一人旅では朝食無しプランのススメ

一人旅では朝食無しプランのススメ

旅行や出張で泊まるのはホテルで、多くの人は朝食付きプランで予約して朝はホテルで済ませると言うのが一般的でしょう。しかし一人旅でどこへ行くのも何を食べるのも自由なのであれば、わざわざワンパターンのホテル朝食を食べる必要がありません。

スポンサーリンク

ホテル朝食を選ばない理由

パートナーや友人との旅行であれば、あれこれ迷う余地のないホテル朝食はグッドチョイスだとおもいます。店を選ぶ時間や好みの調整も必要ありません。

朝食ビュッフェだと好みに応じてそれぞれ好きなものをいただけば良いのです。

しかしどこで何を食べるのも自由な一人旅で、わざわざワンパターンのホテル朝食を積極的に選ぶ理由はありません。

朝食付きプランにすると多くは 一泊あたり1,500円〜2,500円程度料金がかかります。それだけあれば街中で朝食2回か3回分食べられます。

どこのホテルに泊まっても似たようなメニューの朝食、毎日同じメニューでこの料金の価値があるのでしょうか?

そして三泊以上する場合は同じようなメニューで飽きてしまいます。昔、出張で海外のホテルに十日ほど滞在したときは毎日毎日同じメニューでさすがに飽きました。変化があるのは、ソーセージがベーコンになったり、スクランブルエッグがゆで卵やオムレツになったりするだけ。あとはパンもスープも毎日同じ。流石に参りました。

朝食なのでホテルの場所によってはそれこそドトールコーヒーのモーニングしかないようなケースがありますので、それならばホテルのほうがましかもしれないケースはあるかもしれません。しかしこの場合でも近くにコンビニがあれば、そこでパンやサラダ、コーヒーを買った方がマシだともいえます。

街中のホテルであれば、チェックイン時に地元で朝食がいただけるお店を聞けば必ず教えてくれます。「さあ、わかりません、ホテルの朝食をご利用ください、***円です」なんて答えをするようなホテルであれば次回から宿泊するのは絶対やめましょう。

この場合「この土地らしい朝食をいただける店」を教えてもらうと良いでしょう。「ありますよ、ドトールコーヒー」とか言われても….です。ドトールをけなしているわけではなく、モーニングAセットは時々美味しくいただいておりますが、その土地独自というわけではなくいわば安全牌です。

できれば地元の人が愛用する店とかが良いと思います。観光客向けの食事を提供する店と、長きにわたり地元に愛される店では、好みの問題を別にすればどう考えても後者のほうがリーズナブルで美味しいはずです。

スポンサーリンク

ホテル朝食を選んだほうが良い場合

・事前サーベイ(tabelogGoogle Mapsなどを利用したり、Google検索したり)でも、7時台・8時台に開いている飲食店やコンビニが皆無な場合。
・朝早くから行動する必要がある場合。
・ワンパターン朝食に1,500円も2,500円も支払うのが馬鹿馬鹿しい、それなら朝食抜きが良いと思う場合。

この場合でも、これから観光に出かけるので駅の方に向かうというのであれば、駅には何らかの朝食場所があることが多いです。多くは立ち食いそばかもしれませんし、蕎麦とは名ばかりの極細茶色うどんであることが多いですが、それも一興。

複数泊宿泊で朝食無しにした場合でも1日だけは朝食をホテルで取りたい場合は、チェックイン時に申し出て料金を支払い朝食券を受け取るとよいでしょう。当日朝だと割高だったり断られる場合もありますが、チェックイン時であれば断られることは稀で、当日朝申し出るよりは割安のことも多いです。レストラン直接ではなくフロント対応が多くのホテルでは基本だと思います。朝レストランにいっても断られる場合がありますので、必ずチェックイン時にフロントで。

朝食無しで予約したけど行ってみたら食べられそうな店もコンビニもない場合もチェックイン時に朝食ありに変更してもらい追加料金を支払いましょう。朝食付きプランよりは割高になるのはやむをえません。断られることはないはずです。

周囲に朝ごはんを食べるところが皆無(ドトールもないとか)でコンビニもない場合は、朝食無しの素泊まりプランとか用意していない可能性もあります。

スポンサーリンク

まとめ

家族やカップルならば朝食付きプランを絶対にお薦めします。行ってみたら朝食を食べられるお店がなくて、家族やカップルで喧嘩になるなんてことを防げます。

一人旅なら掛けましょう、リスクをとって地元朝食を取れる楽しみを得ましょう。最悪駅での立ち食い蕎麦になってもそれはそれで一興です。一人旅ならではの楽しみなのです。

スポンサーリンク

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事