LINEで送る
Pocket

2018年12月4日からJAL特典航空券のシステムが変わります。

良くなると「JALが言っている」点

利用できるチャンスが広がる?

従来は特典航空券枠の空席がある場合のみ予約できたが、今後はマイルを追加することで従来キャンセル待ちになるような日程でも予約できる可能性がある。

必要マイルはホノルル片道エコノミークラスでは従来は20,000マイル必要だったが、今後は最低20,000マイルから最高でなんと114,000マイルに変動する。

え?

じゅーまんマイル超えるの?バンクーバ往復で140,000マイル固定なのに?

旅のプランが立てやすくなる?

これは前項を言い換えただけで、キャンセル待ちではなく追加マイル投入で予約を取れる可能性が高くなったので、往復取れなく断念する可能性が減少したということだそうであります。ん?ですけど。

必要マイルが減る路線もある

シンガポールは従来片道17.500マイル必要だったのが、片道12,000マイルで済むとか。

改悪ポイント

上記のJALが言う良くなった点というのは、マイルさえ投入すればという話なので必ずしも良いわけではないです。

予約変更が不可になった

特典航空券の一番のメリットは、無料で乗れるという点以外には、変更が航空券の有効期間において自由であるという点にあります。通常の航空券でここまで自由度が高いのは正規運賃かそれに近い運賃しかないのですが、ただ券でそれが可能でした。

絶対不可能というわけではなくて、3,100円払ってマイルの払い戻しをしてキャンセルしてとり直せということです。

ただし、マイルを払い戻してもマイルの有効期限はマイル消費前の有効期限が生きるので、マイル有効期限ぎりぎりで発券した場合は、払い戻すとマイルが有効期限を超えてしまい消滅する可能性があるのかと思います。

まあ、いつでも変更できるからとりあえず取っておこうと言うカジュアル予約を阻止するという意味では大きいと思います。とりあえず取っておこうで、本当に使い人にマイル空席があたらないこともあるわけなので。

ファーストクラスは従来どおり

ただし新システムPLUSの対象となるのは、今のところエコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスであり、ファーストクラスは対象外です。

なので、最高で往復228,000マイル投じて頑張ってコナ往復するよりは、140,000マイル投じてファーストクラスで北米往復したほうがずっと使いでがあります。

なので、特典航空券を使うならファーストクラス!がよろしいかと。

LINEで送る
Pocket