LINEで送る
Pocket

過去何度も書いていますとおり、金沢には年に二度ほど訪れて自分なりにリラックスした時を過ごしております。

最初に訪れたのは手元の記録を見ると2008年9月で、富山-金沢間着工の3年後となりますので、金沢駅ではすでに工事が進んでおりました。そして開通が2015年3月14日。

私は半年に一度、新幹線が開通するまでの金沢の街の変貌を見てきました。住んでいるわけではなく半年に一度なので、コマ落とし映画のようにその変化を肌で感じ取ることができました。

近江町市場

いわゆる「おみちょ」なんですが、私が最初に訪れたときは、夕方などは確かに地元の方々が多く買い物をしており、売っているものもそれなりに食卓価格のものが多かった気がします。もちろん、観光客向けに蟹とかも売っていたわけですが、観光客向けが大半ということはなかったように思います。

それが今はどうか。とにかく観光客ばかり。売っているものも一部の店を除けば、蟹などの観光客向けの海産物をイチオシにするようになり、地元の方は平日夕方遅くなってお見掛けする程度になってしまいました。どうも庶民の台所から離れつつあると感じます。特に観光シーズンなんか九割以上観光客ですから。

ホテル激増

これはここ数年ですが、本当にホテルが増えました。今まで観光客とはあまり縁のなかった金沢駅西口のほうにもホテルが続々。大きなホテルがなかった武蔵ケ辻のあたりには今まであったビルがなくなりホテルが建設されていたり…。

以前はホテルにはほとんど縁がなかった上堤町や下堤町、つまり百万石通りあたり、バス停でいえば武蔵ヶ辻・近江町~南町~香林坊のあたりもホテルが続々オープンしています。2020年までに相当な室数(1000を大きく超える2000室近いと聞きました)が供給予定とか。

今まで、首都圏に入ったインバウンド観光客は、事実上は空路しかなかったわけですが、それが北陸新幹線によりぐっと身近になった(身近にはなりましたが、運賃だけで言えば空路のほうが安いことも多々あります)ので、呼び込みやすくなったというのもあるでしょう。オリンピックを当て込んでの投資というのあるのでしょうねぇ。

とにかく観光客が増えた

2008年から新幹線開業まではそんなに観光客多いとは感じませんでしたが、今は、それはもう凄く多いです。観光客でにぎわうのはありがたいことですが、一方でのんびりしたころの金沢は昔の物語になってしまいつつあります。

それでも季節的には、ゴールデンウィークを過ぎてから梅雨入りまでが街が静かになるときです。紅葉はありませんし、魚が一番おいしい冬場ではないですが、それでも日本海の幸は抜群ですし、観光客も相対的に減るのでゆったり過ごせます。

おすすめ回転寿司とおすすめポイント

金沢へ行くと、一度は「海鮮丼」を召し上がるではないでしょうか?私も最初のころは2度ほどいただきました。確かにおいしいです。同じ価格なら中身は東京よりはるかにいいし、中身が同程度なら価格は安い。とはいえ、はっきりいって海鮮丼はお高いです。食べているのはほぼほぼ観光客か、観光客のリクエストで案内している地元の方。

地元の方をお話をしても、海鮮丼は高いし上の具材もいまいちなので…という話でした。

では寿司系はどこで食べるの?まあ、筆頭は回転寿司でしょう。首都圏の回転寿司とは全くレベルが違います。回るレーンはあっても寿司はほとんど乗って回っていません。普通のカウンター寿司のように声をかけたりして握ってもらうことが多いですね。これ、札幌も同じでしょう。

それも金沢駅やその近くの観光客狙いの店ではなく(それでも十分おいしいのですが)、駅から武蔵ヶ辻・香林坊・広阪・橋場町に囲まれた観光ゾーンからは、ちょっと不便な場所、しかしバイパスなどの道路に近い場所です。

金沢まいもん寿司とか、すし食いねぇ、とかですかね。私が近年行くのは県庁前のすし食いねぇです。金沢駅西口から県庁前まで北鉄バスで行きますが、1日乗り放題パスの圏外なので普通に現金で支払うか、私は北鉄のプリペイドカードICa(あいか)を持っていますでそれでタッチ!

すし食いねぇ県庁前は土日にいくと、かなり混んでいます。観光客はほとんどおらず地元の家族連れなどがほとんどです。ここがいいのは、食事のあと、となりの県庁ビルの展望台に行って眺めを堪能できること。

19階建ての行政庁舎は高層建築が少ない金沢市内で数少ない高層建築で、最上階のい19階は無料展望台になっています。それも多くの無料展望台のように一部分だけが解放されているのではなく、四方全部が解放されているという大盤振る舞い。本当に金沢市内が一望できます。ここを訪れる観光客は非常に少ないと思いますが、となりのすし食いねぇとともにおすすめです。土日はすし食いねぇが混むので、お昼ランチタイムを過ぎた平日午後早々がおすすめです。

通りを挟んだ石川県立中央病院もきれいになり、屋上にはヘリポートもできたりして、県南部の医療の中枢であることをうかがわせます。

と、こんな風に、観光地を外せば見どころは沢山あります。

季節のいい時だけ来て何をほざいているのだこの馬鹿は!とか言われそうですが、いつも高々2泊なのでご勘弁くださいな。

一度は、観光を外れた金沢を味わっていただきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: 共同風呂5旅行