Apple AirPods

Apple AirPods

今更だけどAirPodsを買った

EarPodsはポロポロ落ちるという話を「Apple EarPods with Lightning Connector」で記事にしました。実際問題、シリコンのカバーをつけてようやくなんとかなる程度なので、少なくとも私にはあまり使えないものでした。

しかし、Apple Watch Series 3 Nike+を購入し、iPhoneがなくてもApple Musicのコンテンツを聞くことができるというので(別にSeries 3だけの機能ではないですが)AirPodsに興味が湧いてきました。AppleのW1チップを使っており、ケースの蓋を開くだでペアリングが可能。W1チップによりバッテリー寿命向上、通話時のノイズキャンセリング、耳から外すと停止・戻すと再開、Siriを呼び出すなど様々なことができます。

W1チップを採用したものは、Appleに買収されたBeatsが製造販売しているPowerbeats 3とBeatsxがあります。世の中でW1チップを使っているのは今の所この三つだけ。

さて、EarPodsの落ちやすさですが、AirPodsはケーブルがないから落ちにくいという話を聞きましたし、Apple WatchとiPhoneを愛用しているのですからAirPodsは必須だろうと自分を納得させ、Apple Store Onlineへ実店舗受け取りにて購入。

Apple Storeで購入したのは、不幸にしてどうしても合わなかった時に返品するためです。一般量販店ですと不良でない限り返品は無理ですが、Apple Storeは二週間以内なら理由なしでの返品OKなのです。

開梱の儀

見慣れたデザインのApple製品の箱。

裏もちゃんとわかりやすいデザインになっています。

蓋を取るとドキュメントが入っているのはお決まり。

ドキュメントの下にはAirPodsが入った充電ケース。

さらに中を見るとLightningケーブルが入っていました。

純正のLightningケーブルってコネクタ付け根の被覆が弱いのよねぇ。

AirPods充電ケース表側。

AirPods充電ケース裏側。

蓋をあけるとAirPodsがきちんと収まっています。

蓋の方もAirPodsの形に合わせたくぼみがありますので、シリコンカバーとかつけるとおそらく蓋が閉まりませんのでダメです。

AirPods充電ケースの底にLightningコネクタ部があり充電できます。

装着感

基本的にはEarPodsと変わりません。オープンエアータイプなので、カナル型のようにしっかり耳孔を塞ぐようなことは全くありません。その代わり、長時間つけていると耳が痛くなったり、何かと支障を来たしやすいカナル型と違って、軽く耳に接触している感じなので、長時間装着しても耳が痛くなったりしません

使い勝手

ケーブルがないのがこんなに快適だとは思いませんでした。取り出してみたらケーブルが絡まっていたり、左右にイヤホンを着けてからケーブルを整えたり、外してしまうときもケーブルを痛めたりしないように、あるいは絡まないようにケースに入れたりしなくてはなりませんが、AirPodsは一切不要です。ケースから出したら自動的に電源が入りiPhoneあるいはApple Watchに接続されます。やめたいときは外してケースに入れるだけ。こんなに簡単なものはありません。

遮音性

ほぼありません。装着して音楽を聞きながら(もちろん音量は適切な音量で)でも、会話することにあまり不自由はありません。比較的外部ノイズの少ない屋内なら問題ないですが、電車の中だと走行音がそれなりに邪魔になり、地下鉄になりとさらに厳しいです。地下鉄の中だけはカナル型に変えたくなります。

オープンエアー型なので、電車の中で走行音に負けないようにしようと音をあげすぎると、音漏れが出ますし、何より耳によろしくないです。これがAirPodsの最大の弱点とも言えます。

これに関してはノイズキャンセリング機能のあるSONY WF-1000Xの方が優れていると言わざるを得ません。

落ちやすいか?

これが有線のEarPodsとは全く違うところです。確かに装着感は不安ですが、EarPodsがポロポロ落ちやすい直接の原因は実はケーブルにあることがわかりました。ケーブルの重みで耳に乗っかっているだけのEarPodsは実に簡単に外れてしまいます。

しかし、不思議なことに、着けている感が少ないAirPodsではありますが、これが不思議なことに落ちないです。目眩しない程度に頭を振ったぐらいでは落ちません。頭を激しく振って踊ったら落ちるかもしれませんが…。走ったらどうなるか?まだこれを着けて走っていないのでわかりません。

落ちやすいとしたら、装着中ではなくケースから出すときかもしれません。ハウジングを指でつまんで引っ張り出すと滑りやすいのです。親指はケースに添えて、人差し指をケースの奥側ハウジングに添えて引っ張り上げます。そうすると指を持ち上げたとき、親指と人差し指でイヤホンを掴めます。これからの時期指が乾燥流と滑りやすいのでさらに注意です。

音質は?

EarPodsとは明らかに違いますね。カナル型のように耳孔を塞がないにも関わらず、以外と低音もしっかり伸びています。全体的にSONYの低価格のようにドンシャリではなく、非常にバランスがいいのはびっくりです。オープンエアーですので、頭から体に響くようなズンドコは無理ですが、聞き疲れのしない、それでいて低い方から高い方まで素直に出ています。これは正直なところびっくりです。

買いか?

iPhone持ちでiPhoneで音楽やpodcastを聞き、Apple Watchも愛用している人には恩恵が多くあると思います。決して安くはないのですが、カナル型が苦手な人には便利さを考えるとこれを選ばない理由はないです。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事