6月27日未明から27日朝9時ごろまで障害が発生してしていました。

イヤーピース交換で音が小さいのを改善、最強になったオンライン会議用片耳ヘッドセット KENWOOD KH-M500

イヤーピース交換で音が小さいのを改善、最強になったオンライン会議用片耳ヘッドセット KENWOOD KH-M500

先々日の記事で紹介したヘッドセットKENWOOD KH-M500。音量が小さい弱点をイヤーピース交換で改善でき、最強のオンライン会議用片耳ヘッドセットになりました。

この記事でわかること
片耳ヘッドセット KENWOOD KH-M500の音の小ささの改善方法がわかります。

KENWOOD KH-M500の弱点

KH-M500がなぜオンライン会議に適しているのかについては以下の記事を参照してください。

外出先でのオンライン会議に、マイクのノイズキャンセリング効果抜群の片耳用ヘッドセットKENWOOD KH-M500

この記事にあるように「音が小さい」のが弱点です。

音が小さい推定原因
音が出る部分(ユニットの開口部)は正面を向いているが、それを柔らかいラバー状のイヤーピースで直角に音の出口を曲げていることにより、ラバーに音が吸収されてしまい損失が大きくなるから。要は真っ直ぐに音が耳に届かないから。

KENWOOD KH-M500のイヤーピース交換

一昨日の記事で取り上げたのがKH-M500です。

音がもう少し大きくできれば最強なのに!

推定原因がイヤーピースにあるのならば、もっと適切なイヤーピースに変えれば良い!

色々調べて探しだしたのがSound Waveのイヤーピースです。

本体カラーにあわせて白を選びましたが、本体が真っ白っではないのでイヤーピースだけ浮いています。イヤーピース交換前提にするのであれば、KH-M500は黒、イヤーピースも黒を買った方が良いですね。

下の写真でわかるとおりイヤーピースの開口部(耳に入る側)からイヤホンの音が出る部分が見えますので、オリジナルのように樹脂で屈曲して音が吸収されてしまうロスを低減することができます。

下の写真のとおりイヤホンの音が出る部分をすっぽり覆うのでイヤーピースだけ外れて耳に残ったりしません。

オリジナルのイヤーピースでも下のとおりすっぽりかぶっています。

イヤーピース交換後に使った感想

音の小ささが大幅に改善された

KH-M500の実用上の弱点であった音が小さいことをかなり改善できました。

iPhone 13 Pro Max(iOS15.5)を使ったLINEのテスト通話では、オリジナルのイヤーピースでは音量を最大にしないとやや聞き取りにくいことがありましたが、Sound Waveのイヤーピースに変えてからはそれでは音が大きすぎて、音量を2/3くらいまで落としました。

フィット感が良くなった

Sound Waveのイヤーピースは耳栓ほどではないですがカナル型に近いため、しっかりとヘッドセットを支えることができ、イヤーフックがなくてもおそらく大丈夫です。イヤーフックをつければ走ってもジャンプしても取れません。

まとめ

KH-M500のほぼ唯一の弱点である音の小ささは、Sound Waveのイヤーピースに交換することで大幅に改善できる。

マイクのノイズキャンセリング性能が高く相手には音声がクリアに伝わるので、イヤーピース交換で最強のオンライン会議用片耳ヘッドセットになる。


 

デジタルガジェットカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!