iOS 15.4配信開始、ついにマスク顔でもFace IDが可能に!

iOS 15.4配信開始、ついにマスク顔でもFace IDが可能に!

本日(2022/03/15)、マスク装着顔でもFace IDが使えるというiOS 15.4の配信が開始されたので早速入れてみました。

スポンサーリンク

iOS 15.4

飛んできました!

顔認証利用における大敵がマスクでした。

感染予防の大切な武器なのですが、同時に顔認証の敵でした。

それがiOS 15.4で可能になりました。

対象機種:
iPhone 12シリーズとiPhone 13シリーズのみで、iPhone 11およびiPhone XのFace IDでは対応していません。

iPhone X/11の方は諦めてiPhone 12以降に機種変しましょう。

スポンサーリンク

Face IDは一旦リセット

この機能を使うためには登録してあるFace IDは一旦リセットして登録しなおしになります。

Face IDにマスク顔を使わないという選択肢もあります。

あとでONにする場合は、[設定]>[Face IDとパスコード]の中にある「マスク着用時 Face ID」をオンにして顔登録をしなおします。

スポンサーリンク

マスク顔で解除された

あたりまえですが、マスクをしていてもしていなくてもちゃんと解除されましたが、反応に微妙な差を感じました。

マスク非着用の顔よりはマスク着用の顔のほうが、認識がほんの一瞬であるが時間がかかる。

ちゃんと注視していないと気づかない程度の微妙な差ですが、筆者のiPhone 13 miniではマスク顔のほうがごく僅かにロック画面の南京錠が外れるアニメーションが出てくるのが遅く感じました。

Apple Watchを使っていないiPhone 12/13ユーザーは絶対これを使いましょう。

そして4桁の危ないパスコードは桁数を8桁にするとか変更しましょう。
4桁のパスコードは電車で隣の人にばっちりバレていますよ!

スポンサーリンク

モバイルカテゴリの最新記事