現地レポート:需要蒸発した成田空港はゴースト空港になっていた!

現地レポート:需要蒸発した成田空港はゴースト空港になっていた!

先日、久しぶりに成田空港近くの航空科学博物館に行ってきました。その経路で成田空港第1ターミナル、第2ターミナルに立ち寄りました。行って驚いのは本当に人がいない、店もあらかた閉まっている。この状態は「無茶苦茶やばい!」と感じました。現地の様子を写真をベースに紹介しましょう。

第2ターミナル

行った順序ですが、まずは第2ターミナル(JAL側)。

 

第2ターミナル1階の到着ゲートBです。

Youは何しに日本へ」でスタッフが待ち構えているところですね。

このあたりは通常でもそんなに人でごったがえすわけではなく、飛行機が到着してから入国審査・バゲッジクレーム・税関を経てここから出てきますので、到着の谷間だと人は少ないのです。

しかし、出迎えの人などはそこそこ居るのが常ですが、だれもいません。

見事に誰もいません。
写真に写っている女性は空港で働く従業員さんのようです。

こちらは到着ゲートAですが、当然のことながらこちらもほとんど人はいません。

警備で二人一組で巡回する警察官だけが目立ちまして、この二人の警察官とはターミナル内で何度か鉢合わせしました(笑)。
家族と一緒なのでいいですが、一人だと怪しいおっさんに思われたかも(苦笑)。

これは3階の出発ロビー。

いつもならチェックイン待ちの列がどこかにできているのですが、全くその気配はなし。

マレーシア航空のクアラルンプール行きの便へのチェックインで、マレーシアの方と外見から推定できる方々が列を作っていました。多分、帰国される人ですね。

4階のレストラン・ショップゾーンもほとんどが閉店状態です。

第2ターミナルで営業しているのは、この写真の9店舗だけ。

マジか?

出発便のサインも欠航を示す赤文字がずらり。

閑古鳥の鳴く成田空港ですが、2階の成田アニメデッキのRX-78ガンダムはメゲずに元気に頑張っています。

第1ターミナル

第2ターミナルがこの状態なので第1ターミナルが元気のわけがありません。

出発ロビーにはほとんど人がいません。

海外行きチェックインカウンターで列ができているのは母国に帰る人たち。

たまに、スーツケースを転がすカップルを見かけるのですが、まさかレジャーじゃないですよね。
海外のお住まいに戻られるのでしょうか。

筆者あこがれのZターミナルも現在はクローズ。

展望デッキに出てみました。

普段なら燃料のにおいとエンジンの騒音が満ちていた場所ですが、今はシーンとして燃料のにおいもしません。

まるで、高原のようにさわやかです。

中央ビル4階のレストラン・ショッピングゾーンも第2ターミナル同様一部の飲食店とコンビニなどを除けば全部閉店状態です。

普段ですと、飛行機に乗らなくても空港のショッピングゾーンって楽しいものですが、その楽しみは全くありません。

いつもなら人が沢山あつまっているマクドナルド付近もこの状態。

ソーシャル・ディスタンス以前の話で、そもそも人がいないので密になりようがない。

感想とまとめ

国内線はコロナ前には程遠いとはいえGo Toキャンペーン効果で盛り返しているようですが、どこの国もコロナ鎖国状態にあるので成田空港は閑散としたゴースト空港のようでした。

この閑散とした光景はニュースバリューがないのかほとんど報道されませんが、実際に自分の目で見て、これは無茶苦茶やばい!本気で航空会社や関連業界は超絶ヤバい!
需要蒸発で一年持たないでばたばた逝く旅行関係の会社や航空会社は多いのじゃないかと恐怖を感じました。

空港のレストラン・ショップの非正規雇用も蒸発しています。
半年以上もこの状態なんです。

普通に考えれば会社倒産です。

この状態を目の当たりにして、やはり来年のオリンピックは感染拡大に最大限の注意払って、何が何でも開催しないと本気で日本はだめになると思いました。マジです。

空港は乗らなくても遊びに行くだけで楽しいところですが、今の成田にはその楽しさはありません。

しかし、現状のコロナ禍による経済危機を肌で感じるにはもってこいです。

もし航空科学博物館に行く時があれば是非空港にも立ち寄って現状を自分の目で見てください。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事