お得に見えるモバイル契約の落とし穴

お得に見えるモバイル契約の落とし穴

最近、MVNOの躍進に対抗すべくキャリアのセカンドブランドが微妙な立ち位置ですがTV CMをじゃかじゃか流していますね。

そう、Y! mobileです。今となってはソフトバンクのセカンドブランドであり、エントリー〜ミドルクラスのSIMフリースマホとSIMのセット、もしくはSIMのみで契約可能です。

料金は、キャンペーン適用で一番安いのが、加入翌月から12ヶ月ワンキュッパ割で1,000円割引の1,980円となるコース。通話は一回10分以内なら何回かけても追加料金なし。データ通信は1GBまでで2年間は+1GBまで追加料金無しに通信容量を追加できるそうです。

ただし、Y! mobileはMVNOではなくMNO、つまりキャリアですので他社同様に2年縛りがあり、途中解約は9,500円+税が契約解除料として必要になります。

ここからが気をつけるべきこと。


現在、新規や他社からののりかえでスマホプランM/Lの場合は2万円のキャッシュバックがあります。ただし、2年間の契約期間中に解約すると、先の9,500円+税の契約解除料以外に、最大20,000円の契約解除料が加算されます。すなわち、最大で30,260円の契約解除料がかかります。2年使うことを前提に2万円のお小遣いを上げるんだから、約束守れないなら2万円返せ!ってわけです。ある意味、当然といえば当然。別にセコくもなんともない。2年って長いですよ〜!!!!生まれた子供が2歳になるわけですからね。


どこのキャリアやMVNOでもそうですが、美味しい話には必ず注意すべき点があるということです。申込する前に、小さな字の注意点に隅々まで目を通すこと。特に、割安に見えるプランやキャッシュバックのあるプランには必ずどこかに注意すべきことがあります

もっとも、Y!mobileの場合はスマートフォン本体とヒモ付ではないので、SIMだけ買って、スマホ本体はSIMフリーを気に入るだけ買い換えて長く使うことは問題なく出来ます。これは大手メジャーでは出来ないこと。逆に、ワンキュッパ割とか最初からないものとして財布の計算をしておけば、速度的にも有利ですし、電話の制限もゆるいので選択肢として悪くありません。

最近はSIMフリースマホも種類が増えてどんどん良くなっているので、甘い言葉に惑わされず、各種期間限定割引は無いものとして冷静に財布と相談してOKならば、かなりいいかもしれません。

しつこいですが、甘い割引やキャッシュバックの言葉に惑わされず、冷静に解約条件や割引の条件などを小さい文字まで熟読してください。

モバイルカテゴリの最新記事