金沢旅行情報:近江町付近でお安い朝食は?

金沢旅行情報:近江町付近でお安い朝食は?

妻と旅行する時は、ホテルに朝食付きで予約し、多くの場合ホテルの朝食ビュッフェで済ませます。これは結構当たりハズレがありますが、食いっぱぐれはありません。

しかし、たまには近江町付近で朝食をとっても良いのではなかしら。

といって、ガイドブックを見ると、『朝7時から営業のいきいき亭(海鮮丼)』『山さん寿司』とかが載っています。

が、しかし、あえて言います。

近江町の海鮮丼は、今や完全に観光客向けのものです。もちろん同じ値段なら東京よりはるかにクォリティが高いし、同じクオリティなら東京より安いのは事実です。しかし、金沢地元の方はあんな高い海鮮丼はめったに食べないと言っています。金沢市民的にはなんだかなぁ、なんだそうです。地元の方が寿司を食べるなら、首都圏とは完全に別物の、(寿司は廻っていない)回転寿司ではないでしょうか。もちろん、普通のカウンター寿司も美味しいでしょうが、家族である程度の予算に押さえるにはやはり回転寿司。東京のチェーン店回転寿司とは、もうレベルが違います。東京のそこいらのカウンター寿司よりレベルが高いかも、とか思ったりします。

最初の訪問では、話のたねに海鮮丼は食べてもいいと思います。美味しいです、確かに美味しい。しかし、慣れてくると、価格とクオリティがちょっと金沢的にはアンバランスであることを感じます。金沢まできて、北陸で水揚げのほとんどないマグロ※とか丼に乗せられてもねぇ。新鮮な地元ネタを選んで食べたいじゃないですか。

石川県水産総合センター 漁獲統計資料によれば、クロマグロの水揚げ量はゼロではありません。が、非常に少ないのは事実です。

そんなわけで、朝から(別に朝でなくても)海鮮丼はあえておすすめしません。誤解があると困りますが、マズイから薦めないわけではなくて、朝からそんな高いものを食べなくても!ってこと。

だからといって、近江町にあるドトールコーヒーとか、コメダ珈琲、ミスタードーナツとか行かなくてもねぇ。

安くて美味しい近江町付近のメニューを少しだけ紹介します。

近江町市場内の百万石うどん

8時から営業しています。おすすめは海老天・なす天・季節野菜天の入った百万石うどん。揚げたての天麩羅を乗せてくれるので、本当に旨いです。天ぷらうどんでこれで760円かそこいら。これはかなりオススメ!

食堂 竹乃家

朝6時から営業している食堂。朝からガッツリメニューもOK。市場のおじちゃんたち御用達。朝定食(通称「あさてい」620円)は、昔のおばあちゃんちの朝ごはんみたいで、すごく懐かしいです。朝6時から営業していて普通に食事ができる店なんて、ここしかありません。日曜休み、平日は16時まで、土曜は14時までの営業で、朝6時から中休みなく営業です。

12月に行った時には朝定ではなくアジフライをいただきましたが、あんなジューシーなアジフライは生まれて始めて食べました。アジフライ3匹と海老天1個。それに冷奴と味噌汁、ご飯です。3月に行った時は連休にかけていったので、竹乃家はお休みでしたので食べられませんでした。

これで750円。朝からガッツリとアジフライ!

なんせ、1日20km歩きますからね、金沢一人旅では!

近江町付近だと、朝7時ごろから開いている店って少ないです。ドトールコーヒーかコメダ珈琲、ミスタードーナツくらいですかね。

どちらにせよ朝から海鮮丼よりは、百万石うどんか食堂竹乃家がおすすめです。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事