ペット用品のストック

ペット用品のストック

最近の新型コロナウィルス騒ぎで、店頭からマスクや消毒薬が嘘のようにきえてしまうというアホらしい事態が起きていますが、猫飼いには消毒用エタノールは欠かせないという話。

長毛さんと短毛くん

我が家のニャン’s 二匹は、そそうはしませんが長毛ラグドールさんのほうはどうしても毛を吐くために時々マーライオンになります。

上の写真が長毛さんのラグドール。

こちらはどう見てもスノーシューに違いない保護猫くん。

長毛さんはマーライオン

そういうわけで、長毛さんのほうは時々マーライオンになります。

それを始末したあと水拭きだけというわけにはいかないので、消毒が必要になります。
ノロウィルスの消毒ではないので、一般の消毒用エタノールを使います。
ちなみにノロウィルスはノンエンベロープウイルスなのでアルコールで不活性化はのぞみ薄のため次亜塩素酸ナトリウム希釈液を使います。
一般の風邪、インフルエンザ、SARS、新型コロナなどはエンベロープウイルスであり、エタノールでエンベロープ(脂質)が簡単に破壊されウイルス自身が不活性化されるため高い不活性化が期待できます。

さて我が家の洗面所のこのボトル、残り1/4くらい。

なので、先々週だかもっと前に買い物ついでに買おうと思ったら、マスク同様に棚から姿を消していました。

普段そんなに沢山売れるものではないので、店頭在庫だって棚に並んでいるだけでしょう。

えー!

うちは猫のマーライオン対策で必要なのですが、他にも消毒に欠かせないという人は多かろうと思います。

皆さん普段消毒用アルコールなんか買わないのではないかしら。

そういう皆さんがいきなり買いに走ったものだから….。

某通販に発注済みですが果たしていつになることやら。

まとめというか教訓

メディアに煽られるような無用な買い溜めは絶対にしてはいけない、本当に必要な人に渡らなくなります。

とはいえ、犬や猫用品は来たるべき大地震や大風水害を考えると常に2ヶ月~3ヶ月程度は過ごせるようなペット用品ストックが必要。それは餌だったりペットシートだったり猫砂だったり。

猫の場合は、(我が家の場合)エタノールも必需品。ただ、その性格上大量ストックは危険なのでほどほどに。

カテゴリの最新記事