iPad Proって何に使いますか?

iPad Proって何に使いますか?

最近、よく見かけるのがAppleのiPad Proのテレビコマーシャルです。複数パターンがあるのですが、最近記憶に残っているのはこれです。

他のもそうですが、基本的にPC不要みたいなイメージを前面に出していますが、これがそのとおりかどうかは、使う目的に大いに依存します。

見る・読むといった受動的な用途がメインであれば、タブレットは悪くないですが、別にProでなくてもいいじゃん、ってのがあります。

それでは、いわゆる何かを生み出す創作系用途がふさわしいのでしょうか?

これは個人的に疑問です。文書をがしがし書くといった状況を前面に出したCMは見たこと無い。iPadにBluetoothキーボードを付けてみればわかりますが、確かに文字入力は楽になりますが、文章入力は楽にはなりません。

これは漢字変換エンジンの差です。私はMacではGoogleのものを使っておりますし、WindowsではIMEですね。めちゃ賢いわけではないですが、普通に使うにはほとんど不自由はありません。インライン変換が出来き学習能力もそれなりに高いです。

しかし、iOSの入力は例えキーボードを付けても、ソフトウェアキーボードと同じで、変換効率は悪くインライン変換ではないので視線や指の動きが大きく、とても長文を打とうとは思いません。個人的には、物理的な入力をどうしようがiOSでWordを使ってバリバリと長文レポートやエッセイを書く気にはなりません。いや、このブログだってかなり嫌です。

逆に、あの入力方式は、iPhoneでフリック入力するから使えるんです。速度は遅いですが、iPhoneのフリック入力だけでブログを書くことはたまにあります。それをキーボードを接続して書けるかといわれると、そりゃ書けますし速度もフリックよりは速いですが、PCの代わりには絶対なりえません。

店頭試用だけですが、iPad Proでキーボードを使ってみていらつくのは、マウスやタッチパッドが使えないこと。AndroidはUSBにマウスを繋げば、タッチの代わりになりますが、iOSはマウスそのものを繋ぐことができません(認識されない)ので、ポイントする必要があるときは、Apple Pencilを使うか指しかありません。これがちょーーーーストレスっぽい感じ。

アプリによりますが、何らかのボタン選択をする場合、矢印キーを受け付けたり、タッチじゃないとダメだったり。

まあ、私限定かもしれませんが、iPad ProをノートPCの代わりに使おうとするのは、文書系の作業が中心の場合は、まず間違いなくストレスが多すぎます。多分、放り出すことになるでしょう。

しかし、いじくってみて、あのApple Pencilでのお絵かきはよく出来ています。あれで、何かクリエイティブなことをやろうと思う人、ワコムの液晶タブレットまでは手がでないし、そこまで必要ないけど、でもそれに近いことをやってみたい、って人には面白いかもしれません。ただ、どの程度使えるのか、その道の経験がありませんので私には未知数です。

iPad Proにキーボードを買ってバリバリ使っている人、いったいどういう用途につかえているのでしょうか?普通のiPadではダメな用途なんですよね、それ?

って、聞いてみて、是非、教えて欲しいです。皮肉じゃなくて、私がiPad ProのPro用途を思いつかないので教えていただきたいのです。

モバイルカテゴリの最新記事