Apple Watchの起床アラームは、アラーム鳴動前に起きたことを検知してくれる

Apple Watchの起床アラームは、アラーム鳴動前に起きたことを検知してくれる
記事内に広告が含まれています。

目覚ましで設定時刻より早く目覚めているのに止め忘れて、寝室で目覚ましが鳴るというのはアルアルです。Apple Watchの睡眠機能の起床アラームは、設定時刻起きていたら鳴らすかどうかを聞いてくれます。

この記事でわかること
Apple Watchの睡眠機能の起床アラームと通常アラームの違い、活用方法。

この記事では、iOS15.5(iPhone 13 mini)Watch OS 8.6(Apple Watch Nike Series 7 GPSモデル)で確認した内容を記載しています。


Apple Watchの起床アラーム

昨日の記事が大いに関係しますので、お読みいただけると本記事もわかりやすと思います。

[旅路の部屋] Apple WatchのアラームをiPhoneと連動させるか、連動させないか?
https://aichanworld.com/wd/2022/06/27/post-24490/

こちらの記事で、通常アラームと起床アラームの違いを書いていますが、iPhone・Apple Watch 7にはヘルスケアアプリの中に睡眠セクションがあり、曜日ごとに就寝時刻と起床時刻を設定することができます。

この場合は23時30分が就寝時刻で、翌朝6時が起床時刻です。

上記の別記事にありますとおり、起床アラームだけは完全にiPhoneとApple Watchが連動しており、どちらかで起床時刻などを設定するともう片方に反映されます。



【広告】

Apple Watchは起きたことを検知する

ここから先がApple Watch起床アラームのスゴイところ。

先の例では午前6時に起床アラームをセットしています。

ある日、午前6時より前に目が覚めたというか猫に起こされて5時半くらいにおきてしまいました。

起きて活動を始めるとこんな通知がきました。

タップするとこうなります。

あいちゃん
あいちゃん
アラームをオフにしますか?
お目覚めのようですね。アラームをオフにしますか?

これでオフをタップすれば、当該起床アラームはオフになります(翌日はまた通常通りです)。閉じるをタップするとそのままになり所定時刻にアラームが鳴動します。

・そのまま置きたい時→オフ
・早すぎたので2度目したいとき→そのまま閉じる

起床アラームなのでオフにするとiPhoneも連動してオフになりますので注意してください。

これは起きてしばらくしないとこの通知がこないことから、トイレ(おしっこ)に起きたくらいではお目覚めとは判断しないようです。どういう判断基準なのかは不明。

このお目覚め判断機能は今まで使ったどのスマートウォッチにもありませんでした。

Apple Watchの起床アラームで音と触覚(振動・バイブレーション)はかなりしっかりと目が覚めます。

まとめ

Apple Watchの起床アラームは、設定時刻前の起床を検知しアラームを鳴らすかどうかをユーザーに聞いてくる。

ありそうでなかったこの機能、忘れたころに止め忘れた起床アラームがなるのを防いでくれる。



【広告】

デジカメ・関連ガジェットカテゴリの最新記事