オススメしたいスマホの保護ケースはSpigen製

オススメしたいスマホの保護ケースはSpigen製

スマホで保護ケースをつけていない人は少ないと思います。筆者もスマホ購入と同時に使えるように用意しています。液晶保護シートは状況により良し悪しですがスマホ保護ケースは必需品かと思います。

保護ケースにはいくつかタイプがありますが、まずはそこからメリットとディメリットを見てみます。

ケースのタイプ

大別すると手帳型・バンパー型・ジャケット型がありますが、保護性能という視点ではバンパー型は論外なのでここでは省略します。

手帳型

電車の中などで見ていると多く見かけるのがこのタイプ。老若男女を問わずこのタイプは多いですが、男性の場合若い男性には少ないように思います。

文字通り手帳のようになっていて、標準的には見開き右側にスマホをはめ込み、左側にはカードなどを入れるポケットがついています。

筆者も以前使っていましたのでメリット・ディメリットがよくわかります。

メリット

  1. Suicaなどの交通系ICカード、ポイントカードなどをスマホといつも一緒に持ち歩ける。
  2. フラップ部分が画面を強力に保護する。
  3. スマホより一回り大きい手帳型では落下させたときの保護性能も高い。
  4. デザインや素材によっては高級感たっぷりなものもあり、おしゃれなものもある。

ディメリット

私見ですがディメリットのほうが多い気がします。

  1. 手帳型ケースであるが故にスマホが分厚く重くなり、大型スマホでは強烈にでかくなる。
  2. ポケットから出してすぐに使えない(開かないといけない)。
  3. カードポケットは使っているうちにゆるゆるになってきて、知らぬ間にカードが抜け落ちる可能性がある。
  4. スマホの画面(あるいは液晶保護シート)にカードの跡がつく。
  5. 勝手に開かないように止めるのに多くはマグネットが使われていてポイントカードなどに悪影響を与えることがある。
  6. 写真を撮るときに左側のカードが入っている側がとても邪魔になる。
  7. カードも一緒に入っているが故に、万が一スマホをなくすとカードも一緒になくなる。
  8. 素材や構造によってはワイヤレス充電が使えなくなる。

筆者の場合はディメリット≫メリットなので今は全く使わなくなりました。

ジャケット型

手帳型と並んで多いタイプ。日本で売られている保護ケースはこのジャケット型(はめ込みケース型)が多く、続いて手帳型だと思われます。

筆者は現在はこのタイプ一択です。

メリット

  1. デザイン・色・素材にバリエーションが多い。
  2. 保護性能が高いものも選べる。
  3. 手帳型より安価で軽量である。
  4. ポケットから出してすぐ使える。
  5. カメラを使うときも邪魔なフラップがない。

ディメリット

  1. 手帳型のように使わないときに画面保護ができない。

Spigenのケース

筆者が現在愛用しているのは、Spigenというメーカーのジャケットです。

Spigen Inc(通称Spigen)は、米国を拠点とする韓国の携帯電話アクセサリメーカーであり、人気のスマートフォンモデル用のケース、スクリーンプロテクター、その他のアクセサリを製造しています。Spigen Inc.は、2004年に設立された韓国のモバイルアクセサリー会社であるSGP Koreaでした。SGP Koreaの米国ビジネスブランドであるSpigenが拡大するにつれて、SGPKoreaは2013年11月に社名をSpigenKoreaに変更しました。

英語原文はWikipedia(https://en.wikipedia.org/wiki/Spigen)、翻訳はGoogle翻訳

てっきり中国のメーカーかと思っていましたが、米国拠点の韓国メーカーなんですね。

Spigenを選ぶ理由

  1. 作りがしっかりしており精度が高くボタンなども一切ずれなくピタリとくる。
  2. 保護性能が高い(米軍MIL規格取得)
  3. 落下時に最初にダメージを受けやすいコーナー保護がある。
  4. 周囲がスクリーンより少しだけ高めになっているのが基本で、伏せておいたときに表示面が直接机に触れない。
  5. 背面カメラの周囲もわずかに高くなっており、机においたときにカメラが直接机に触れないようになっている。

これらの結果としてAmazonでもユーザー評価は高いです。

下の写真はつい先日まで使っていたiPhone 8用のSpigenのケース。

いろいろなタイプ・カラーがありますが、これは背面が細かい凹凸がついていて手で持ちやすく滑り落ちにようになっています。

ケースによってはコネクタの部分の穴とかボタンの部分が微妙にずれていたりするものもありますが、これまで多くSpigenを使ってきたなかでそのようなケースには一度もあたったことがありません。

筆者がSpigenを使った機種

  • Apple iPhone 8
  • Apple iPhone X
  • Apple iPhone SE
  • Apple iPhone 13 mini
  • HUAWEI Mate 20 Pro
  • SHARP AQUOS sense3
  • SHARP AQUOS sense5G
  • Google Pixel 5a

…用にSpigenのケースを使っていました(います)。

Galaxy S21 Ultra 5GだけはGalaxyのS Penも一緒に収納できるGalaxy純正シリコンケースを使っています。

Spigenの対応メーカー

Spigenが対応しているのは日本向けには以下のメーカーです。

  • Apple
  • Google
  • Samsung
  • SHARP
  • SONY
  • Samsung
  • Motorola Motoシリーズ
  • One Plusシリーズ
  • Xiaomi

あいにくOPPOは非対応のようです。

まとめ

Spigenのケースはとにかく作りが良く、使い勝手がよく保護性能が高くて(過信は禁物です)安心度が高いのでおすすめできます。

手持ちのケースが汚くなってきたなぁ、と思った方、検討してはいかがでしょうか?

ちなみに、筆者がオーダーしたGoole Pixel 6 (256GB) のケースもSpigenです。

モバイルカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!