OCNは新機種キャンペーンも多いですが、ブラックになると締め出されますので要注意!

OCNは新機種キャンペーンも多いですが、ブラックになると締め出されますので要注意!

OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)は、ミッドレンジスマホ新機種が期間限定キャンペーンでその時点の市価の半額以下で出てくる事が多く、その恩恵を受けた方も多いと思います。昔のように期間縛りもないので気軽に乗り換える人が増えてきましたよね。でも、調子に乗っているとOCNモバイルONEではブラックリスト入りで締め出されます。

OCNモバイルONEのブラックリスト

ネットで検索すると結構出てきますのでご存知の方も多いと思います。

まだ契約期間縛りや更新月以外での解約には違約金が発生していた時代からあったようですが、短期間に契約・解約を繰り返すと、ブラックリストに載って新規の契約から締め出されるという話です。

OCNはミッドレンジ以下の格安スマホ新機種発売時に期間限定で、市価の半額程度で割引提供することがちょくちょくあります。

これを狙いにスマホをゲットして短期に解約してそのまま転売する輩があとを絶たないので、明らかなブラックリスト化が行われているのだと思います。

これは決してOCNが悪いわけではなく、安くで提供して長く利用してもらいたいという企業側の狙いを逆手にとった行為で、最初から転売狙いで格安でGETする奴らは個人的には愚の骨頂だと思います。

OCNで一年以下の短期解約は絶対NO

短期解約持ち逃げ排除

その後、総務省の指導で契約期間縛りと高額な違約金がNOになったためOCNも例にもれず簡単に解約できます。

また、先に書いたようにOCNでは新機種投入時などにキャンペーンで、新規・MNPを問わず通常価格の半額くらい(新機種でなければ1円とかもある)でスマートフォンを入手可能な事がちょくちょくあります。

これを悪用して短期間解約をしてスマートフォンだけを持ち逃げしたり、悪意はなくとも結果的にそうなってしまうケースもあります。

短期間解約の繰り返しを排除するために(そんなことばかりやられたら商売にならない)、ブラックリストでのチェックが非常にとりわけ厳しいのがOCNモバイルです。

以前、解約金があるときなら比較的チェックは緩かったのですが、今は非常に厳しいようです。NTTコミュニケーションズはこの条件について明らかにしていませんが、ネットをあさってみるとこういうことのようです(あくまでネット情報のかき集めです)

・1年程度未満で解約実績が短期間に複数回あると、次に申し込んでもお断りされるようだ。以前は数回以上あったらブラックのようででしたが、今は下手すりゃ2回実績があると締め出し!

・締め出し期間は永遠が基本のようで、1年とか2年で情状酌量というのもあるらしい。

・ブラックになったらその記録は永遠に残るようだ。

・身分証明書と電話番号などで特定できる個人情報が一致する限りブラックになったら浮き上がれないという。結婚して改姓し免許証も更新して新住所・新姓になり裏書きがなければOKかもしれませんが….まあ、普通は無理。

あくまで推測でしかありませんが、ブラックリスト化されてチェック(自動かAIか人力かは知りませんが)で排除されるのは100%ほぼ間違い有りません

なぜブラックリストがあるとわかるのか?

実は筆者は悪意なく結果的にブラックになってしまったのです(^O^)
・2020/3ごろ 中華製ミッドレンジスマホとともに回線契約
・2020/6ごろ 国産ミッドレンジスマホとともに回線契約
この時は諸事情で間違いなく必要だったのですが、その後事情が変わって予定より相当早く使う必要がなくなりまして、無駄に支払い続けるのはもったいないことで他社の遊休回線とともに整理したのが同年秋。

事情はどうあれ客観的にみて結果は短期解約です。

別にスマホを未使用転売しようという意図はまったくなかったのですが、結果的に1年間の間に2回やっちゃいまして、現在は締め出し状態です(苦笑)。

ただ、その後方法を変える(例えばNTTグループなのでメインのdocomoと一緒に支払うd払いにするとOKかも?とか新規じゃなくてMNPならOKかも?とかキャンペーン機種でなければOKかも?)と考えられますが実際どうなのかは試していませんし、試す気も有りません

昔と違って今は多分一年未満(ひょっとしたら過去の縛りの名残で二年未満かも)で2回以上短期解約があると見事ブラック当選となる可能性が高いです。

ブラックリストに載らない対策

OCNモバイルONEで締め出されないためには、契約した回線は最低1年できれば2年は維持したほうが良い。

休眠回線は1GB/月コース 700円(税込770円)で維持するべし。

回線使用実績をつくるためには1GB未満の範囲で時々使うべし。

そもそも機種狙いで安価プラン契約はしないこと。

今後OCNを使う予定・意思が絶対ないと保証できるなら、即解でも良し。ただし締め出しを覚悟しよう。

将来的に金融機関のように携帯電話回線信用情報が事業者間で共有され、一社でブラックになると他社も契約できなくなる未来がくる「かも」しれません。

OCNへの提案

ブラックリスト化は中長期契約者を確保できるという意味では名案ですが、他社にくらべても多分基準が厳しいブラックリスト化があるとなると戻ってくる人も戻ってこない可能性も高まります。

ブラックリストの狙いはスマホの持ち逃げ阻止です。

ならばBIGLOBEがやるように、実質半額提供としても割引分はdポイントで提供するといった案はどうでしょうか?

あるいはIIJmioやdocomoがよくやるようにMNP限定での割引(新規契約や機種変更は対象外)にする、その割引もdポイント還元にすれば、長期に使いたい人だけが来るはずです。

長期契約が見込める人には手厚く、そうでない人には一般の市価同等で提供する、それで良いと思います。新規もMNPもなく割引提供は不要です。

まとめ

OCNモバイルONEは安いキャンペーンも多いが、一旦契約したら最低でも1年、できれば2年は契約維持すること。

プランを安いのに変えて維持するのはOKのはず(回線使用実績もみるかもしれないので、時々使うべし)。

モバイルカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!