無印iPhone 15を買うならば、+2万5千円でiPhone 14 Proを選ぶほうが長く使える

無印iPhone 15を買うならば、+2万5千円でiPhone 14 Proを選ぶほうが長く使える
記事内に広告が含まれています。

iPhone 14シリーズから無印とPlus、ProとPro Maxでは使用されるCPUの世代が異なるようになりました。CPUだけみればiPhone 14無印/PlusはiPhone 13と同じ、iPhone 15無印/Plusは、iPhone 14 Pro/Pro Maxと同じものが使われています。iPhone 15無印を買うなら+2万5千円でずっと高機能なiPhone 14 Proを勧めたいところです。


スペックはiPhone 15 iPhone 14 Pro

iPhone 15、iPhone 14 Pro、そして参考のためにiPhone 15 Proの違いが大きな部分のスペックを切り出してみました。

主要な仕様の差iPhone 15iPhone 14 ProiPhone 15 Pro
Apple公式サイトiPhone 15なしiPhone 15 Pro
CPUA16 BionicA16 BionicA17 Pro
ディスプレイの違いSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ

ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ

最大120Hzのリフレッシュレート

Super Retina XDRディスプレイ

ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ

最大120Hzのリフレッシュレート

側面素材アルミニウムステンレススチールチタニウム
背面ガラステクスチャードマットガラスカラーインフューズドガラステクスチャードマットガラス
メインカメラ48MP, f/1.6, 26mm48MP, f/1.78, 24mm, 1/1.28”48MP, f/1.78, 24mm, 1/1.28”
光学手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
LiDARスキャナXありあり
手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
超広角12MP, f/2.4, 13mm12MP, f/2.2, 13mm, 1/2.55”12MP, f/2.2, 13mm, 1/2.55”
望遠X12MP, f/2.8, 77mm, 1/2.512MP, f/2.8, 77mm, 1/2.5
ナイトモードポートレードX対応対応
Apple ProRAW写真撮影X対応対応
ProRes動画撮影X最大4K, 30fpsのProRes動画撮影最大4K, 30fpsのProRes動画撮影
マクロビデオ撮影X対応(スローモーションとタイムラプスに対応)対応(スローモーションとタイムラプスに対応)
フロントカメラProRes動画撮影X最大4K, 30fpsのProResビデオ撮影最大4K, 30fpsのProResビデオ撮影
マクロ写真撮影X対応対応
バッテリー容量(mAhは3.7Vで計算した値)12981mWh
3508mAh
11840mWh
3200mAh
12700mWh
3432mAh
ビデオ再生時間最大20時間最大23時間最大23時間
ビデオ再生時間

(ストリーミング)

最大16時間最大20時間最大20時間
オーディオ再生時間最大80時間最大75時間最大75時間
コネクタUSB TYPE-C (USB 2.0)Lightning (USB 2.0)USB TYPE-C (USB 3)
ボディカラーブルー、ピンク、イエロー、グリーン、ブラック、(PRODUCT)REDディープパープル、ゴールド、シルバー、ブラックブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウム
サイズ147.6 x 71.6 x 7.8mm147.5 x 71.5 x 7.85mm146.6 x 70.6 x 8.25mm
重さ171g206g187g
128GB価格()はiPhone 15との差124,800円149,800円 (+25,000円)159,800円 (+35,000円)
256GB価格()はiPhone 15との差139,800円164,800円 (+25,000円)174,800円 (+35,000円)
512GB価格()はiPhone 15との差169,800円194,800円 (+25,000円)204,800円 (+35,000円)

筆者が、この記事執筆時点でiPhone 14 Proを使っており、それ以前はiPhone 13 miniでした。

CPUの差を除けば、iPhone 15とiPhone 14 Proの関係に近いものがあります。



【広告】

iPhone 14 Proを勧めたい人

一言で言えばiPhoneでより綺麗に写真や動画を撮りたい人です。無印モデルとProモデルの最大の違いはカメラであり、これが世代を重ねるにつれ単に望遠がついているとかいないとかいったものではなくなっています。

価格的にはiPhone 15より25,000円高くなりますが、カメラを中心にメリットは多いのです。

・一世代前のモデルではあるが、CPUは同じA16 Bionicであり性能が落ちるというものではない。
・機能的には標準モデルより上のProモデルであり、光学3倍の望遠カメラを搭載している。
・カメラの手ぶれ補正は、より効果の高い「第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正」である。
・LiDARスキャナ搭載により、暗所でのAF速度が早いとかカメラを使って計測(縦・横・高さ)が瞬時にできる。
・LiDARスキャナを使えば部屋の3Dモデルなどもつくれる(あまり作らないかもしれませんが)。
・最大120Hzのリフレッシュレートに対応するディスプレイで、よりぬるぬるでスムーズ。
・超広角カメラのマクロ対応。

iPhone 14 Proを使って特に大きいのは光学望遠の有無です。3x望遠で77mm相当という焦点距離は一眼カメラではポートレートなどで多用する焦点距離です。他に2x光学望遠にも対応しているので、実質は0.5x、1x、2x、3xの光学望遠です。

いずれの機種も48MPのセンサー4つを一つにして4-in-1ピクセルビニングで12MPの解像度の写真を出力していますが、2xモードはピクセルビニングを使わず48MPセンサーの中央12MPを切り出して2x相当の画像を出しています。これはデジタルズームではないので画質もデジタルズームの2xよりずっと綺麗になります。

カメラ全く無関係ならなんでもいいですが、多少なりともカメラにこだわるなら不満が出てくる可能性が少ないProモデルのほうが結果的に安上がりになるかもしれません。

Appleでは販売終了

ただ、残念なことにiPhone 14 ProはApple Storeやビックカメラやヨドバシカメラなどでは販売終了しています。

しかし一般のApple製品取扱店ではまだまだ売っていますのでそういうお店で探すとよいでしょう。

あるいiPhone 15に+35,000円でiPhone 15 Proであれば、今は予約状態ですがiPhone 15 Proでも良いでしょう。iPhone 15 ProであればUSB 3の10Gbpsの速度でUSBケーブルでのデータ転送ができますので、撮影した動画ファイルなどのPCへの転送もスムーズです。

いずれにせよ、写真を多少なりとも重視する人であればProモデルがお勧めです。

<関連記事> 日常生活必須端末をiPhone 13 miniからiPhone 14 Proに変えて1ヶ月、得たものと失ったもの

日常生活必須端末をiPhone 13 miniからiPhone 14 Proに変えて1ヶ月、得たものと失ったもの

 

【スポンサーリンク(PR)】
Apple iPhone 14 Pro 256GB ディープパープル – SIMフリー 5G対応 →https://amzn.to/3ZnMOs6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無印iPhone 15を買うならば、+2万5千円でiPhone 14 Proを選ぶほうが長く使える

iPhone 14シリーズから無印とPlus、ProとPro Maxでは使用されるCPUの世代が異なるようになりました。CPUだけみればiPhone 14無印/PlusはiPhone 13と同じ、iPhone 15無印/Plusは、iPhone 14 Pro/Pro Maxと同じものが使われています。iPhone 15無印を買うなら+2万5千円でずっと高機能なiPhone 14 Proを勧めたいところです。

スペックは20230919

iPhone 15、iPhone 14 Pro、そして参考のためにiPhone 15 Proの違いが大きな部分のスペックを切り出してみました。

異なる部分の主要な仕様iPhone 15iPhone 14 ProiPhone 15 Pro
Apple公式サイトhttps://www.apple.com/jp/iphone-15/なしhttps://www.apple.com/jp/iphone-15-pro/
CPUA16 BionicA16 BionicA17 Pro
ディスプレイの違いSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ

ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ

最大120Hzのリフレッシュレート

Super Retina XDRディスプレイ

ProMotionテクノロジー
常時表示ディスプレイ

最大120Hzのリフレッシュレート

側面素材アルミニウムステンレススチールチタニウム
背面ガラステクスチャードマットガラスカラーインフューズドガラステクスチャードマットガラス
メインカメラ48MP, f/1.6, 26mm48MP, f/1.78, 24mm, 1/1.28”48MP, f/1.78, 24mm, 1/1.28”
光学手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
LiDARスキャナXありあり
手ぶれ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正
超広角12MP, f/2.4, 13mm12MP, f/2.2, 13mm, 1/2.55”12MP, f/2.2, 13mm, 1/2.55”
望遠X12MP, f/2.8, 77mm, 1/2.512MP, f/2.8, 77mm, 1/2.5
ナイトモードポートレードX対応対応
Apple ProRAW写真撮影X対応対応
ProRes動画撮影X最大4K, 30fpsのProRes動画撮影最大4K, 30fpsのProRes動画撮影
マクロビデオ撮影X対応(スローモーションとタイムラプスに対応)対応(スローモーションとタイムラプスに対応)
フロントカメラProRes動画撮影X最大4K, 30fpsのProResビデオ撮影最大4K, 30fpsのProResビデオ撮影
マクロ写真撮影X対応対応
バッテリー容量

(mAhは3.7Vで計算した値)

12981mWh

3508mAh

11840mWh

3200mAh

12700mWh

3432mAh

ビデオ再生時間最大20時間最大23時間最大23時間
ビデオ再生時間

(ストリーミング)

最大16時間最大20時間最大20時間
オーディオ再生時間最大80時間最大75時間最大75時間
コネクタUSB TYPE-C (USB 2.0)Lightning (USB 2.0)USB TYPE-C (USB 3)
ボディカラーブルー、ピンク、イエロー、グリーン、ブラック、(PRODUCT)REDディープパープル、ゴールド、シルバー、ブラックブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウム
サイズ147.6 x 71.6 x 7.8mm147.5 x 71.5 x 7.85mm146.6 x 70.6 x 8.25mm
重さ171g206g187g
128GB価格()はiPhone 15との差124,800円149,800円 (+25,000円)159,800円 (+35,000円)
256GB価格()はiPhone 15との差139,800円164,800円 (+25,000円)174,800円 (+35,000円)
512GB価格()はiPhone 15との差169,800円194,800円 (+25,000円)204,800円 (+35,000円)

筆者が、この記事執筆時点でiPhone 14 Proを使っており、それ以前はiPhone 13 miniでした。

CPUの差を除けば、iPhone 15とiPhone 14 Proの関係に近いものがあります。

iPhone 14 Proを勧めたい人

一言で言えばiPhoneでより綺麗に写真や動画を撮りたい人です。無印モデルとProモデルの最大の違いはカメラであり、これが世代を重ねるにつれ単に望遠がついているとかいないとかいったものではなくなっています。

価格的にはiPhone 15より25,000円高くなりますが、カメラを中心にメリットは多いのです。

・一世代前のモデルではあるが、CPUは同じA16 Bionicであり性能が落ちるというものではない。

・機能的には標準モデルより上のProモデルであり、光学3倍の望遠カメラを搭載している。

・カメラの手ぶれ補正は、より効果の高い「第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正」である。

・LiDARスキャナ搭載により、暗所でのAF速度が早いとかカメラを使って計測(縦・横・高さ)が瞬時にできる。

・LiDARスキャナを使えば部屋の3Dモデルなどもつくれる(あまり作らないかもしれませんが)。

・最大120Hzのリフレッシュレートに対応するディスプレイで、よりぬるぬるでスムーズ。

・超広角カメラのマクロ対応。

iPhone 14 Proを使って特に大きいのはやはり望遠の有無です。3x望遠で77mm相当という焦点距離は一眼カメラではポートレートなどで多用する焦点距離です。他に2x光学望遠にも対応しているので、実質は0.5x、1x、2x、3xの光学望遠です。

いずれの機種も48MPのセンサー4つを一つにして4-in-1ピクセルビニングで12MPの解像度の写真を出力していますが、2xモードはピクセルビニングを使わず48MPセンサーの中央12MPを切り出して2x相当の画像を出しています。これはデジタルズームではないので画質もデジタルズームの2xよりずっと綺麗になります。

Appleでは販売終了

ただ、残念なことにiPhone 14 ProはApple Storeやビックカメラやヨドバシカメラなどでは販売終了しています。

しかし一般のApple製品取扱店ではまだまだ売っていますのでそういうお店で探すとよいでしょう。

あるいiPhone 15に+35,000円でiPhone 15 Proであれば、今は予約状態ですがiPhone 15 Proでも良いでしょう。iPhone 15 ProであればUSB 3の10Gbpsの速度でUSBケーブルでのデータ転送ができますので、撮影した動画ファイルなどのPCへの転送もスムーズです。

いずれにせよ、写真を多少なりとも重視する人であればProモデルがお勧めです。

【スポンサーリンク(PR)】
Apple iPhone 14 Pro 256GB ディープパープル – SIMフリー 5G対応 →https://amzn.to/3ZnMOs6



【広告】

モバイル・関連ガジェットカテゴリの最新記事