icleverの二つ折りキーボード IC-BK06lite

icleverの二つ折りキーボード IC-BK06lite

当ブログの原稿などをちょっとした時間の隙間にモバイル環境で入力したい、さりとて仮想キーボードでは効率がわるすぎるし、いつもいつもiPad Proを持ち歩いているわけでもない。それを叶えるべくicleverの二つ折りキーボードを購入しましたのでレビューします。

過去に紹介したモバイルキーボード

モバイルキーボードを紹介したのは実は今回が初めてではありません。

このJETechの三つ折りは質感が高くてとてもいい感じなのですが、重量はおよそ180g。

上記で紹介した2つ目の記事で触れているように、三つ折りを開いた両側の下には支えがないので、ENTERキーとかAなどのキーをたたいたときにガタつくのです。特にENTERは頻繁に使うので非常に気になります。

その対策が、100円ショップで売っている4mm程度の厚みの椅子の足に貼り付けてフローリングの傷を防止するものを貼り付けるというもの。

これで解決….なのですが、ばあ、ブサイクといえばブサイク。

もっとスマートにならないか?

iclever IC-BK06 lite

仕様

仕様を簡単に紹介します(説明書より抜粋)。

Bluetooth 5.1
広げたサイズ(mm) 313.4 x 92.8 x 7.5
バッテリー リチウムイオン、110mAh
充電時間 2時間以内
連続使用時間 40時間
待機時間 30日(スリープ)

JETechのものが60時間駆動だったので、こちらのほうがやや短いですね。

省エネモードが搭載されており、30分操作シない場合はスリープモードに入るそうで、にんいのキーを押して3秒程度で復帰すると説明書には書かれています。待てなければ、電源をオンオフすればOKですね。

このキーボードは閉じても自動的に電源オフにはなりません。左上に電源スイッチがあるので自分で切りましょう(笑)。
そのまま閉じちゃうと上記のとおり30分でスリープになります。

外観

外観を写真で紹介します。

ちゃんと技適認証も取得しています。

キーボードを開いた様子。

ノートPC(hp Spectre x360 13-aw000)と並べてみます。

ほぼ同じサイズですね。

左上のが電源スイッチ、充電中を示すランプ、ペアリングスイッチ、ペアリングステイタスを示すランプ。

中央の接合部は蝶番などではなく、ソフトなフレキシブルケーブルをソフト樹脂で挟んだ感じになっています。

FNキーの位置が衝撃的ではあります(笑)

閉じて文庫本とならべてみます。

高さはほぼ同じ。短辺は文庫本より1cmほど短いです。

重さを実測。

下の写真は、並べて写真をとった文庫本ですがほぼ同じ。

このIC-BK06 liteにはスマホスタンド(UGREENみたいなやつ)がついています。

スマホスタンドとキーボードをあわせた重さはこちら。

スタンド込みでJETech三つ折りキーボード(ガタツキ防止クッション貼付済み)と同じくらいですかね。

使った感想

キーボードピッチは、写真にうつっているノート(13インチ)とほぼ同じなのでピッチに関して問題はありません

ただし、真ん中でぶった切れているので違和感を感じないといえば嘘になりますが、タッチタイピングの原則通り、右側にあるのは右手て打つべきキーです(Y/H/Nとか7)ので問題はありません。

内部にマグネットが内蔵されており自重で開いてしまうことはない

どうせマグネット内蔵するならマグネットスイッチで自動オンオフしてほしかった。

JETechのガッチリした三つ折りより作りがシンプルで薄いので持ち運びが楽です。持ち運びにはフットプリントが小さいのも重要ですが、ある程度の大きさ以下なら厚みが薄いほうが持ち運びは遥かに楽になります。

文庫本とほぼ同サイズなので、コートのポケットなどにも入る。スマホケースにスタンド機能付きを使えばどこでも文章作成ができます。

タイプ音は静かではありますが、ぺたんこの作りで直接机に背面全部がつくので力強くタイプするとやや音が大きめ(といってたいていのキーボードよりはるかに静かですが)になります。

hp Spectre x360 13-aw000のタイプ音は低めの音ですが、IC-BK06 liteは少し高めの音になります。いずれにせよよほど静か場所で椅子を座り直すのもはばかられるような静かな場所では別ですが、たいていは大丈夫。よほどバカバカ叩かない限りはエアラインラウンジでも平気です。こういう場所ではもっとガシガシタイプしているビジネスパーソンは多いので(笑)。

HUAWEI Mate 20 Pro(日本語はGbload)とペアリングしましたが、言語切替キーがわからず…..。
変換が英語、無変換が日本語だってところは突き止められました。
なんか変な感じです。

まとめ

ilclever の二つ折りキーボード(直線型二つ折りのほう)IC-BK06 liteは文庫本サイズで持ち歩きに最適で重さも137gと軽量。

スマホケースにスタンド機能付きを使えば、スマホとこのキーボードだけでどこでも文章入力環境が出来上がる。

スマホやタブレットで文章入力するチャンスが多い人は一つ持っていても損はないと思います。

モバイルカテゴリの最新記事