Googleが使えるHUAWEIのほぼ最後のハイエンドモデル Mate 20 Proの後継を探す!

Googleが使えるHUAWEIのほぼ最後のハイエンドモデル Mate 20 Proの後継を探す!

筆者愛用のHUAWEI Mate 20 Proは、現時点でGoogle Mobile Servicesが利用できるほぼ最後のハイエンドスマートフォンです。暗雲漂うHUAWEIスマホにこれ以上頼れないので、後継機を探してみます。

後継機候補は?

これに関しては最近記事にしています。

この記事ではXperia 5 (J9260) SIMフリーで決まり!と結論づけています。

 

本当?

スペック比較

 Mate 20 ProXperia 5 SIMフリー
CPUKrin 980
(antutu 約36万)
2×2.6 GHz + 2×1.92 GHz + 4×1.8 GHz
Snapdragon 855
(antutu 約42万)
2.84GHz×8
RAM/ROM6GB/128GB6GB/128GB
ディスプレイ6.39インチ
3120 x 1440ドット
6.1インチ
2520 x 1080ドット
カメラ80mm(望遠):800万画素/F2.4
27mm(広角):4000万画素/F.8
16mm(超広角):2000万画素/F2.2
52mm(望遠):1220万画素/F2.4
26mm(標準):1220万画素/F1.6
16mm(超広角):1220万画素/F2.4
防水/防塵防水(IPX8)、防塵(IP6X)相当防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
FelicaX
バッテリー4200mAh
85h (GSMARENA)
TALK 28:43
VIDEOS 15:22
WEB 13:57
3140mAh
96h (GSMARENA)
TALK 28:14
VIDEOS 16:28
WEB 11:40
大きさ72.3mm x 157.8mm x 8.6mm68㎜×158㎜×8.2㎜
重量189g164g
LTEバンドBand 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 12, 17, 18, 19, 20, 26, 28, 32, 34Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66

Xperia 5 SIMフリー (J9260) はキャリア版に比べてメモリやバッテリーが強化されていますが、約1000mAhの違いはそこそこ大きいと考えられるのですが、CPUの違いとバッテリーマネジメントの違いでしょうか、容量の差ほどはGSMARENAのテスト結果差がありません。

画面解像度・サイズともにXperia 5はMate 20 Proより小さいので消費電力でも有利なのでしょう。

大きさはXperia 5が微妙に薄く、幅も5mmほどXperia 5のほうが小さいので持ちやすいのですね。

カメラについては、Mate 20 Proのそれはけっこう優秀です。特にマクロはすごいのですが、望遠と広角の解像度差はなんなの?って感じです。

スマホのカメラ評価サイトのDXOMARKによれば、Xperia 5のスコアは95、Mate 20 Proのスコアは112なので、DXOMARKはMate 20 Proをより良いと評価しています。

結論

実際のところ、使い比べないとわかりませんが、カメラはDXOMARKの評価のみならず概ねMate 20 Proのほうが高いようです。

画面の縦横比についてはより広いMate 20 Proが有利なことは間違いないようです。

バッテリーは容量ほどにテスト結果には差がない。

なんといってもChina Riskがないのは非常に安心度が高い

調べた限りにおいては、Xperia 5 SIMフリーモデルは、Mate 20 Proの代わりになりうる

モバイルカテゴリの最新記事