motorola edge 20開梱と付属品紹介

motorola edge 20開梱と付属品紹介

そんなわけで手元にmotorola edge 20が届きました。開梱してびっくりだったのはiPhoneと前線違うじゃん!ってこと。

黒い箱

昔と違って今のスマートフォンには分厚い説明書とか入っていないので実にコンパクトな箱です。

特に最近のiPhoneは本体とUSBケーブルとSIMピンにしか入っていません。無駄がないといえば無駄がない。

motorola edge 20の化粧箱は黒です。

ブラックボックス!

蓋を開けて本体を取り出すとこうなっています。

はへ?なんかいっぱい入っているけど、ACアダプタが入ってる!

今時のスマートフォンにしてはいろいろついていますね。

さらに本体には最初からクリアTPUケースが装着されています。

クリアTPUケースが付属しているので、特にお気に入りケースがないのであれば保護ケースを買う必要はありません。

付属品

装着済みTPUケースとクイックスタートガイドの類の小さくて薄いドキュメントとSIMピン以外の付属品一式がこちら。

上から時計回り。

・ACアダプタ
・USB TYPE-C イヤホンマイクジャックアダプター(4極用)
・3.5mmマイク付きステレオイヤホン
・USB TYPE-Cケーブル

となっています。

ちなみにXiaomi M11 Lite 5Gも似たようなものですが、イヤホンはついていないそうです。

実際に使う上で唯一足りないのは保護フィルムです。

筆者はPDA工房のこれを買いました。

特に使い心地に問題ありませんが、粘着面の保護シートが恐ろしく剥がしにくかったですのでご注意を。

人により感度が落ちたと感じる場合は、[設定] > [ディスプレイ](一番下までスクロールする) > [タップ感度の向上]をONにするとよいでしょう。

ACアダプタ

edge 20はメーカー公称で10分の充電で最大8時間の使用可能というふうになっています。まあ、ここまで行かなくても確かに充電は早い。

30W急速有線充電「TurboPower 30W」に対応しており、付属ACアダプタもそれに対応しています。

USB TYPE-C出力は、5V / 3A (15W)、9V / 3A (27W)、10V / 3A (30W) となっています。

コンパクトでいいのですが、惜しいのはAnkerのnano II 30W同様にプラグがおりたたみではないのですよ。これでACプラグ折りたたみならいうことないのに。

ちなみに筆者はACアダプタが氾濫しても仕方ないので、PD対応の30W以上のアダプタで充電していますが、確かに速い!Galaxy S21 Ultra 5Gの充電も早かったけどこいつも速いです。

Pixel 6 Proは最後の追い込み充電でカメ足になるのですが、こいつは最後まで爆速。

バッテリー寿命を気にする向きもあろうけれど、どうせ1年とか2年で買い換えるのなら快適に使う方が得策です、というのが筆者の哲学。

まとめ

motorola edge 20の付属品は、SIMピン、ACアダプタ(30W)、USB TYPE-Cイヤホンアダプタ、3.5mm4極プラグイヤホン(マイク付き)、USB TYPE-Cケーブル、クリアTPUケースとほぼフル装備。

ついていないのは液晶保護フィルムだけなので、焦ってケースとか同時に買わないほうが無難。

モバイルカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!