15.4Android 11
OSアップグレード・セキュリティアップデート提供予定OS:2025年7月まで
セキュリティ:2027年7月まで
販売開始から5年間が目安2027年3月ごろOS:2回まで
セキュリティ:隔月で2年間(2023年10月頃)
5G Sub6 対応バンドn1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 77 / 78 / 79n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 38 / 41 / 66 / 77 / 78
5G ミリ波 対応
CPUGoogle TensorA15 BionicSnapdragon 778G
Geekbench 5 Single10541722687
Geekbench 5 Multi293345502557
Antutu696138
(Ver9.4.2, itmedia)
739901
(Ver9.0.9, garumax)
527183
(Ver9.2.3, garumax)
バッテリー4,410mAh2,018mAh4,000mAh
バッテリー交換費用(公式)15,180円

(Pixel 6/6 Proの場合)

7,500円非公開(要問い合わせ)
ワイヤレス充電MagSafe, Qi
ディスプレイ6.1インチ
2400 x 1080
OLED
4.7インチ
1334 x 750
LCD
6.7インチ
2400 x 1080
OLED
リフレッシュレート60Hz60Hz144Hz
RAM6GB4GB6GB
ROM128GB64GB/128GB/256GB128GB
外部ストレージ非対応非対応非対応
メインカメラ12.2MP, f/1.7,
1/2.66”, 1.4µm
位相差検出AF
光学手ぶれ補正
12MP, f/1.8

位相差検出AF
光学手ぶれ補正

108MP, f/1.9,
1/1.52”, 0.7µm
位相差検出AF
電子式手ぶれ補正
9個のピクセルを1個のピクセルとして扱うことで2.1μm相当を実現。12MP相当
動画4K-30/60fps
FHD-30/60/120/240fp
4K-24/30/60fps
FHD-30/60/120/240fp
4K-30fps
FHD-30/60/120/240fp
HD-960fps
超広角カメラ12MP, f/2.2
1.25µm
16MP, f/2.2
1/3.06”, 1.0µm
AF
望遠カメラ8MP, f.2.4
1.0µm
位相差検出AF
光学手ぶれ補正
フロントカメラ8MP, f/2.0
1.12µm
7MP, f/2.232MP, f.2.3
0.7µm
クアッドピクセル処理で8MP相当
フロントカメラ動画FHD-30fpsFHD-30/120fpsFHD-30fps
夜間撮影夜景撮影、星空撮影なしなし
不用物消去消しゴムマジックなしなし
防水・防塵IP67IP67IP52
生体認証指紋指紋指紋
Felica対応おサイフケータイApple Payで対応非対応

主な優劣ポイント比較

5G対応バンド

一部にはPixel 6aは5Gミリ波対応しているがiPhone SEは非対応という記事があるようですが、これは誤りでedge 20も含めて5Gミリ波非対応です。Pixel 6シリーズで5Gミリ波対応しているのはPixel 6 Proのみです。

Sub6ではどの機種もn77とn78をカバーしているので事実上支障はありませんが、ドコモのみが対応しているn79を使えるのはiPhone SEのみとなります。

docomoは5G(Sub6)ではn78とn79を使用していますが、n78は衛星通信との干渉を避けるために厳しい規制があります。そのため規制のないdocomoの5G(Sub6)はn79の大出力基地局を東名阪を中心にdocomoは展開していますので、n79を使う5G高速通信はPixel 6aやedge 20では使えないことになります。これがどの程度ミッドレンジスマホの使い方に影響を与えるかというと、今の所事実上ほとんど影響はないと筆者は考えます。そもそも1Gbpsなんて速度を見たことがないどころか、100Mbpsも出れば嬉しいのが現状であり、それを超えるような使い方は今の時点でこれらの3機種では考えにくいからです。

もちろん4Gでは何の支障もないことを書き添えます。

カメラ機能

カメラのスペック的には大きな差はないのですが、iPhone SEには超広角カメラがないというのが決定的な違い。そして撮影モードについてはPixel 6aは上位機種譲りの豊富な撮影モードをそのまま継承しており、夜景撮影星空(天体)撮影モードも健在で、ウリの消しゴムマジックも搭載されています。

一方iPhone SEはその手の撮影モードはほぼ皆無です。

昼間の明るい屋外で普通に景色や人物を撮れば差はあまり感じないと思いますが、暗所や街の夜景などになると相当差がでると思われます。

メインカメラはPixel 6aとiPhone SEは光学手ぶれ補正に対応していますが、edge 20はメインカメラは光学手ぶれ補正非対応です。

スペック上の解像度はedge 20の圧勝ですが、edge 20は通常モードでは9個のピクセルを一つとして扱うため、実質12MPでピクセルサイズは2.1μmに相当するとされている様です。

iPhone SEは実機を持っていませんので、Pixel 6aが届いたら撮り比べてみたいと思います。

動画撮影性能

動画性能はFHDほ同じ様なものですが、edge 20は4K60fpsには対応していません。

しかしスマホやパソコンのストレージ消費、編集の手間を考えると4K60fpsを、使う必要がどれほどあるか疑問ですし、それが必要な用途ではLUMIX GH6などを使った方がずっとよろしい。

スマホで4K60fpsを使う必然性が高いとは思えないので4Kの動画撮影性能に関してはあまり気にする必要はないでしょう。

防塵防水

edge 20が弱いのはこれ。IP52で防水レベルはIPX2単なる防滴ですが、iPhone SEとPixel 6aはIPX7の防浸です。万一バシャン〜と水が派手にかかった時はedge 20はアウトの可能性があります。

滅多に無いとは思いますが、水がかかったあと別件で修理に出したら水濡れの跡があるので修理不可とか、動作保証できないので全交換とかいう可能性もゼロでは無いので、防水レベルは高いに越したことはありません。

Felica/おサイフケータイ

edge 20は完全非対応。Apple PyのiPhone SEとおサイフケータイのPixel 6aでどちらが良いかというiOSとAndroidの対決になります。

筆者個人としてはタッチするだけで決済できてしまうおサイフケータイはかなり不安です。やはり決済前に生体認証が必要なApple Payが好みです。目を離した好きに使われてしまったなんて不幸な事態が避けられます。

OSバージョンアップへの追従

忘れてはならないのがOSバージョンアップへの追従であり、スペックが全てではありません。

Pixel 6a

[公式] Google Pixel にソフトウェア アップデートが提供されるタイミング
https://support.google.com/pixelphone/answer/4457705?hl=ja&ref_topic=7187605

Android バージョン アップデートの提供保証期限:2025年7月(発売から3年間)
セキュリティ アップデートの提供保証期限:2027年7月(発売から5年間)

iPhone SE(第3世代)

Appleは明示していませんが、発売開始から5年間というのが通説のようです。

次回iOS 16では
・iPhone 6s/6s Plus(2015年9月発売)
・iPhone SE 第1世代(2016年3月発売)
・iPhone 7(2016年9月発売)
は対象外となっていますので、iPhone 7を考えると5年で終了というのはうなづけます。

iPhone SE(第3世代)は2022年3月に発売されていますので、単純に考えると2027年3月で終わりというところでしょう。

edge 20

ANDROID AUTHORITY https://www.androidauthority.com によれば、OSアップグレードは2度、セキュリティアップデートは隔月で2年間ということですので、今年後半にリリースされるであろうAndroid 13まで提供しセキュリティアップデートは2023年秋頃までが目安となります。

結果的に、3機種の中でアップグレード/セッキュリティアップデート提供期間は一番早く賞味期限が切れます。発売時期が1年早いことを考えるとすでに賞味期限が切れたモデルだともいえます。

さりとて日本市場で展開されている後継モデルはedge 30 PROのみという状態で8万円台後半なのでもはやミッドレンジとは言えません。

まとめ

Pixel 6aは同価格ではあるが1年前に発売されたmotorola edge 20に対しては、望遠カメラがないという点以外はほぼ敵ではない。

iPhone SE(第3世代)と比較するとOSアップグレード提供期間はiPhoneのほうが長そうだが、カメラ機能とディスプレイでは大きな差がある。夜景や星空撮影・消しゴムマジックなどPixel 6aは上位機種から受け継いでいるがiPhone SEのカメラにはこのような機能はほとんどない。ディスプレイについては大きさ・解像度からくる表示内容の多さにおいては歴然たる差があり、全体的にはPixel 6aがかなり優位である。

iPhone SE(第3世代)とPixel 6aのどちらが優れているとは一概に言えないが判断ポイントは「iOSかAndroidか」「豊富なカメラ撮影機能の有無」「1万6千円ほどの価格差」「ディスプレイのサイズと解像度」がありどれをとってもPixel 6aが有利だ。

モバイルカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!