iPhone 13 Pro Maxの接写は楽しい

iPhone 13 Pro Maxの接写は楽しい

AppleがiPhone 13 Pro/Pro Maxで売りにしていたのが接写(マクロ)です。実際使ってみると標準カメラアプリでもかなり接写ができることがわかります。

スポンサーリンク

標準カメラアプリで接写に強い

[公式] Apple、Shot on iPhoneマクロ写真撮影チャレンジの受賞作品を発表

これを見ると、本当にiPhone 13 Pro/Pro Maxで撮ったのかと、我がiPhone 13 Pro Maxを繁々と眺めてしまうくらい素晴らしい作品です。

ぜひご覧になってください。

さすがにここまで撮れる腕がないのですが、結構身近なものでも接写ができます。

iPhone 13 Pro/Pro Maxは超広角カメラでワーキングディスタンス2cmということで接写ができます。

標準カメラアプリではカメラを指定しての切り替えができませんので、徐々に近寄るというよりは最初から接写の距離に近づいたほうが途中でいきなり画角が変わらずに済みます。

上の写真はカットパイン(iPhone 13 Pro Max標準カメラアプリ)。

こちらは我が家のメル君(シャムミックス)のおてて(前足)の肉球です(iPhone 13 Pro Max標準カメラアプリ)。

同じくメル君の髭袋(iPhone 13 Pro Max標準カメラアプリ)。

昼寝しているところを2cmまで寄りました。

スポンサーリンク

光を味方にする

接写する場合の最大の問題はiPhone 13 Pro/Pro Max自身が影となって被写体に被ってしまうことです。

さりとて、フラッシュとか使うのは論外で非常に不自然になります。

写真の基本は自然光を生かすことです。(スタジオでの人物撮影とかは別ですが)

被写体とiPhoneの間から光が当たるくらいがいい感じになると思います。

背後から光があたると間違いなくiPhoneの影が被写体に被ります。

スポンサーリンク

秋は接写の季節

秋は春についで花が多くなりますので、iPhone 13 Pro/Pro Maxを持って花を愛でに出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

モバイルカテゴリの最新記事