ANA国内線、機材変更でまさかのダウングレード

ANA国内線、機材変更でまさかのダウングレード

SFC獲得に向けたいわゆる修行の一環として、シンガポール航空(Star Alliance)が福岡への787-10就航記念の限定で売り出した福岡-シンガポールのビジネスクラスで83,500円〜というものを予約しました。

福岡までは羽田より割安な成田発のプレミアムクラスで往復を取りました。

そして先日こんなタイトルのメールが来ました。

【ANA国内線】2019/*/* ANA**** 機材変更のお知らせ

へ?

ん?

嫌な予感!

そもそも機材変更による連絡が来るというのは、予約したクラスに乗れなくなった時が多いかと。

果たしてその通りでした。

プレミアムクラスのある機材ではなくなったというわけです。

気になるのは次の点。

  1. 差額はどうなるのか?
  2. プレミアムポイントとマイルはどうなるのか?
  3. 成田のANA ARRIVAL ROUNGEは使えなくなるのか?

差額について

これは、Web城の手続きの中で返金プロセスがあり、15,000円がクレジットカード経由で戻されることがわかりました。

なので、とりあえず問題なし。

プレミアムポイントとマイルについて

問題はこれです。まずはANAカードデスクに電話しました。最初は形通りのお詫びのあと、普通席のマイルとプレミアムポイントの付与との弁

まあ、理屈ではそうかも。しかし、TELする前にWebで調べてみると、最初は普通席ポイントとマイルでそのあと数日でプレミアムポイントとマイルになったという話をいくつか読みました。

なので、そういう例を聞いているというと、

「お客様はワイドゴールドカードの会員様ですので、ワイドカード担当にお繋ぎいたします」

とのこと。

へ?

カードのグレードで対応に差があるの?

まあ、ありえない話ではない。

しばらく待たされたあと(これ、ケータイからナビダイヤルなんですが、無料枠の5分をとっくに超えてるぜ)、

「弊社の事情により機材変更でのダウングレードですので、プレミアムクラスでのプレミアムポイントとマイルをおつけします。一旦、普通席のプレミアムポイントとマイルがつきますが、一週間程度でプレミアムクラスのポイントとマイルに修正します」とのことで一安心。

ラウンジについて

さすがにこれは無理でした。プレミアムクラスのポイントとマイルは手に入れられますがラウンジは無理でした。まあ、成田空港国内線ターミナルにあるANA ARRIVAL LOUNGEは特殊で、制限エリア手前の一般エリアにありますから、諦めますか(そのかわり異端児ラウンジなので軽食もあるそうですが…)。

きちんと交渉することが大切

このまま放置したら、差額が戻るだけで終わったかもしれません。ANAの都合での変更によるダウングレードなので、それなりにこちらにも何かないとねぇ。

 

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事