ANA、特典航空券の国内線旅客施設使用料(PFC)を10月31日搭乗分から徴収

ANA、特典航空券の国内線旅客施設使用料(PFC)を10月31日搭乗分から徴収

ANAは2021年10月31日搭乗分から国内線旅客施設使用料(PFC)を徴収します。今回はその詳細をお届けします。

国内線旅客施設使用料とは

国内線旅客施設使用料(Passenger Facility Charge)とは、主要空港で出発・到着毎に徴収される空港の使用料金でチケット毎に発生します。

料金は通常は航空券を購入するときに代金に含まれています。

全ての空港が徴収対象になっているわけではありません。

徴収額は?

徴収される空港と料金は以下の通りです。

発着空港 大人 小人
(満3歳以上満12歳未満)
新千歳 270円 140円
仙台 230円 120円
成田 450円 220円
羽田 290円 140円
中部 440円 220円
伊丹 260円 130円
関西 440円 220円
北九州 100円 50円
福岡 110円 50円
那覇 120円 60円

福岡は2020年3月29日以降搭乗分が対象。

上記以外の空港では対象となりません。

発着毎にかかりますので、例えば夫婦で羽田と新千歳を往復すると、羽田発着2回 x 2名x290円、新千歳発着2回 x 2名 x 270円。合計で2,240円となります。

いつ支払うのか?

2021年8月29日以降に発券され2021年10月31日以降搭乗分の特典航空券がPFCの徴収対象となります。

PFC徴収対象となる特典航空券を予約したときに、マイル引き落としと同時にクレジットカードにて支払いとなります。

まとめ

2021年8月29日以降に発券され2021年10月31日以降搭乗分の特典航空券に対して、国内線旅客施設使用料(PFC)が徴収される。

徴収対象は10空港で発着毎に対象となる。

徴収は特典航空券予約時にクレジットカードで支払う。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!