iPhone 12 miniが出る今だからこそiPhone SE (2020) の存在が光る!

iPhone 12 miniが出る今だからこそiPhone SE (2020) の存在が光る!

iPhone 12が市場投入されiPhone 12 miniもまもなく発売となり、iPhone SE (2020) の存在が霞んできているように思えますが、実はそんなことはありません。

iPhone SE (2020)とiPhone 12 mini

iPhone SE (2020)をこき下ろす人が多く引き合いに出すのはiPhone 12 miniだと思います。

スペック・ベンチマーク比較

以前の記事でも少し触れましたが、ここであらためてiPhone SE (2020) とiPhone 12 miniを比べてみます。
GeekbenchスコアはGeekbench 5オフィシャルサイトからのデータです。

SE(2020) 12 mini
サイズ(mm) 138.4 x 67.3 x 7.3 131.5 x 64.2 x 7.4
重さ(g) 148 133
画面サイズ 4.7インチ 5.4インチ
解像度 1,334 x 750
326ppi
2,340 x 1,080
476ppi
CPU A13 Bionic A14 Bionic
メモリ 3GB 4GB
ストレージ 64/128/256GB
カメラ 12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
デュアル12MPカメラシステム
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り
5G対応 X
バッテリー 1,821mAh 2,227mAh
(122%増加)
バッテリー駆動
(Webブラウズ)
GSMArenaによる
13:39(h) データ無し
Face ID X
Touch ID X
USB TYPE-C X X
Lightning
発売日 2020年4月 2020年11月13日予定
antutu (Ver8) 約46万
<GARUMAX>
約56万
<GARUMAX>
Geekbench5
Signle
1328 (iPhone 12は1592)
Geekbench5
Multi
3312 (iPhone 12は4016)
Geekbench5
Metal
7389 (iPhone 12は9342)
SIMフリーモデル
64GB 税込み価格
49,280円 82,280円
(167%高い)
SIMフリーモデル
128GB 税込み価格
54,780円 87,780円
(160%高い)
SIMフリーモデル
256GB 税込み価格
66,880円 99,880円
(149%高い)

比較考察

いかがでしょうか。

黄色い部分が影響が特に大きいであろうと思われる部分です。

iPhone 12 miniのバッテリーは122%増しですが、その分プロセッサ性能が上がっており、画面解像度も高くなっています。
画面解像度は美しさに影響を与えますが、一方で高解像度になるとバッテリー消費もあがります。
GSMArenaにもまだテスト結果は出ていませんが、それらの要素を考えるとiPhone 12 miniのバッテリー駆動はiPhone SE (2020)を大きく上回るはずはないであろうと推測できます。

日本ではApple iPhoneのシェアが世界的にみてもトップレベルで高いです。
とはいえ米英もiPhoneは5割を超えていますね。

世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2020年5月】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000034654.html

iPhoneは高価なスマホの代名詞ですらありますが、日米英はお金持ちユーザーが多いのでしょうか?

それにしてもiPhone新機種は10万前後かそれ以上してとても手が届かない人も多いと思います。

実際問題、スマホに10万以上出す価値があるか?というところもあります。

iPhone 12 miniとiPhone SE (2020)でいえば、一番大きな違いは画面解像度(もちろんディスプレイそのものも違う)です。
画面解像度の違いに5割から7割高い価格を支払う価値を認めるかどうかです。

好きでiPhone 12を求める人はどうでもよいのですが、iPhone SE (2020) かiPhone 12 miniで迷っているなら、その迷っている理由を自問してみてください。

理由はないけど新しいほうが良さそう → そのために数万円をドブに捨てますか?
貴方マスクはしないの? → 当面はマスク必須なのでFace IDのみのiPhoine 12は超不便です。

5G対応は現時点では99.9%不要!

メディアやCMでは5G対応が話題になっています。

しかし、現実に5Gを使うにはMVNOではなくキャリアとの契約が必要ですし、その5Gのサービスエリアも米粒状態です。

SoftBankが一番広いようですが、それにしても「エリア」ではなく「スポット」ですね。

5G通信が活かせるようになるのは、2年後くらいではないか?
おそらくiPhone 14の時代になると、都心では相当いけるようになる「かも」しれない。
それまでは5G対応は無条件に不要である。

はっきりいいますが、メディアやメーカーの甘い誘惑に載せられて5Gを買って5G契約しても、全然それはいかせることなく、通勤電車の中も5Gなんてのはありえないでしょう。

5G対応を目的に高い金を払うとしたら、今は無駄だからおやめない!というのが筆者の意見。

まとめ

iPhone 12 miniはiPhone SE (2020) の引き立て役として出たような感じ。

一見進歩ばかりだが実用面での進歩はあまりない。

5Gはまだまだスポットレベルでエリアですらないので、2年くらいはLTEで十分。

ちょっと進歩に見えるだけのことにiPhone 12 miniに+数万円を余分に支払うのか?

マスクの時代である間はTouch IDのiPhone SE (2020) のほうが絶対使いやすい。

モバイルカテゴリの最新記事