[金沢旅行情報-第5回] 無人フロントの「変なホテル金沢香林坊」を紹介

[金沢旅行情報-第5回] 無人フロントの「変なホテル金沢香林坊」を紹介

北陸新幹線開通前後から金沢市内はホテルラッシュが続いています。そんな中でひときわ変わったホテルが無人フロントの「変なホテル金沢香林坊」です。恐竜さんがフロント番をしているこのホテルに宿泊しましたので紹介しましょう。

スポンサーリンク

変なホテルとは

H.I.S.が展開しているホテルチェーンの一つです。

2015年のハウステンボスが「変なホテル ハウステンボス」が1号店となります。

人件費削減のために、通常人間が行う仕事のかなりの部分をロボットにやらせているのが特徴で、ロボットはホテルにより異なります。

スポンサーリンク

変なホテル金沢香林坊

アクセス

2019年12月に香林坊に開業したホテルです。

金沢駅から北鉄バスで香林坊下車して所要時間10分程度、料金は200円です。

外観はこんな感じです。

チェックイン

ホテルに入るとすぐフロントですが、他の客がいなければ完全に無人です。

ここでは恐竜さん2頭がフロント番です。
センサーにより人が近づくと動いて喋り始めます(日本語・英語・中国語・韓国語)。

チェックインは15時からです。15時より前であれば恐竜さんはお昼寝中となりタッチパネルも停止されていて何もできません。

チェックイン前・後に荷物を預かって欲しい場合は、フロント右端にある黒・銀色ツートンカラーの受話器をとりあげると、オフィオスに通じますので荷物を預かって欲しい旨を告げればOKです。別に恐竜さんが荷物を預かってくれるわけではありません。

チェックインは名前をタッチで入れる、QRコードを読ませる、音声認識の3通りですが、筆者は名前をタッチで入れる方法を選択。

名前を入れた後は、チェックイン・アウトと部屋タイプを確認します。

連絡先の電話番号(携帯がベターでしょう)、住所などをいれます。

最後に手書き?で署名して終わりです。

カードキーに続いて、領収書と朝食付きプランの場合は朝食クーポンが出てきますので取り忘れないように。

顔を上げると恐竜さんが見守ってくれています。

タッチパネルなどを触ったあとは、ホテル入口のアルコールで手指消毒をお忘れなく。

スポンサーリンク

部屋紹介

宿泊したのは17平米のスタンダードダブルです。

通路一本で両側に部屋があり、通路中央に2台のエレベータがあるシンプルな構造です。

クロゼットにはハンガーが4本。うち2本はスカート用のクリップがついています。

最近はどこのホテルにもある衣類の消臭除菌スプレー。

スリッパは使い捨てのものが区別がつくように2色用意されています。

空気清浄・加湿器も用意されています。

アメニティは一通りです。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ、ひげそり、歯ブラシ、ヘアーブラシ、綿棒、ターバン、ウォッシュタオル。

ハンドソープはPOLAのものです。

バスタブは普通サイズでしょうか。

湯を貯めるほうはメモリがあって、指定した吐出量になったときに止まるようになっています。
100では少し少ないので120ぐらいで適当かと思います。

室内にはテーブルやソファはなく作りつけの小さな机があります。

13インチまでのノートPCやタブレットならOKですが、それ以上のサイズのノートPCは厳しいかも。

microUSB、Lightning、USB TYPE-Cの三叉充電ケーブルがありますが、LightningはMFI認証品ではないため最新iOSではこのアクセサリは使えないとメッセージがでて充電すらできません。USB TYPE-Cは低充電容量でありPD対応などではないため、スマホ充電には恐ろしく時間がかかりそうなので、自分で普段つかっている充電器を持参することを強く推奨します。

ベッドはダブルサイズですが大きめで、非常に寝心地が良いです。

ベッド以外のスペースが非常に少なく荷物を広げるスペースがかなり厳しいです。
また、ホテルにはよくある折りたたみ式の荷物台もありません。
ベッド脇ににはコンセントがありますが、スマホや眼鏡を置くテーブルが皆無なので非常に困ります。

一人滞在でスタンダードダブルは問題ないと思いますが、この広さで二人はきついかもしれません。
二人でちょっとお茶でも飲みながら話をするテーブルすらありませんし、荷物スペースもありません

電子式金庫、湯沸かしポットは備え付けですが、ズボンプレッサーなどはありません。

ミネラルウォーターはサービスで「飛騨の雫」というブランドでとても美味しい水です。

サービスのティーバッグは伊藤園のプレミアムというやつで、ほうじ茶と緑茶です。

コップは紙製でグラスではありません(洗う手間と衛生上の問題でしょう)

写真はありませんが金庫の下側は冷蔵庫で中身は空になっています。

スポンサーリンク

朝食

コロナ以降、プレート盛り合わせの朝食ですが、2泊してもメニューは同じ。

はっきり言って美味しくないです。

これなら朝食無しにして、近所にローソンがあるのでそこへ買いに行ったほうがよいかもしれないです。

仕方ないことですが、どれもこれも冷めて冷たく味そのものがあまり美味しくない。

たまたまかもしれませんが、7時過ぎの朝食会場はガラガラでした。

飲み物は、ミルク、オレンジジュース、ほうじ茶(冷)、コーヒー(冷)、水。初日はホットコーヒーがなかったのでローソンに買いに行きましたが、二日目はホットコーヒーも用意されていました。

スポンサーリンク

感想(まとめ)

コロナ禍のおり、無人チェックアウトは気分的に安心できるが、タッチパネルに触るので事後手指消毒をお忘れなく。

スタンダードダブルは17平米でベッドはとても寝心地が良いが、荷物台もなく余分なスペースもほとんどないので二人利用は厳しい気がする。

朝食ははっきり言って美味しくないので、朝食なしにして近くのローソンになにか買いに行くほうがマシかも知れない。

新しいホテルで清潔であり無人チェックイン・チェックアウトはコロナ視点ではとてもありがたい。価格も安くコスパは抜群。朝食なしプランをおすすめ。

スポンサーリンク

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事