40歳になる前に自分の将来設計を考えよ、会社のポジションはゴミである!

40歳になる前に自分の将来設計を考えよ、会社のポジションはゴミである!

先日、ある雑誌のWeb記事に出世競争に敗れるということについて記事がありました。何も出世だけが人生じゃないし「出世=幸せ」ではなくむしろ「出世=不幸」ということも大いにあります。会社のトップではないせいぜい部長クラスの出世が幸せだとは個人的には思えません。出世ばかり追いかけてるより40歳になる前の的確な判断と人生設計を見直しましょう。


定年後はそれまでの経験は糞喰らえ

人生100年時代といいますが、60歳ないしは65歳定年で退職したとしても、年金はおそらく70歳支給とかになるでしょう。否が応でも仕事をせざるを得ない人がほとんどですし、今の65歳は非常に元気でまだまだ働けますが、仕事があるかというと実は現状を見るに60歳を超えたあるいは65歳を超えた高齢者の仕事はほとんどないのが実情です。

今まで会社で頼られていた存在のはずだったのに、経験が活かせるような仕事は皆無で見つかるのはガテン系….。あの仕事経験はなんだったのかと思うこと間違いなしです。

40歳で見切りをつけるなら今しかないと思ってももう遅すぎます(キッパリ)。

中高年の転職で糞喰らえのこと。
・それまでの職務実績
・現在の給与
・現在のポジション
これらはゴミ以外の何者でもない。

20歳なら比較的安い給料で育てて長く使えますが、40歳とか50歳の先々短いくせに高い給料を要求されても困りますがな。顔洗って出直してこいです。

40歳とか50歳で平気で高い条件で転職先を探す人はぼったくりバーか、高くてまずい飲み屋と同じである。

50歳を超えたら求人は1歳ごとに1割減少し60歳を超えての求人はゼロである。60歳近くで高望みの世間知らずなんか金をもらっても雇わない。

売り込める実績はあるのか?

たとえば貴方が人事部長だったとしましょう。

その経験を転職斡旋業者は買いますかね?

私が転職斡旋業者であれば「人事部長だった」ことを売り込んできた人にはこう言います。

・貴方は新しい会社で人事制度(ITのシステムではなく人事管理全体をさす)を1から構築できますか?あるいはその経験がありますか?

こう聞かれて実績から説明できる人なら転職業者の世話にならなくても引く手数多でスカウトがきているはずです。

人事部長だったかどうかが問題なのではなく、何ができるのか・何をしてきたかが問題なのです。肩書きなんか糞喰らえです、全くなんの役にたちません。

逆に起業して(それが成功か失敗かはあまり関係ない)多くの苦労をした人のほうがはるかにニーズは多いと思います。



【広告】

会社にしがみつく才能

良い意味で会社にしがみつくのも悪くはありません。

・キッパリと出世を諦める
・年下の上司に仕えて会社を支えることを喜びとする
・部門の潤滑油として良き人間性を発揮する
・かつてのポジションのプライドはごみ箱に捨てられる

これができれば定年までは会社が傾かない限り結構いい感じで会社員生活を送れるでしょう。これがあまり苦労せずできるとしたらそれも重要な才能です。

ピカイチの成績を上げたから役員になれるとは限らず、むしろ妬みなどでドロドロの世界にハマり込み厳しい余生になるかもしれません。

それよりは会社内で第二の道を喜んで受け入れて周囲を支えることに徹する方がやりがいもあり安定した精神状況になれると思います。

ローンもあるし、今後のことを考えて年下の部下を支えてうまくやっていく方が多分平和であり幸せです。

年下の部下、年下の先輩は当たり前だと思い、仕える・支える根性が必要。

まとめ

いずれにせよ漫然と出世狙いとかしていたら結局何も得ずにサラリーマン生活を終えてしまうでしょう。

40歳の声が聞こえたら、この先どうするのかをしっかり判断した方が良いです。

50歳を超えると1歳増えるごとに求人は1割減り、還暦になると望むような求人は皆無である。若い人のほうが可能性を秘めており給与も安いことを思い返すべし。



【広告】

雑記/エッセイカテゴリの最新記事