Apple MusicとAmazon Prime Music、そしてMVNO (mineoのAmazonギフト券キャンペーン)

Apple MusicとAmazon Prime Music、そしてMVNO (mineoのAmazonギフト券キャンペーン)

Amazon Primeは、何かとメリットがあるので年間会費を支払って契約しています。その結果、送料無料メリットやAmazon Prime Video、Amazon Prime Musicを追加料金無しで楽しめています。送料無料については昨今の事情を考えると本当に現状でよいのかどうか疑問が残ります。宅配のことを考えると、せめてAmazonばかりには注文しない、Amazonでもお急ぎはできるだけ避けるなどをしていますが、「特段に急がない便(数日以内に配達、時間帯指定不可)」なんてのもあっていいのではと思います。

閑話休題。そしてもう1つApple Music。こちらは月980円。高いか安いか微妙かもしれませんが、TSUTAYA DISCASが毎月4枚で980円だったことを思えば安いです。

Amazon Prime MusicとApple Music、それぞれ特徴があります。聴き放題の範囲として、J-POPが豊富にあるのは間違いなくApple Music。まあ、懐かしい曲から比較的新しい曲まで揃っています。さすがに980円払っているだけのことはあります。クラシックも結構いろいろ。

Amazon Prime Musicのほうは、正直な所、J-POPはかなりお粗末でクラシックの品揃えには難があるようです。プライム会員のおまけサービスと月額有料サービスとの差が出ています。ただ、適当にチョイスされたプレイリストはAmazon Prime Musicのほうが充実しています。

アーティスト狙い撃ちならApple Music、適当に聞きながしならAmazon Prime Musicでしょうか。今、Amazon Primeを契約している人は追加費用一切不要なので、試してみる価値はあると思います。

自宅でこれらを聞き流すには問題ないですが、スマホで聞くとなると気になるのは通信量。昔と違って月あたりの通信量、日々(一日あるいは連続三日間とか)に制約があります。でも、音楽のストリーミングを聞くのにLTEの高速通信は必ずしも必要ありません。

そういうときにオススメなのがMVNOのmineo。MVNOは多くありますが、mineoは以下の特徴があります。

  • 低速モード(200kbps)と高速モードの切り替えはiOS/Androidともに専用アプリやウィジットでワンタッチ。Web経由での切り替えだと超面倒なので要注意。
  • 低速モードのときには通信量制限がありません(MVNOによっては低速でも通信量制限がありますので注意が必要です)。
  • 低速は確かに200kbpsですが、Amazon Prime MusicやApple Musicを聞くには十分な速度です。

私の場合は、メインはiPhone 7 (キャリアはauですが本体は完全なSIMフリー機)、サブとしてSIMフリーのiPhone SEにmineoを入れて使っています。主としてradikoやAmazon Prime MusicとApple Musicを聞きますが、SNSやメールも低速モードで十分です。必要なときだけ高速モードにすれば3GB契約でも十分です。


mineoでは現在「mineo倍増!紹介キャンペーン」が行われています。下記リンクからmineoを申し込まれますと、小生と申し込まれた貴方の両方に2,000円分のAmazonギフト券が何ヶ月後にメール経由で送られます。Amazonギフト券は、mineoサインアップに使った他のアドレスではなく、mineoに作ったメールアドレス宛に送られますので注意してください。

キャンペーンURL
 http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F5X5C7W4U2

よろしければご利用ください。上記リンクをクリックしても私にはいかなる個人情報も来たりしませんのでご安心ください。どうせなら2,000円分もらったほうがよいかと。


 

PC/Mac/Internetカテゴリの最新記事