シンガポール航空で福岡-シンガポールのビジネスがコミコミで98,970円のセール実施中

シンガポール航空で福岡-シンガポールのビジネスがコミコミで98,970円のセール実施中

時々かなりお得なセールをしてくれるシンガポール航空でのセールを見つけました。ANAのSFC修行の一環としても、スカイトラックスで世界No.2のランクに輝いている航空会社ですので快適なフライトができます。

福岡-シンガポールのビジネス

キャンペーン概要

これです。

他にエコノミーのキャンペーンも出ています。

ポイントは「福岡」出発であること。
他の地域からのディスカウントはありません。

関空・セントレア・羽田出発だとこんなに安くはありません。普通のややお安い程度です。

シンガポール航空ホームページより
出発空港福岡空港 限定
事前購入21日
購入期間〜2019年12月31日
旅行期間2020年1月6日〜2020年3月31日
最小滞在日数2日間
最多滞在日数1ヶ月
最少旅客数
1名
払い戻し不可
変更予約変更手数料と運賃差額の支払いで変更可

適用可能なフライトは限定されていますので実際に予約手前までいってみてみましょう。

具体例

シンガポール航空ホームページより

キャンペーン適用可能なのは、福岡を朝9時45分に出発するSQ655便、帰りはチャンギを深夜1時20分に出発するSQ656便に限定されています。帰りはいいですが、行きは昼間をすべて機上で過ごすのでもったいないかも。

この検索例では2月19日に出発して夕方シンガポール入り。19日の夜と20日の夜と2泊し21日夜にチャンギ空港にゆき日付を超えて福岡へ向けて出発。

つまり2泊の4日(機中1泊)となります。もちろんスケジュールと予算に応じて航空券の制約範囲内でご自由にどうぞ。

シンガポール航空ホームページより

運賃は93,000円、税等5,970円、総額は98,970円です。

首都圏からなら、スーパーバリュープレミアムで成田発着を使うと往復56,700円、PPは3,634となります。普通席のスーパーバリューなら25,500円、PPは2,100です。那覇線もそうですが、羽田より成田のほうが安いので、可能なら成田のほうが安上がりになります。

プレミアムポイント(PP)はいくらか

来年SFC修行される方は50,000PPを目指すと思います。

ANAホームページより

今回のフライトについては以下のようなものとなります。

ANAホームページより – シンガポール航空の場合

1区間(片道)についてこうなります。

予約クラスD (ビジネス)
積算率125%
路線倍率1.0
搭乗ポイント400
区間基本マイル2,809
プレミアムポイント3,911
運賃ベースPP単価11.88円
総額ベースPP単価12.65円

PP単価でみるとあまりうれしくありませんが、世界第2位(ANAが第3位)のシンガポール航空のビジネスで旅ができるので安いといえます。

私も3月のSFC修行で全く同じフライトを使っています。

搭乗した機材787-10についてはこちら。

このフライトは往路が昼便なので現地行動時間を損する感じなので、もう1泊追加したいところです。

修行としてはPP単価が10円を結構超えてしまうので、修行というよりビジネスクラスにお安く乗れるのを目的とした方がよいでしょう。ついでにPP稼ぎと思えば決して高くありません。

シンガポール航空セールの特徴

シンガポールへのビジネスクラスが、福岡発で時々劇的な価格を打ち出してきます。経験的には10月から12月ごろに発表となり、旅行期限は翌年3月末までというものが多いようです。筆者がSFC修行で使ったのもこれです。

シンガポール航空運行便が飛んでいるのは、日本では成田・羽田、中部、関空、福岡だけです。札幌はScootの運行便、広島はSilk Airの運行便となりますので注意してください。

まとめ

販売期間が今年いっぱい、旅行期間が来年3月末まで、福岡-シンガポールのビジネスクラスがコミコミで総額10万円を切る価格で出ている。

シンガポール航空は毎年10月とか11月になるとセールが多くなる。

来年1月からSFC修行を目指す方には、PP単価が11円代になるがビジネスクラスでこれなので十分安いと言える。

SFC修行/JGC修行カテゴリの最新記事