やってみて分かった、ステータス回数修行(JAL)とポイント修行(ANA)の差

やってみて分かった、ステータス回数修行(JAL)とポイント修行(ANA)の差

ダブルホルダー

ANAやJALの上級会員資格、すなわちステータスをとるために一所懸命飛行機に乗りまくることを「修行」と呼ぶわけです。

私の場合、すでにこのブログで何度も触れているとおり、今年(2019年)1月正月明けすぐから4月中旬までの4ヶ月でANAのプラチナ会員資格を得ました。

そして、何を血迷ったか、あるいは修行ロスを紛らわせるためか、いや、元々JALは好きな会社だし、ということでJALのサファイアステータスも取ることにしました。

俗に言う「紫組」を目指すことを決めたわけです。

ポイント修行と回数修行の違い

ここでいう違いはシステムの差ではなく、実際の大変さとかメンタル面の差です。

ANAのポイント修行は旅行を楽しめる

ANAのプラチナをとるためには、多くの方がやられているように、沖縄線でプレミアムクラスを使って何度か往復し、あとかOKA-SINと呼ばれる沖縄起点で羽田/成田経由でのシンガポールを1回か2回やれば割と簡単に達成できてしまいます。

那覇日帰りだって、10回も20回もいくわけではないので、数回程度なら飽きずに楽しめます。時には1泊くらいしてもいいのですしね。

シンガポールに至っては、SINタッチといって下手するとシンガポールに入国せずに戻ってくる強者もいるそうですが、せっかく金を使うのですから短くても2泊程度はしてプチ観光を楽しむのが吉というもの。

普通のビジネス客や観光客が乗り継ぎをするでもなく、入国するでもなく、帰っていくというのは普通に考えて正常ではありません。何かの運び屋か?と疑われてシンガポール当局に拘束されても文句はいえません

修行でシンガポールへ行くなら2泊程度はして多少楽しむことを私は強く推奨します。

OKA-SINでよくあるのは、シンガポールから帰国して疲れた体に鞭打って那覇日帰りするのがきつかったということですが、私は下の記事で紹介しているとおり、シンガポール前後で自宅宿泊していますので、これまた楽勝。

自分のANAステータス修行(巷で言うSFC修行)は、単に集中的に旅行したにすぎないという感じしかしません。

特に普通席を使わず全てプレミアムクラスを使ったものですから、チェックインからしてすでにステータス取得後と同じ扱い。

機内では美味しい食事もつきますし、CAさん濃度もプレミアムクラスはめちゃくちゃ濃いので、何かお願いしたければボタンを押すまでもありませんでした。

当然、感想として、いやぁ、楽しかったわ!です。

プレミアムクラス利用旅行、シンガポール旅行と考えればひたすら楽しい

それでステータスが取れるのですから、ある意味、めっけものです。

JALの回数修行は精神的にきついことがある

それに比べるとJALの回数修行は正直行って大変です。きついと言えます。

私が紹介した、このコース、

羽田→セントレア→成田と一旦地元の首都圏に戻ってくるわけです。これが夕方の16時に成田着。

まあ、普通に考えれば家路についても良い時間です。

その帰宅時刻から、またセントレアにとんで羽田に戻るわけです。

正直なところ 「俺、なにやってんだろ!?」と思いました。このコースで1日4レグしか稼げません。

福岡-宮崎は回数修行の聖地路線みたいな線ですが、ここで3往復6レグとか4往復8レグ、時刻表上は5往復10レグも不可能ではなさそうな感じですが、とにかく、これってメンタル的にめちゃくちゃ大変だと思います。

アイランドホッピングは次々に新しい空港にいけるのでまだいいですが、単純複数回往復は「飽き」との戦いでもあり、自分は何をバカやっているんだ!という自己否定との戦いでもありますので、相当精神的に強くないと、福岡-宮崎だけで合計50搭乗とか不可能でありますな、多分。

単純往復のコースをたくさん入れると精神的に辛い

とはいえ、東京在住の人が福岡まで飛んで宮崎を数往復するのと、福岡在住の人が数往復するのは多分メンタルダメージが相当違う気がします。

まあ、個人差大だとは思いますが。

乗り継ぎ時間がぎりのコースだと無理ですが、途中に時間が開くようなコースだと私がセントレアでやったように、楽しみを見つけるのも手です。

温泉に入るかどうかはわかりませんが、それも手ですし、飛行機を見るのが好きなら、セントレアの展望デッキは最高です。飛行機どころか沖合のタンカーも見えます。

セントレアには「セグウェイ・ガイドツアー」というのもあり、こういうのに出てみるのも一興かと。

これは面白そうなので、まだまだなんどもセントレアには行くので申し込んでみようと思います。セグウェイに乗れるチャンスでもあります。

福岡は、こういう企画がありますね。

「『福岡空港ランウェイウォーク 2019』開催!! 」

羽田や成田ではこういうイベントは無理でしょうが、地方空港だと結構ありそうです。

スケジュールを調べるついでに、空港イベントも調べてみて、それを楽しめるように予定を組むのもいいと思います。

こうやって少しでも楽しみを組み込まないと、ほんと、精神的に疲れちゃいます。

これが回数修行が修行といわれる所以だと身を以てわかりました。

まとめ

すでにステータスをとった方には関係ないですが、JALのサファイアステータス狙いで、回数にしようか、ポイントにしようかと迷っている方はいらっしゃると思います。

  • ポイント(JALならFOP、ANAならPP)修行は、ファーストクラスやプレミアムクラス、シンガポール旅行を入れればとても楽しく、修行とは程遠い感じでステータスが取れる。
  • 回数修行は計画を立てるのは楽しいが、実行するのは体力と精神力が必要。できればアイランドホッピングツアー(JAL)みたいなやつで稼ぐ方が簡単。同一路線は単純往復というのは時に拷問に近い感じすら受ける(少々大げさ)。
  • 回数修行はどうしても土日だけではまかないきれないことがあるので、適宜休暇をとって実行できるだけの仕事環境じゃないと辛いかも。

Enjoy your flights!

PC/Mac/Internetカテゴリの最新記事