2つのGARMIN(スマートウォッチ)を使い分ける方法

2つのGARMIN(スマートウォッチ)を使い分ける方法

普段は腕時計型のGARMINを腕につけているけど、普通の時計を着けたい、なおかつライフログのトラッキングは続けたいときにはリストバンド型をあわせて着けることを当ブログではおすすめしました。では、その2つはどうやって切り替えるのか?その方法をお教えします。

2つのGARMIN(スマートウォッチ)

そもそも2つのGARMINの理由はこういうことです。

スマートウォッチと普通の時計の両立方法

普段は腕時計型のスマートウォッチ GARMIN INSTINCTを着ける。

しかし、普通の時計をしたいシチュエーションもあるが、ライフログの取得は継続したいので、時計っぽくなくて目立ちにくいGARMIN vivosmart 4を時計と反対側の手首に着ける。

そのためには2つのGARMINを切り替える必要があるわけです。

GARMIN Connect Mobileで切り替える

ライフログのデータ(歩数や心拍などのデータ)は装着しているGARMIN内に蓄積され、スマートフォンのGARMIN Coonect Mobileと同期をとることで、スマートフォン経由でGARMINのクラウドであるGARMIN Coonectに送られ、PCや他のスマートフォンでもログインすることで確認できるようになります。

今どのGARMINを使うかという指定をGARMINを着替える時にGARMIN Coonect Mobile上で設定するのですが、それがちょっとわかりにくいです。

以下はiPhone版GARMIN Coonect Mobileの場合のスクリーンショットです。Android版でも似たようなもののはずです。

まずGARMIN Coonect Mobileを起動します。

右下の「…」をタップします。

「Garminデバイス」をタップします。

接続処理をしたGARMINデバイスが全部表示されます。

ここで今装着しているGARMINデバイスの同期をとって、データを吸い上げておきます。

データを吸い上げておくことで、装着するデバイスを変えたときに、それまでのライフログデータが新しく装着したデバイスのほうにコピーされます。

次に、今のGARMINデバイスを外し、新たに着けたいGARMINデバイスを手首につけます。

新しく装着したほうのGARMINデバイスの同期をとります。

古いほうでその日の歩数5,000歩が記録されていて、新しい方ではまだその日の歩数が0歩であった場合、この時点で新しいGARMINデバイスに5,000歩が反映され、続きで記録されるようになります。

同期が済んだら、新しく装着したGARMINデバイスの「>」をタップします。

ここがポイントです。

新しく装着したデバイスの「ライフログ」をタップします。

普通に考えると歯車アイコンの「一般」(設定)とかに切り替えがありそうですが、さにあらず。

出てきたライフログ画面の一番下までスクロールします。

ここに「優先アクティビティトラッカーに設定」というのがあるので、タップします。

この例は、GARMIN vivosmart 4からGARMIN INSTINCTに切り替えた場合です。

確認のダイアログが出ますので「はい」をタップします。

すると「優先アクティビティトラッカー」の文字がグレーアウトして右側にチェックアイコンが表示されます。

これで優先アクティビティトラッカー(装着するGARMINデバイスのこと)の切り替えができました。

以上で切り替えは終了です。

楽しいGARMIN LIFEをお楽しみください。

まとめ

GARMINのアクティビティトラッカー(スマートウォッチ、GARMINデバイス)は複数のものをとっかえひっかえ切り替えて使え、その日の歩数などは切り替えることで引き継がれる。もちろんGARMIN CoonectのWebには全て反映される。

装着するGARMINデバイスを「優先アクティビティトラッカー」といい、スマートフォンのGARMIN Coonect Mobileアプリの各デバイスの中の「ライフログ」画面で切り替える。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事