味の素KKのスチーミーで作る簡単チャーシュー麺

味の素KKのスチーミーで作る簡単チャーシュー麺

時々テレビで見る味の素KKの「スチーミー」 豚チャーシュー。これを使ってチャーシュー麺をスープから手作りで作ってみました。調理などは本当に簡単なのですが、途中味付け卵も作るのでちょっと日数がかかります。

「スチーミー」 豚チャーシューとは

焼豚と勘違いする人がたまにいらっしゃいますが、ここでいうチャーシューはラーメンに乗せる煮豚です。

作るのは簡単そうで面倒くさい。

この動画は福井県鯖江市にある「らーめん丸木屋」さんの手によるもので、視聴回数170万回超えという大人気動画です。

簡単そうですが、本気でやるには決心が必要です。

それを簡単にレンチンで作れるようにしたのが味の素KK「スチーミー」豚チャーシューです。

「スチームー」からチャーシュー麺まで

以下の簡単レシピで3人前程作れます。

チャーシューを作る

オフィシャル動画がありますので、そちらにお任せします。

というか、実際この通りにするだけです。

出来上がるとスチーミーの袋にはたっぷりの汁が残りますので、それを使用します。

決してこの汁を捨ててはいけません。

味付け玉子を作る

せっかくのチャーシューを似た汁なので、これで味付け卵を作ります。

汁がちょっと少なめですので、醤油と味醂を追加します。

用意するのは固茹で卵。5個位までは作れます。

1. 鍋に醤油と味醂で量を増やしたスチーミーの汁を入れて、固茹で卵を入れて数分煮ます。
2. そのまま冷えるまで自然に冷まします。
3. 完全に冷めたらジップロックに汁ごと卵を入れて密封し冷蔵庫に入れて2日くらい味を染み込ませます。
4. ジップロックから卵を取り出します。

これで出来上がり。

残った汁は決して捨ててはいけません。

ラーメンスープを作る

味付け卵を作った残り汁をラーメンの醤油ダレに加工します。

1. 鍋にさきの残り汁を入れて醤油と若干の砂糖でラーメンタレとしての味を整えます。
3. 100均とかでも売っている顆粒状の鶏ガラスープをつかって一人あたり350ml、合計でおよそ1,000ml(カップ5杯)を目安にガラスープを作ります。
4. 2.のタレと3.のスープをあわせて、必要に応じ更に味を整えます。

ラーメン完成

あとは市販のラーメンの生麺を茹でて、丼に前述のスープを注ぎ、茹でた麺を入れてチャーシューと味付け卵をのせ、好みでネギなどをのせます。

こうしてできたのがこの写真。

実に簡単で手間は全くかかりませんが、味はかなりのものです。

煮豚(チャーシュー)のタレって実に良いラーメンのタレになります。

そこいらのラーメン屋にもまさるともおとりません。

おためしあれ。

まとめ

味の素KKの「スチーミー」豚チャーシュー用は実に簡単にチャーシューが作れる。

チャーシューを作った残り汁で味付け卵が作れる。

味付け卵を作った残り汁をラーメンスープのタレにできる。

これらを使うと、あまり手間をかけていないけどとても美味しいラーメンができる。

カテゴリの最新記事