6月27日未明から27日朝9時ごろまで障害が発生してしていました。

Yahoo!メール狙い打ち?Amazonを語る巧妙なフィッシングに注意!

Yahoo!メール狙い打ち?Amazonを語る巧妙なフィッシングに注意!

Yahoo!のフリーアドレスのほうに迷惑メールフィルタをすり抜けてくるAmazonの偽メールが散見するようになりました。だんだん巧妙になってきていますので注意喚起の目的でお知らせします。

メール内容

今までになかった一番巧妙なものです。

従来はテキストで個人っぽい情報が全くない一目で偽物とわかるメールばかりでした。

これはちょっと違います。

Yahoo!のフリーアドレスに来ているので偽だとすぐにわかりました。
そもそもお買い物にGoogleを含めフリーアドレス使用はなんか使うわけがないです。
特にYahoo!のフリーアドレスはめちゃくちゃ狙われていますね、筆者だけということはないと思います。

さて、この偽メール。

そもそも「〜様」が氏名ではなくYahoo!のフリーメールアドレスになっています。この時点でもうフィッシングメール確定です。

お届け先に最もらしい名前と住所が入っていますが、完璧に架空のものです。

注文番号なども架空です。

つまり宛先のYahoo!フリーアドレス以外は全て架空。

Webショッピングに関するメールはWebで確認せよ

世界で最も利用者が多い通販がAmazonですので、フィッシング詐欺も当然それを狙います。

入手したメールアドレス宛にAmazonショッピングでアカウントに問題があるというメールを出せば、少数でもそれに釣られる人はいるでしょう。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるってやつです。

Amazonフィッシングメールの特徴

  • 日本語が変。
  • 文頭に個人を示すXXX(氏名)様がない。
  • 買い物情報を示す固有情報がない。
  • 個人を特定している情報がない。
  • 必ずここをクリックして確認しない的なリンクがある。

中には、あれなんか間違えたかな?と心当たりがなくもない場合があるかもしれません。

不審に思ったら、ブラウザで自分でURLをキーボード入力してオリジナルのショッピングサイト(Amazonなど)を開いて注文履歴を確認のが先です。

さらにAmazonの場合は、

  1. 右上の「アカウント&リスト」のプルダウンをクリック
  2. プルダウンの「アカウントサービス」を選ぶ
  3. 「メッセージセンター」をクリックする

という手順でAmazonが自分宛に送った全てのメッセージを確認することが可能です。

アカウントや決済に問題ありのメールは疑え

基本中の基本です。

このようなメールはまず疑ってかかりましょう。

特にショッピングした覚えもないものは間違いなくフィッシングです。

運悪くショッピングした直後のタイミングでこういうメールが来た場合は、必ずショッピングサイトの注文履歴などで確認しましょう。そこに問題なければ放置してフィッシング疑いメールは即削除です。

 

PC/Mac/Internetカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!