カンタス航空最後のB747、ラストフライトの航跡はカンタスマークだった!

カンタス航空最後のB747、ラストフライトの航跡はカンタスマークだった!

カンタス航空所属の最後のボーイング747がラストフライトを終えました。その航跡はなんとカンガルーマーク!

カンタス航空

1920年11月に設立されたオーストラリアの航空会社で、アライアンスはワンワールド所属です。

日本路線は、

シドニー ⇔ 羽田
シドニー ⇔ 関西
シドニー ⇔ 新千歳
ブリスベン ⇔ 成田

となっています。

保有機材は、

B787-9 ドリームライナー
エアバス A380
エアバス A330
エアバス A320
B747 (引退)
B737
B717

となっています(カンタス航空ホームページによる)。

筆者は過去3回JALとのコードシェア便でケアンズ往復で利用しました。

B747ラストフライト

フライト概略

2020年7月22日に、カンタス航空所属の最後のB747の引退ラストフライトがありました。

便名;QF7474
出発地:シドニー (14:00、実出発時刻15:28)
到着地:ロスアンゼルス(10:50、実到着時刻13:23)
飛行時間:14:55
機材:B747-438(ER)
レジストレーション:VH-OEJ

Flightrader24
Flightrader24

この最後のフライトはCNNによれば、カンタス航空初の女性機長であるシャレル・クイン氏が操縦したそうです

カンガルー航跡

日本でもメディアに載っていますが、その航跡がこれです。

Flightrader24

上の機体写真の尾翼のカンガールマークと比べてください。

とても正確にカンガルーマークですよね。

こういう遊び心が楽しいです。

まとめ

カンタス航空所属であるB747の最後の1機のお別れフライトの航跡は、尾翼に描かれているカンガルーマークと同じだった。

 

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事