玄関ドアが自然には閉まらなくなった時、オイルや潤滑剤は絶対につかってはいけません!

玄関ドアが自然には閉まらなくなった時、オイルや潤滑剤は絶対につかってはいけません!

玄関ドアがいつのまにか自然にきっちりと閉まらず少し開いた状態になってしまっている。ドアノブを回すかグイと引っ張る(あるいは押し込む)ことでやっと閉まるような状況になったことはありませんか?原因はラッチボルトと呼ばれる仮締めカンヌキがスムーズに動かなくなったことによります。こんな時絶対にやってはいけないのがオイルや潤滑剤を使うこと。


ドアが少し開いたままになる

冒頭のとおり「ラッチボルト」とよばれる仮締めボルト(カンヌキ)の動きが滑らかではなくなったことが多いのですが、長年の使用により内部のスプリングが痛んだり折れたりしたことによる場合もあります。

ラッチボルトは上から見ると三角形のベロ(カンヌキ)が出ていて、指で押すとひっこみ離すと出てくるものです。

上の写真は室内ドアのラッチボルトですが、玄関ドアにも同じものがあり鍵を締めると出てくる四角いデッドボルトとは違います。

指で押すとひっこみ離すと出てくる状態であれば内部のスプリングが折れているのではなく、潤滑剤がなくなってきたかゴミがが待ってラッチボルトがスムーズに行かなくなっているのが原因です。

スプリングが折れている場合は、錠前の業者さんに修理を依頼するしかありません。賃貸マンションであれば管理人さんか管理会社へ修理を依頼します。分譲マンションであれば管理人さんか管理事務所に業者への対応を依頼します。マンションの玄関ドアの所有はやや複雑で内側は専有部、外側は共有分になっています。シリンダー錠は専有部になっていることが多いのですが、管理規約を確認する必要があります。共有部であっても修理費用は区分所有者負担ということが多いのでそのあたりも要確認。

ラッチボルトが動きにくくなっているだけであれば簡単に対処できます。

<絶対にやってはいけないこと>
・オイルや市販の潤滑剤(KURE 5-56など)を使用すること。

これはその瞬間はスムーズになりますが、オイルなどが埃を吸い寄せてかえって目詰まりしてラッチボルトが動きにくくなってしまいますので絶対に使ってはいけません。



【広告】

ゴミ掃除をする

まずやってみるのは、ゴミ掃除です。ラッチボルトの周囲にゴミがたくさんついていませんでしょうか?

それらを綿棒などで拭い取ってみます。ラッチボルトは結構自由に動くのでいろいろ動かしてみてゴミをとります。

どうです?動くようになりましたか?

鍵専用潤滑剤を使う

鍵の抜き差しが固くなっても絶対にオイルや市販の一般用潤滑剤を使ってはいけなないというのを聞いたことがありませんか?

前述の理由で鍵穴内部にゴミがこびりついてしまい、専門業者が鍵内部洗浄するか最悪は鍵交換になる可能性がありますので、絶対にやってはいけません。鍵の抜き差しが固くなった時は、自分で対処せず管理人さん経由で業者に対応してもらいましょう。戸建て住宅であれば専門業者を呼んでください。

ラッチボルトで見えるゴミをとってもダメな場合は、ラッチボルトの潤滑剤が切れて滑りが悪くなっている可能性があります。

お手入れは簡単。


ここではシリコンスプレーを使っています。

我が家のドアも自然には閉じなくなってしまいましたので、美和ロック(MIWA) 純正 鍵穴専用潤滑剤 スプレー 3069Sを購入しました。これは鍵穴専用の潤滑スプレーです。このタイプはパウダースプレーですのでオイルのようにゴミを吸着する心配がありません。

このように非常に小さなスプレーです。たくさん使うものではないので十分なサイズ。

これを使って上記の動画のようにお手入れします。

周囲の余分な潤滑剤を拭き取る前なので白く汚れていますが、ベトベトではなく微粉末のサラサラです。

これで無事自然にドアがしまるようになりました。


本記事で紹介した商品
スポンサーリンク【Amazon】

美和ロック(MIWA) 純正 鍵穴専用潤滑剤 スプレー 3069S プロ仕様 12ml


【広告】

住まいと日常カテゴリの最新記事