iPhone 8の後継Androidを本気で選ぼうとしたら、Unihertz Titanの影響絶大だった話

iPhone 8の後継Androidを本気で選ぼうとしたら、Unihertz Titanの影響絶大だった話

Unihertz Titanを一月使って大きな影響を受けてしまったiPhone 8ユーザーがAndroidに買い換えるとしたら、とんでもない結果になってしまいましたという話。はっきり言って与太話です。真面目に検討材料にしようとした方、すまんです(苦笑)。

Androidスマホへの要求

これまでの記事でAppleを離れるとしたらどうなるかというのを2回に分けて記事にしました。

Apple製品ユーザーである筆者がAppleからの離脱を本気で考えるとどうなるか (1)

Apple製品ユーザーである筆者がAppleからの離脱を本気で考えるとどうなるか (2)

その後、1月はメインスマホiPhone 8とサブスマホUnihertz Titanの使用割合が3:7に逆転する状況になり、Androidへの要求事項もよりクリアになりました。

キャリア

根っからのSIMフリー限定です。海外でも使う可能性があるので。SIMロック解除などは一旦キャリア契約が必要になるため問題外。

画面

iPhone 8は4.7インチ、AQUOS R Compactは4.9インチで、表示部の横幅はどちらもおよそ57~58mm程度。ピクセル数で行くと、iPhone 8は750px、AQUOS R Compactは1080px。
Unihertz Titanは表示部の実寸80mmで1430pxとiPhone 8の2倍近いピクセルです。

この差が見やすさの差となって現れます。

さすがにメインとしてUnihertz Titanのサイズはでかいとは思いますが、これくらいの横幅があるとめっちゃ使いやすいです。

画面はやはり5.5インチ以上、6インチでもいいかもしれない。
ただしジーンズの前ポケットとは無縁になる。

上記の記事ではAQUOS R2 Compactを筆頭候補に上げていますが、約5.2インチ液晶ということで気持ち的にはもう少し欲しいかも。

ただし、6インチ級のようにでかくなるとUnihertz Titan のように携帯性が大きく犠牲になります。このあたはまだまだ悩みたい。

バッテリー

Unihertz Titanのバッテリーはスマートフォンとしてはモンスター級とも言える6,000mAhのバッテリー搭載です。まる一日でかけているとiPhone 8ではチャージ無しではちょっと心もとない状況でも、Unihertz Titan は全く問題なし。

そりゃそうですわな。iPhone 8はOSもCPUも異なるとはいえ約1.800mAhです。

しかし、考えようによっては1,800mAhのバッテリーでこのパフォーマンスを出せて1日近く持つというのはApple恐るべしです。

問題はAQUOS R2 Compactです。Snapdragon 845搭載なのに2.500mAhのバッテリーは厳しいです。事実、価格.comのレビューにはバッテリーが大きな弱点という声が多いようです。

バッテリーは3,000mAh以上は最低必要、できれば4,000mAhくらいはほしい。

CPUパワー

Unihertz Titanに使われているMediaTek Helio P60は、antutu Ver.8で約16.8万。
AQUOS R Compactに使われているSnapdragon 660は、antutu Ver.8で約16.5万。

そうなんですよね、AQUOS R Compactは結構バランスが良いのです。
調教が必要ですが、バッテリーの持ちも悪くない。
バッテリー強化を前提にSnapdragon 845以上が欲しい。

メインスマホのCPU(SoC)としてはSnapdragon 845か同等以上が欲しい

RAMとROM

これはでかいほうがいいですが….

RAMは4GB以上、できれば6GBROMは128GB は欲しくい。ROM128GB以下ならmiceroSDXC対応必須

機能

残るは各種機能ですね。

  • nano SIM対応
  • Felica対応
  • インタフェースはUSB TYPE-C限定。
  • 防水対応。といっても風呂や水中で使える必要はありません。雨や水がかかっても大丈夫ならOK。防水なしは問題外。

要求仕様まとめ

なんか、iPhone 8からかなりかけ離れてしまい、Unihertz Titan の影響を非常に大きく受けてしまうようになりました。
理想でいえば、Unihertz Titan に Felica対応モデルがあればすぐ買いますよ!

CPUSnapdragon 845クラス以上 (antutu v8で25万以上)
RAM6GB
ROM128GB以上
外部メモリmicroSDXC (ROM 256GB以上の場合はなくて良い)
バッテリー4,000mAh以上
画面6インチクラス(最低5.5インチ)
SIMnano SIM 
キャリアSIMフリーモデル限定 (SIMロック解除は不可)
Felica必須(おさいふケータイ)
インタフェースUSB TYPE-C限定

今の所これらを全て満たすものはありません。※
何、寝言いっちゃってるの?

君、アホっちゃう?

※正確にいうならGalaxy Note 10+が該当しますが、日本向け(技適あり)の正規SIMフリーなGalaxy Note 10+は販売されていませんし、皆さんのレビューを見るとスタンバイ時のバッテリー消費を問題にしている方を多く見かけました。

そんな結果になりお粗末様でした。

 

モバイルカテゴリの最新記事