リモートワーク・Web会議に最強のドッキングステーション内蔵PCスタンド

リモートワーク・Web会議に最強のドッキングステーション内蔵PCスタンド

コロナの影響でリモートワークやWeb会議は当たり前になっている中で、ノートPCでWeb会議に参加する場合、カメラと顔の位置関係が非常に重要になります。筆者が使用してるドッキングステーション内蔵PCスタンドはかなりの優れもの!

Web会議でのカメラの位置と距離

視線が最も重要

最近はテレビのニュースショーなどの番組でリモート参加するゲストがいるのは全く珍しくありません。

そのときに、印象が良いゲストとイマイチなゲストがいるのに気づいていますか?

Web会議に限った話ではないですが、自分が画面に映る場合相手に与える印象は、カメラと自分の目の位置関係が重要になります。

机上に置いたノートPCの画面上部に内蔵されたカメラをそのまま使う場合は、画面を見下げた様な視線になります。これが相手から見ると見下げられているような悪印象を与えます。親しい仲間でのZOOM飲み会ならともかく、就職のリモート面接では厳禁です。

映る範囲も重要

ノートPCでも単独のWebカメラでも同じですが、あまりにカメラに近づきすぎると顔だけがドアップになり、さらに広角レンズの影響で顔が歪んだりします(笑)。

相手に不快感を与えず自然な感じになるのはバストショットです。目安としてプロが撮る証明写真でしょうか。両乳首を結んだ線の上から映るのが理想的だと言えます。

あまりカメラから離れすぎると顔が小さくなってしまい表情が読み取れません。

映る角度が重要

ここからが本題になります。

カメラの高さと眼の高さが合う様に、すなわち視線が水平になるようにします。

通常の対面会議を考えてください。
普通は顔の高さが同じですよね。
Web会議でも同じです。

机上にノートPCを置いただけでは通常はPCのカメラを見下ろすことになるので、冒頭に書いた様に相手を見下ろす視線になりますのでよろしくないのです。

視線が水平になるように、ノートPCの下に本や台を置くとか今回紹介するようにPCスタンドを使うとかします。

優れもののPCスタンド、TopWork PCスタンド

Kickstarterで偶然みつけてバック(支援)した見返り商品です。

内蔵ポートは以下の通りです。

・給電用USB TYPE-C PD (100W対応)
・HDMI(標準サイズ)
・VGA
・RJ45(有線ネットワーク)
・USB TYPE-A 3.0 x 2ポート
・USB TYPE-A 2.0 x 2ポート
・SD/TFカードスロット
・3.5mmヘッドセットジャックx1
・Qiワイヤレス充電パッド (10W)

Qiワイヤレス充電パッドは右側ですが、それ以外は左側一列に並んでいます。

単なるドッキングステーションだとケーブルぐしゃぐしゃになることが多いのですが、これはすっきりします。

机上に常設してサブモニターを繋いでおけば、PC(筆者の場合はMacBook Air M1 2020)とはUSBでMacBookのThunderbolt/USB4ポートと繋ぐだけですみます。

TopWorkはどこかで買えるか?

あいにくこのプロジェクトは終了しておりますのでKickstarterからは購入できません。CAMP-FIREでも出ていたのですがこちらも終了しておりますので購入できません。

探してみたのですがどうもこの後の一般市販はなさそうです。

TopWorkはたたむと平たくなってハンドルもついてるので持ち運びが簡単。さらにPC本体への接続USBケーブルも内蔵されており、使わないときは底面に収納できるようなっています。

ポータブルではありませんが、机上常設であればサンワサプライから類似品がありました。

USB Type-Cドッキングステーション(スタンド付き)USB-CVDK9STN
https://www.sanwa.co.jp/product/syohin?code=USB-CVDK9STN

価格的にはYahoo!ショッピングで2万円台前半のさらに前半あたり、Amazonで21,990円(執筆時点)でした。

安いとは言えないのですが、興味があればおひとつどうぞ。

PC/Mac/Internetカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!