USB TYPE-C 2ポート対応のレアなPD/PPS対応充電器

USB TYPE-C 2ポート対応のレアなPD/PPS対応充電器

ほとんどの2ポートUSB受電機はUSB TYPE-AとTYPE-Cの組み合わせです。しかし気づくと筆者の持ち物はスマホ本体を中心にPD対応のものが増えてきました。そこでTYPE-AとTYPE-Cの組み合わせではなくTYPE-C * 2ポートの充電器が欲しくなります。ですが、これが意外にもレア。ようやく探し当てたのがUGREENのものです。

概要

メーカー UGREEN
製造元リファレンス 70866JP
サイズ 約60 x 60 x 32 ± 0.3mm
重さ 157g
入力 100-240V~50/60Hz 1.8A Max (ACプラグは折りたたみ)
USBポート TYPE-C 2ポート
USB TYPE-C単独利用 PD:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V3.3A、65W Max (3A以上は5A対応のeMarker内蔵ケーブルが必要)
PPS:3.3-21V/3A
USB TYPE-C 2ポート利用 20W
・PD:5V/3A、9V/2.22A、12V/1.67A
・PPS: 3.3-5.9V/3A、3.3-11V/1.8A
45W
・PD:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V2.25A
・PPS:3.3-21V/2.1A
2ポートのどちらかが20Wで他方が45Wとは決まっていません。
プロトコル PD:3.0/2.0
QC:4.0+/4.0/3.0/2.0
PPS
AFC
FCP
SCP
SFCP,:5V2.4A

ほぼなんでもありの万能選手です。

単独65WですのでたいていのモバイルノートはOKですし、2ポート同時利用でも45W+20WですのでMacBook Air M1とタブレットやスマホあるいはモバイルバッテリー充電の同時利用おOKです。

PPS対応ですのでGalaxy S21 Ultra 5Gの超急速充電にも対応します。

2ポート使用時は合計で65W、1ポートは最大45W(ということは残りは20W)の給電となります。

1ポート使用中にもう1ポートに機器を接続すると、電力の再配分のために最初から接続していたほうも一時的に給電が停止することがあります。



写真で見る

入っているのは簡単な説明書と本体のみです。

掌に乗せるとこんな感じ(ACプラグは折りたたみ可能)

PSEマークがあります(当然)。

ちょっと写真がボケてすみません。

どちらかのポートが大出力用ということはないです。

ELECOM EC-YAC02(65W A/C2ポート)との比較

ELECOM EC-YAC02(65W A/C2ポート)と大きさ比較です。

厚みはほぼ同じ。

大きさはかなり違います。

重さはUGREENが157gに対し、ELECOMは110gであり、手にとった瞬間にかなり重さの違いを感じます。

メリットとディメリット

なんといっても2ポート合わせて65W、両ポートともPD/PPS対応というのはいいです。

ほとんど給電対象を選ばない感じです。

ただしスマートウォッチのような小容量・小電力の機器を充電するのはちょっと困ります

そのためにTYPE-Aの小型充電器を持つか、モバイルバッテリーのTYPE-A出力を使うか。
それこそ使っていないiPhoneの5V 1Aの5Wアダプタでもいいでしょう。

まとめ

UGREENのTYPE-C PD 2ポート充電器は1ポートでは最大66W、2ポートでは合計65W(1ポート最大45W)までで両ポートともPPS対応に対応しているというほぼ万能選手。

たいていのモバイルノートに給電はOKなスペック。MacBook Air M1なら同時にスマホやタブレット・大容量モバイルバッテリーの充電も可能である。

スマートウォッチなど小容量の充電には困るので、それらにはモバイルバッテリーのTYPE-Aを使うか使っていない5V1Aの充電器を使うことになる。

 

デジタルガジェットカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!