一つあると便利なSasumngのTYPE-C接続AKG製有線イヤホン、他のAndroidスマホやiPadでも便利

一つあると便利なSasumngのTYPE-C接続AKG製有線イヤホン、他のAndroidスマホやiPadでも便利

イヤホンのトレンドは完全ワイヤレスの左右独立タイプです。筆者もSONY WF-1000XM3を愛用しております。完全ワイヤレスはケーブルが一切ないので快適ですが。駅でホームの下に落としたり、飛行機内で思わぬ強い揺れで外れて座席の隙間に入り込んだりすると相当厄介です。屋外や乗り物内で使うのはやはり有線が安心。

<関連記事>
Galaxy S23 Ultraを買って感じたS21から変わったこと、変わっていないことhttps://aichanworld.com/wd/2023/04/28/post-27966/

DAC内蔵 USB TYPE-C イヤホン変換ケーブル 3種
https://aichanworld.com/wd/2021/11/21/post-21425/

スマートフォンの有線イヤホンの種類

<コネクタの種類>
・Lightning(現在販売されているスマートフォンではiPhoneのみ)
・USB TYPE-C(iPad、Android)

<出力の種類(USB TYPE-C>
・アナログ出力とデジタル出力
・デジタル出力

コネクタの種類で間違える人はいないと思いますが、USB TYPE-Cアナログ出力対応しているか否かは大きな差です。

市販のUSB TYPE-Cイヤホンジャックアダプタには大別して2種類あります。

DAC内蔵 USB TYPE-C イヤホン変換ケーブル 3種
https://aichanworld.com/wd/2021/11/21/post-21425/

基本的に今時のAndroidスマホのUSBオーディオ出力はデジタル出力は対応しておりますが、機種によってアナログを捨てているものも多くあります。

USB TYPE-Cイヤホンジャックアダプタを買ったのに使えねぇ!と叫ぶ方、それはあなたのスマートフォンのUSBオーディオ出力はアナログ出力に対応していないので、DAC(デジタルアナログ変換)内蔵の変換ケーブルかDAC内蔵イヤホンを買う必要があるからです。

見た目の形状では全く区別がつかないし、自分のスマホがどっちなのかを知らない人のほうが圧倒的多数だと思います。唯一判断基準といえるのは価格だけで、アナログの単なる結線変換ケーブルは数百円もしませんが、DAC内蔵は安い物でも千円では足りません。



【広告】

有線イヤホンのメリット

Bluetoothイヤホンやヘッドホンは筆者も多く持っていますが、有線イヤホンやヘッドホンもそれなりにあります。

有線イヤホンには多くのメリットがあります。

・Bluetoothを使わないのでそれによる音質劣化がない
・同じグレードのユニットなら有線のほうが絶対安い
・耳から外して人と話をする時も有線ならばコードを首にかけておけば無くす心配もないが、完全ワイヤレスだとそうはいかない
・完全ワイヤレスのように片方だけ無くたり線路に落としたりしてしまう心配がない
・飛行機の機内で完全ワイヤレスを落としてしまうと隙間に入り込んでしまい救出が困難になることが多い
・ラジオ内蔵スマートフォン(Galaxy S21〜S23およびUltra)ではアンテナがわりになる(指定のイヤホンのみ)
・充電切れの心配がなくイヤホンの充電に気を使う必要がない

さらにUSB TYPE-C接続DAC内蔵イヤホンでは次のメリットもあります。

・iPadのUSB TYPE-C、デジタル出力対応のUSB TYPE-CをもつAndroidスマートフォンで直挿しできる
・USB TYPE-C DAC内蔵イヤホン変換アダプタは短くて小さいため無くしやすい
・イヤホン変換アダプタはアダプタとイヤホンのプラグジャック部が結構長くなり思った以上に邪魔でいらつくがそれがない

完全ワイヤレスイヤホンのメリットはケーブルがないことだけしかありません。

筆者が完全ワイヤレスを使うのはジムトレーニングしながらニュースや音楽を聞くときに限られます。有線だとケーブルが邪魔で時にマシンに引っかかったりして危険だからです。

Samsung純正USB TYPE-C DAC内蔵イヤホン

以下の記事で紹介したのがAKG製のGalaxy用USB TYPE-C DAC内臓イヤホンです。

Galaxy S23 Ultraを買って感じたS21から変わったこと、変わっていないことhttps://aichanworld.com/wd/2023/04/28/post-27966/

特徴はいくつかあります。

・価格が安い(Amazonで2,485円)
・USB TYPE-C DAC内臓でGalaxyや他のAndroidスマホ、iPadに直刺しできる
・Galaxy S(ラジオ内蔵モデル)ではラジオが聞ける(このイヤホンでないとだめ)

・コードはしなやかでナイロン被覆で丈夫そうだ
・試した範囲ではiPad Pro( 11インチ 第3世代 M1, 2021)で問題なく音楽や映画鑑賞に使える
・AQUOS sense7(3.5mmイヤホンジャック内蔵)で問題なく音楽や映画鑑賞に使える
GalaxyのS21以降のシリーズでないとラジオが聞けるメリットはありませんが、iPhone以外では事実上現在販売されているどのAndroidスマートフォンやUSB TYPE-CのiPadで使えるということです。

旅行の時など、飛行機や列車の中でダウンロードしておいた映画をiPadで見て、夜静かに部屋でお気に入りの音楽をスマートフォンで聞きながら一杯傾けるという使い方などにまさにぴったりです。

安いので万一無くしてもダメージが少ないです。

音質は値段よりはいいと思いますが、そこは個人の耳次第。カナル型なのでイヤーピースが緩いと全然低温がでません。イヤーピースはきつきつくらいでぐいとはめ込むと遮音性が格段にあがり(ということは音漏れも格段に減り)低温が豊かにでるようになります。とはいえ、いわゆる音に煩い人にはお勧めしませんが。

Galaxyでなくても今まで鬱陶しいUSB TYPE-Cイヤホンジャックアダプタを使っていた人は、今お使いのイヤホンによほどこだわりがない限りは便利かと思います。


スポンサーリンク【Amazon】

by Galaxy TYPE-C EARPHONES (Sound by AKG) [Galaxy純正 国内正規品] ブラック 18.35g EO-IC100BBEGKR


【広告】

デジカメ・関連ガジェットカテゴリの最新記事