ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) のイケてるところ、イケてないところ

ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) のイケてるところ、イケてないところ

ASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) をサブ・スマホとして使い始めて一ヶ月が経ちましたので、イケてるところ、イケてないところを書いてみましょう。

イケてるところ

  • 指紋認証が速くて確実
    以前、使っていたSONY Xperia Z5にも指紋認証はついていましたが、認識率がチョーひくい。いろいろググって指紋登録のやり方を工夫して少し改善されても、すぐに認識率が下がります。
    が、ASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) は高速かつ認識率が高い。
    iPhone 7のTouch ID第二世代も結構速くて確実ですが、ASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) のは、個人的感想ではiPhone 7のTouch IDを凌ぐ感があります。
  • 自動起動を阻止できる自動起動マネージャー
    組み込みアプリで使わないアプリは無効化するのが常道ですが、中には無効化できないものがあります。そんなやつでもASUSの自動起動マネージャーで、自動起動を阻止できます。これ、結構強力です。メモリとバッテリーに優しい。
  • 水準器付きカメラ
    私、カメラで水平を取るのが苦手です。なので、電子水準器必須なんですが、iPhoneのカメラにはそんなものはありません。しかし、ASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) のカメラにはマニュアル撮影モードにするとそれが使えます!
  • レーザーオートフォーカスとLaser Ruler
    最近、トレンドになっているのがレーザーオートフォーカス。例に漏れずASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4) にも内蔵されています。これを使って1.2mまでの距離をかなり正確に測定できるアプリがLaser Rulerです。1.2mってのが歯がゆくて実用的かどうかは議論のあるところです。しかし、なかなかイカした機能だと思います。

イケていないところ

  • NFCがカス
    渡したNFCを使うのはICカードの残高や履歴照会でして、アプリは「全国の ICカード これひとつ」。これはSuicaとかだと、実に詳細な履歴までとれます。何月何日の何時何分にどこの駅の何番自動改札から入場/出場したか、まで読み取れますし、金沢旅行には欠かせない北鉄バスのICカード「ICa」も読み取れます。
    しかーし、ASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4)のNFCリーダーは感度がチョー弱いのか、クソです。ほとんど使い物になりません。せっかく、NFC付きを狙って買ったのに、これだけは想定外でした。
    なので、ZenFone ARに期待しています。

次期入手候補機は?

ASUS ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL-GD64S4)は、NFCがイケていない意外は気に入っていますので、今のところすぐにどうこうしたいということはありません。

しかし、まあ、検討してみましょうか。私の条件は以下の通り。

  • SIMフリー
  • NFC
  • GPS
  • 指紋認証
  • 2016年以降のモデル
  • メモリ4GB以上
  • バッテリー容量3,000mAh以上
  • Huaweiは絶対イヤ!

この条件で価格.comにて検索をかけると、残るのはASUS ZenFone 3 Deluxe、ZenFone AR(夏リリース予定)、MOTOROLA MOTO G5 Plusしか残りません。

ASUSのZenFoneが結構気に入っているので、結局ZenFone AR待ちということになります。

そもそも、指紋認証あり、かつNFCあり、かつSIMフリーの段階で相当候補が減るんですよね。ZenFone ARも買うかどうかは別にして楽しみなモデルではあります。販売されて暫く様子をみてから考えたいと思います。

モバイルカテゴリの最新記事