使って分かる!MagSafeバッテリーパックがiPhone 12 miniやiPhone 13 miniの良き相棒である訳

使って分かる!MagSafeバッテリーパックがiPhone 12 miniやiPhone 13 miniの良き相棒である訳

Apple MagSafeバッテリーパックをiPhone 13 miniの相棒として使い始めて8ヶ月経過しました。値段は高いですがiPhone 12 miniやiPhone 13 miniには実にぴったりの相棒でありもはや欠かせないものとなりました。お勧めの一品!

スポンサーリンク

勘違いが多いMagSafeバッテリーパックの容量

iPhone 13 miniのバッテリーは、8.9Wh(3.7V、2406mAh)です。

MagSafeバッテリーパックは11.3Wh(7.62V、1460mAhです。

このMagSafeバッテリーパックの1460mAhだけが一人歩きしてiPhone 13 miniの6割の容量しかない!という誤った解釈をしているサイトが後を絶ちません。Whで考えるとわかりますが、iPhone 13 miniより容量は大きいです。

7.62Vで11.3Whですので、3.7V換算すると3054mAh(3.7V)となります。単純計算では両方合わせて(MagSafeでくっつけて使うと)2406+3054=5460mAhとなりますが、MagSafeのワイヤレスチャージや変換損失がありますので、推定で実効6割程度とすると1832mAh。本体バッテリとあわせると4238mAh。

iPhone 13 miniとMagSafeバッテリーパックを合わせると約4000mAh程度の容量となります。

Appleによれば「iPhone 12 mini または iPhone 13 mini に MagSafe バッテリーパックを取り付けて追加充電すれば、最大 70 % 長持ちします」とありますので、当たらずと言えども遠からずの計算となります。

MagSafeバッテリーパックは20W以上の充電器を使うと15W出力のMagSafeチャージャーとして動作し、iPhone 12/13以降であれば給電なしの場合7.5W出力のワイヤレスモバイルバッテリーとして働きます。他社の充電器接続でも10Wや5Wしか出ないMagSafe風モバイルバッテリーとは訳が違います。

なによりiPhone 12 mini/iPone 13 miniにはMagSafeバッテリーパックがぴったりのサイズなのです。

難点は価格だけです。

スポンサーリンク

MagSafeバッテリーパックのうまい使い方

色々試しましたが、iPhoneのバッテリーが減ったらMagSafeバッテリーパックで充電するのは7.5Wとはいえ充電が遅いのであまりお勧めできません。有線でAnkerあたりのモバイルバッテリーで充電するほうが圧倒的に速いです。

一方長時間使うことが予期される場合は最初からiPhoneに貼り付けたまま使うと、Appleがいう通り駆動時間を7割くらいは伸ばすことができます。その場合、iPhoneのバッテリーを消費しながらMagSafeから充電されるような状況になるので、両方が少しずつ減って行く感じです。

MagSafeバッテリーパックをiPhoneに貼り付けているときは、どちらに充電器を繋いでも最終的位は両方自動的に充電されます(iPhone経由でMagSafeも充電される)が、使う優先順を考慮して、まずiPhone側にLightningを直接つないで充電し、終わってからLightnignをMagSafeバッテリーパックに繋ぎかえるのが一番早く充電完了します。

毎日の充電では普段はUSB充電器にMagSafeバッテリーパックを繋ぎっぱなしにしておけば、15WのMagSafe充電器として使えるので、ちょっとした隙間時間の載せておけばOKです。

普通のQiの充電器と違ってMagSafeでiPhoneとMagSafeバッテリーパックがしっかりと固定されるので、デスクの上に置いたのにものがぶつかってスマホがずり落ちて充電できていなかったという悲劇にはなり得ません。

このマグネットは結構強力なので(ケースは必ずMagSafe対応ケースを使うこと)、iPhone 13 miniに貼り付けたままポケットに入れても、ポケットの中でずれたりはずれたりすることはありません。

スポンサーリンク

MagSafeバッテリーパックをお勧めできる人

ズバリ、iPhone 13 miniあるいはiPhone 12 miniユーザーです。常時は充電器に繋ぎっぱなしにしてMagSafe充電器として使用し、持ち出すときはiPhoneに貼り付けたままLightningを外すという使い方がお勧めです。もちろん外出が長くないときはiPhoneだけでOK。

ProやPro Maxユーザーには勧めません。これらは元々バッテリー容量が大きいですし、重量もあるのでさらに余計なものを貼り付けて分厚く重くするのは使い勝手がわるくなるだけです。それよりはAnkerの10000~20000mAhのモバイルバッテリーを使うほうが幸せになれます。

スポンサーリンク

モバイルカテゴリの最新記事