我が家の猫二頭の近況

我が家の猫二頭の近況

我が家の家族となっている2頭の猫ちゃん。最近、あまりブログに登場しませんので近況報告です。

マロン

2008年生まれ、メスのラグドール(血統書有り、チョコレートポイントバイカラー)。現在11歳です。

甘えっ子であるが、人間とは一定の距離を置き、ベタベタするのが嫌い。したがって抱っこや触られることも好みません。

長毛種なので、ブラッシングは不可欠なのですが、ブラッシングとか抱っこが嫌いなので、人間の動きを察知して、ピューっと逃げていきますからなかなかブラッシングできなくて困ります。

毛玉対策用の「動物用医薬部外品 スッキリン」も適宜飲ませる(食べさせる)わけですが、これが相当苦労します。ダーーイ嫌いなんです。

日当たりのよい場所の猫ワゴン?の中でイー気持ち。

近寄ると薄眼を開けます。

「にゃ〜、下僕ぅ、にゃにか用か?」

メル

2017年生まれのオスの保護猫。

まだ二ヶ月にも満たないであろうころに兄弟たちとダンボール箱に入れられてホームセンターの駐車場に捨てられていたそうです。

それを心優しい方が保護され、獣医さんにも検査してもらったりしてバリバリ元気になり、縁あって我が家の家族になりました。

外見からみると、スノーシューの特徴を全て備えています。

とても人懐っこく甘えん坊で、人がいないととても寂しがります。夜も妻や娘のベッドで一緒に寝ることが多い(何故か私のところにはあまり来ない)。

朝私が出かけるときには大抵お見送りしてくれます。帰宅時は寝ていることが多いのでお出迎えは滅多にありません。

ブラッシング大好き、抱っこ大好き、毛玉対策のスッキリンも大好きでして、マロンと両極端にあります。

こちらは私のダイニングチェアのクッションの上でいい気持ち。

大きさといい、色といいメルにぴったりとあった、まるでメル用のクッションですなぁ。

レンズが近くに来ても目を開けない、完璧に爆睡状態。

元気で長生きしてね

こんな二匹です。マロンはおばあさんになってきましたが、まだまだ元気です。メルにいたっては、去勢した時点で脳内年齢がとまったかのような元気さ。いい大人なんですが….。

ともあれ元気で長生きしてください>我が家の猫ちゃんたち。

カテゴリの最新記事