旅行用に安全度の高いリュックを紹介:Pacsafe Vibe28(Part 2)

旅行用に安全度の高いリュックを紹介:Pacsafe Vibe28(Part 2)

Part 2の今回は、旅行のおける手荷物盗難のリスクを低減させるリュック Pacsafe Vibe 28について説明します。

一人旅で手荷物盗難に不安を抱いている方必読です。

Pacsafe Vibe 28の概要

Pacsafe Vibe 28は前回紹介したように、手荷物盗難のリスクを低減させてくれるリュックIntsafeを一回り大きくし、手提げバッグとしても使えるようにしたものです。

サイズ・重量など

日本での販売元であるA&F COUNTRYからスペックを抜粋します。

サイズ47cm x 31cm x 21cm
容量28L
重量925g
外部素材(ブラックの場合)840デニールコーデュラナイロン、ポリウレタン

前回紹介したIntasafeはこんな感じ

サイズ46cm x 30cm x 15cm
容量19L
重量1,100g
外部素材600Dキャンパスポリ

縦横はほとんど変わりませんがマチがかなり違います。素材の違いの関係でVibe 28のほうが175gも軽いです。

ちなみに機内持ち込みサイズ制限はJALではこんな感じです。

座席数100以上の機材:

サイズ

55cm x 40cm x 25cm以内
3辺合計:115cm以内

重量10kg以内

座席数100未満の機材:

サイズ

45cm x 35cm x 20cm以内
3辺合計:100cm以内

重量10kg以内

100席以上では完全クリア100席未満だと高さ2cmオーバーですが、そこはがっちりしたキャリーではないです。柔らか素材のバッグなので実際にはこれが問題になるとは思えません。(LCCとかは知りません)

国際線:

サイズ

55cm x 40cm x 25cm以内
3辺合計:115cm以内

重量10kg以内

国際線は余裕でクリアですね。

盗難リスク低減機能

どんなバッグでも盗難を完全に防ぐことは不可能です。

なので、私は盗難のリスクを低減させる機能だと思っています。

  1. 体にはステンレスワイヤー内蔵しており簡単に切り裂けない
  2. ポケットはRFID Safeでスキミングできない
  3. ロックができ簡単に開かないジッパーで、南京錠ロックもできる
  4. ストラップはワイヤー内蔵であり簡単に切れない
  5. ストラップは外して柱などにからげてから本体にロックできる置き引き防止

盗難リスク低減機能詳細

メッシュワイヤー内蔵の本体とか、ワイヤー内蔵ストラップとかは写真でみてもわからないので、見た目でわかる部分を紹介します。

背面ファスナー

背中側にある小物などを入れるところ。
財布とかいれちゃいけませんって場所。

引き手をつまんで引っ張ってもすぐには開かないようにできる。

このようにファスナーの引き手をあらかじめ縫い込まれているループに通すことで、そう簡単には開かなくなります。逆に言えば、持ち主も開けるのに手間がかかるようになりますが、盗難されるよりはいいでしょう。

メインファスナー

基本的にはIntasafeと同じ構造で、両開きのファスナーを中程で鉢合わせにして、特殊な構造の引き手を違いにからげてから、ロックピンに通します。

二つの引き手を噛み合わせてロック部に通して、南京錠でロックできる。南京錠を使わずとも、簡単には開かないようにできる。

両方の引き手を合わせます。
違いにかみ合うようになっています。

このように違いに合わさって噛み合います。

噛み合わせた持ち手をロックピンに通します。

ロックピン右側のスライドを引き手を通したピンに被せるようにスライドします。すると上の写真のとおり穴が出てきますよね。この穴に南京錠をつけるとロックできますし、セキュリティワイヤーを通すとさらにロックのバリエーションが広がります。

スライドしてファスナーの引き手を止める役割をするバーですが、放置するわけではないけど後ろからカ開けられるのが心配と言う場合は、わざわざ南京錠をつけるほどではないと言う場合、ロック状態にした後、スライドバーを動かないようにできるスライドロックがあります。

言葉だとわかりにくいですが、前回も紹介した動画のバックパック(Intasafe)のところで説明しています。

  1. ファスナーの引き手を噛み合わせる。
  2. ロックバーに引き手の穴を入れて、スライドバーをスライドし二つの引き手が離れないようにする。
  3. スライドバーそのものが簡単に動かないように小さなロック装置をスライドさせてスライドバーをロックする。
  4. 南京錠をスライドバー横の穴に差し込みロックする。

この順にロックの度合が高くなります。1だけだと揺れて外れるので、普段でも最低限2まではやる習慣をつけるべきです。

ストラップ(肩紐)

こういう高セキュリティのリュックですから、ストラップ(肩紐)だって普通じゃありません。

ストラップのほうも、ふた工夫ほどあります。

・ストラップにはワイヤーが入っていてカッターナイフなどで簡単に切れない。
・ストラップを外して柱など固定物に絡げてリュックに繋いでロックし、置き引きから守れる。

この部分については上に紹介した動画の7:58あたりから、このストラップのセキュリティについて説明しています。多分動画のほうが圧倒的にわかりやすいです。

片側のストラップだけがロック機能が付いています。上の写真が普通にはまっている状態。

ストラップの接続部左側にU字型に見える金具がありますが、ここに南京錠を通すとストラップは外れなくなります。つまり、ストラップを外して柱などに絡げてストラップを再装着し、ここに南京錠をはめると簡単には置き引きできなくなります。

この穴の空いている金具の写真でいうと右側のつまみを捻ると、スライドしてストラップが外れます。

こんな感じでスライドして外せます。

上の写真ではつまみの右側に南京錠の絵があると思います。つまみを、このロック側に合わせると引き抜けなくなります。

通常であれば柱に絡げてストラップをもどしロックつまみをロックに合わせるだけで、簡単には柱から外せなくなります。

空港や駅などで、荷物をロックしたまま長時間いなくなると不審な手荷物として、大騒ぎになる可能性がありますので、それは避けたほうがいいと思います。

内部の作り

さて、リュックとして肝心の内部構造です。これは普通のリュック構造のIntasafeとは全く異なり、スーツケースっぽい作りなのです。

内部構造はミニサイズスーツケースのように左右に大きく開くので、荷物をきちんと入れることができる。

メインファスナーはスーツケースのように三方が開きます。そして右側のメインとなる収納部にはスーツケース同様に荷物を止めるバンドがついています。

右側には、トラベル用仕分けケースみたいなやつを使って綺麗に収めると良いと思います。

左側下部はメッシュポケット。

左側上部は左右に2つのポケット。右側はフラップ、左側はファスナーですが、方向をよく見てください。これは横長方向に手提げとしても使えるのでそのときの配慮です。

右側と左側の蝶番部分にもメッシュポケットがあります。

もちろんPCポケットもあります。厚めの保護材が入っています。

右側の収納部は特になにもありません。先に書いたように、仕分けケースなどを使うと良いと思います。

手提げとしても使える2WAY

このリュックは、ストラップを外して収納することで手提げとしても使える。

ストラップの片側は盗難予防の目的で外して戻してロックできますが、反対側はロックはありませんが、外せるようになっています。

両方を外して背中の部分にストラップを収納できます。

ストラップの収納部は本体収納とは独立した背当てクッションの内側なので、ストラップを収納することで、本体の収納が微妙にせまくなったりすることはありません。

このように普通の手提げバッグとしても使えますので、黒とか無難な色であればビジネスシーンでもOKですね。

動画で紹介

Vibe 28については、写真だけではわかりにくいところもありますので、動画でも説明しております。ぜひご覧ください。

まとめ

  • Pacsafe Vibe 28はIntasafeより5cmマチが大きいので、格段に収納力が高くなる。
  • Intasafe同様のセキュリティ機能に加えて、Intasafeにはないストラップの南京錠ロックにも対応している。
  • ファスナーは3方に大きく開き、メイン収納部はスーツケースっぽい作り。
  • ストラップを外して収納することで、横長手提げとしても使える。
  • 機内持ち込みOKサイズ。(寸法だけみると100席以下では縦が2cmオーバーしますが、実際に物を入れたりするとソフト素材なのでそれ以下になるので、基本的に問題ないと思います)

住まいと日常カテゴリの最新記事