Apple iPhone 14にがっかりしたので見送り決定!

Apple iPhone 14にがっかりしたので見送り決定!

筆者が現在使っているiPhoneはiPhone 13 miniとiPhone 13 Pro Maxです。iPhone 14が発表されて買い替えるかどうかの判断ポイントは筆者の場合はただ1点のみでしたが、それが叶えられなかったのでiPhone 14には手を出しません。シカトです、シカト。

スポンサーリンク

iPhone 14に期待していたこと

巷ではUSB TYPE-Cを望む声が多かったようですが、Appleは今回も従来と変わらぬLightningを搭載してきました。

筆者がiPhone 14に期待していたのは、次のいずれか。

・USB TYPE-C搭載によりケーブル接続での外部へのデータ転送が高速化する
・現在USB2.0相当の速度しか出ないLIghtningを見直しUSB3相当の速度がでるようにする

しかしいずれもNOでした。

これを求める理由は、

・旅行や外出時などiPhone 13 Pro Maxで撮った写真を外部ポータブルSSDにバックアップする速度が現状はあまりにも遅すぎる
・PRO級動画撮影アプリのFiLMiC ProのHDMIクリーン出力で、現在は1080p限界なのが4K60pを流せるようになると外部録画できる

からです。

特に1番目は深刻で、旅行での普通の撮影はiPhone 13 Pro Maxを使う用ようなりました。夜、ホテルでポータブルSSDにバックアップをとるわけですが、これがもうどうにもこうにも超絶ウルトラスーパーハイパーものすごーく時間がかかる

Galaxy S21 Ultra 5GのときはUSB3.2だったので200ショットくらいあってもすぐに終わるのですが、iPhone 13 Pro Maxだと延々終わらない。

風呂に入る前にバックアップスタートして、風呂からでて休憩していてもまだやってるわけでありまして、こりゃ困ります。

Wifiだってそんなに速いわけではないのです。

現状のiPhoneの最大のネックは外部に大量データを吐き出す時にあまりにも時間がかかることです。

スポンサーリンク

ダメじゃんiPhone 14

LightningはUSB2.0速度のまま

期待してAppleのサイトを見たのですが、どこにもLightning高速化はありませんでした。

唯一、仕様の「ビデオ再生」に「Lightning – Digital AVアダプタおよびLightning – VGAアダプタ経由で最大1080p(アダプタは別売り)」とあるだけでこれまでのiPhoneと何も変わりません。

正直かなりガッカリしたと同時に、出費せずに済んだので安心しました。

iPhone 14miniがない

わかってはいたことですがやはりminiのサイズがないのは筆者としては非常に残念です。

現在iPhone 13 miniはジーンズ(ウェストが細いのでレディースのローライズを履苦ことが多い)の前ポケットにも入るのですが、6.1インチになるとちょっと入らなくなります。というかかなり飛び出て邪魔になる。

iPhone 13 miniはいつでも持っている電子マネーやQRコード決済の端末でもあり、Suicaも入れているのでいつでも持ち運べるサイズでないとこまります。

これはもうiPhone 13 miniはOS VerUP対象外になるまで使い続けろということでしょうか。

iPhone 14 Proウリの機能には興味なし

・メインカメラ48MP:いいですよね、でも筆者的には投資の価値を認めません。
・常時表示:時計じゃないから要りません、Apple Watchをタップや手首を返すのが難しい場合があるのとは違います。
・長寿命バッテリー:今のPro Maxでも相当持ちます。
・ウィジェット;今でもOK、Androidでもウィジェットはほとんど使わない。これはiOS16の機能だよね。
・晴天下の輝度向上:これはいいですね、でも晴天下で使うことは多くない。
・衝突事故検出:車を運転しません、まあありゃあるほうがいいでしょうけど、別に買い替えるほどのものでは全くない。

スポンサーリンク

まとめ

カメラの解像度があがり、動画性能もよくなるとしたら、ますます外部へのデータバックアップ・コピーが重要になります。AppleはiCloudを使えや!ということかもしれませんが、あまりも状況を無視しすぎではないでしょうか?今時USB2.0の速度、それでいて内部の写真データや動画データは大きいものばかり。

AppleはiPhone単体解決させようとしているのかしれませんが、筆者はその姿勢には個人的に反対なのでこういう感想になるのだと思います。逆にiPhoneだけで解決しようとすると、さらなる進化を遂げているのは間違いないとは思いますが、現実にはiPhone 12からは進化のカーブも頭打ちになっているのは否めません。

今、iPhone 12や13の方は画面サイズアップとか容量アップの必要がない限り今回は見送って、来年のiPhone 15のために貯金しておきましょう。

スポンサーリンク

モバイルカテゴリの最新記事