旅行お役立ち情報満載:金沢旅行はどこに泊まる?コインロッカーはどこが空いてる?

旅行お役立ち情報満載:金沢旅行はどこに泊まる?コインロッカーはどこが空いてる?

前回(2021年11月17日の記事)は「旅行お役立ち情報満載」として金沢までの足や市内交通について紹介しましたが、今回は宿泊についての情報です。

掲載済みの金沢旅行情報記事

旅行記風に紹介しているのが以下の4本の記事です。
旅行した時期は2021年11月です。

今回は季節・金沢までの足・市内交通についての記事の続編として宿泊について紹介します。

金沢市内のホテル

金沢市中心部のホテルは、「金沢駅周辺」と「武蔵ヶ辻」~「香林坊」の百万石通り周辺に集中しています。

すなわち「駅周辺」か「観光ポイント」に近い場所のどちらかを選ぶことになります。

金沢駅周辺

特徴

市外との交通の玄関口である金沢駅(空港バスも基本は金沢駅から出る)に泊まるので、ビジネス滞在拠点には便利かもしれませんが、観光拠点としてはどの観光ポイントからも離れているのではっきり言って不便です。駅の近くなので一見便利そうですが、観光を基本に考えると必ずしもそうではありません。駅とその周辺店舗しかない!というのが現実です。

メリット

・小松空港から空港バスで金沢駅についてすぐ、あるいは新幹線で金沢駅についてすぐホテルに向かって荷物を預けることができる。
・出発日にチェックアウト後、コインロッカーを使わずにホテルに預かってもらうこともできる。
・駅の金沢百番街でお土産を買っても、すぐに宿に戻ってパッキングできる。
・駅に近いので、金沢だけに滞在する旅行ではなく他にも何箇所かまわり金沢は一泊だけという忙しい旅行の場合には、かなり便利な場所である。

※金沢駅のコインロッカーについては後述します。

ディメリット

・駅周辺には金沢百番街(飲食・土産の「あんと」、ファッション・雑貨の「Rinto」)と金沢フォーラス(AEON系のファッションビル)くらいしかないと言って良い。
観光地に行くにはどこであれ基本的にバスに乗る必要がある。このディメリットは結構影響が大きいです。

初めて金沢でのおすすめ度:★★★☆☆
リピート金沢でのおすすめ度:★★☆☆☆

武蔵ヶ辻(近江町市場)周辺

特徴

市内中心部のホテルのある地域の中で一番観光ポイントに近い便利なところ。観光地金沢の雰囲気をたっぷり感じる事ができますが、ピーク時には観光客でごった返すのもこの地区です。良くも悪くも観光の中心拠点だと言えます。

メリット

・最大観光ポイントの一つである近江町市場に近く、新鮮な寿司海鮮丼を食べるのに便利。
ひがし茶屋街主計町茶屋街泉鏡花記念館金沢蓄音器館にも徒歩圏内。
金沢城も黒門口へは徒歩圏内で、金沢城公園内を散策しながら石川門を通って兼六園に行ける。
・時間帯にもよるが、小松空港から金沢駅経由で武蔵ヶ辻へ行く空港バスもある。
金沢エムザ内の黒門小路のお土産売り場で買うと買ったものをまとめて発送してくれる。土産がたくさんあるときは送料はかかりますが非常に便利。黒門小路は集中レジ方式なので、金沢百番街のようにいろいろな店で毎回精算する必要がない。

ディメリット

朝食をとれる場所が極めて少ないので、ホテルが朝食付き出ない場合はちょっと不便。バス停「武蔵ヶ辻・近江町市場」付近に泊まるときはホテルはできれば朝食付きを選びましょう。

初めて金沢でのおすすめ度:★★★★☆
リピート金沢でのおすすめ度:★★★★☆

香林坊周辺

特徴

武蔵ヶ辻(近江町市場)のあたりは観光客でごったがえしますが、百万石通りを南へ下りビジネス中心街の南町をすぎると、日本銀行があったりデパートのある香林坊アトリオがあったり、その先には歓楽街のある片町に通じており、金沢市民が多くショッピングなどを楽しむ場所でもあります。

メリット

・香林坊大和(百貨店)や香林坊東急スクエア(以前の香林坊109)に近く、ちょっとした買い物には非常に便利。
・土産物の菓子なども香林坊大和(デパート)地下の食品売り場に銘店が並んでおり、地元民御用達の場所。
・武蔵ヶ辻付近と違って、地元民が多く観光べったりに近い近江町市場近辺の雰囲気とはちょっと違う普通の街。
しいのき迎賓館石川四高記念館金沢城金沢21世紀美術館石川県立歴史博物館国立工芸館石川県立美術館兼六園(真弓坂口)、長町武家屋敷へは徒歩圏内。

ディメリット

・香林坊アトリオ(デパートの香林坊大和が併設)は地元ショッピングゾーンの中心なので、逆に誰がみても観光土産みたいなものはなかなか買えない。

初めて金沢でのおすすめ度:★★★☆☆
リピート金沢でのおすすめ度:★★★★☆

番外編:南町(武蔵ヶ辻と香林坊の中間)付近

特徴

武蔵ヶ辻と香林坊の間はビジネス街でもあり、プチ丸の内的な雰囲気でもあります。バス停でいえば「南町」です。観光の雰囲気も地元ショッピングゾーンの雰囲気もなく、本当にビジネス街、大阪でいえば本町といったところ。

メリット

・昔はホテルはほとんどなかった地域であるが、最近はいくつかホテルができており、新しいけれどリーズナブルな宿泊費でBooking.comのレビュー評価も高いホテルが少なくないので、お得に泊まることができそうなエリア。
・北鉄バスは「香林坊」〜「南町」〜「武蔵ヶ辻・近江町市場」の区間に限りワンコイン100円であり、この区間を通るバスは非常に数が多いのでバス便は良い。
・加賀藩祖前田利家公と正室お松の方を祀っている尾山神社、神社なのにステンドグラスがある尾山神社が近く、夫婦円満・縁結びのご利益の神社としても知られている尾山神社に近い。

ディメリット

・近辺にはコンビニくらいしかないので、飲食には非常に不便である。これはかなり致命的。日中観光して夕方一旦ホテルに戻って、夕食はホテル近くで….というのがかなり厳しい。
・場所的に中途半端は否めず、香林坊までは600mで7分、武蔵ヶ辻までは500mで6分ほど。バスに乗るほどでもないけれど、周りがビルばかりなので歩くと心理的に距離感を感じる。

初めて金沢でのおすすめ度:★☆☆☆☆
リピート金沢でのおすすめ度:★★☆☆☆

コインロッカーについて

金沢駅付近

大きなスーツケースなどが入る大型のコインロッカーがあるのはやはり金沢駅です。

金沢駅のコインロッカーは朝10時を過ぎると、すなわち新幹線や空港バスが到着する時間になるとあっという間に一杯になります。

しかし、穴場もあるのは事実。

上記のNAVITIMEサイトの記事をご覧ください。

【A】と【B】という改札に近い目に着くところはあっという間に埋まりまして、空きを探してうろうろする人多数。

【C】は金沢百番街「あんと」の中を抜けて高架下にでると多数のコインロッカーがあります。ここが埋まっているのを見たことはありません。

【F】は新幹線改札を出て向かい側のRintoに入り少し奥に行くとある場所。意外に空きがあることがあります。

場所により物理的な鍵のタイプと、Suicaなど交通系ICカードが鍵になるタイプがあります。

金沢フォーラス

もっと穴場は金沢フォーラス。

観光客はまず知らないのでここはお勧めです。小型のロッカーだと金沢駅のそれより安いです。

<設置タイプ>

・小タイプ / 1,2,4,6F
・中タイプ / 1F
・大タイプ / 1,2F
・冷蔵タイプ / 2F

<利用時間>
・1F / 10:00~21:00
・2,4,6F / 10:00~20:00

<料金>
・小タイプ・冷蔵タイプ / 200円
・中タイプ / 300円
・大タイプ / 500円

近江町市場

気づかない人が多いと思いますがここにもあります。

大型のキャリーやスーツケースは無理だと思いますが、ボストンや小型のキャリーなら問題なし。

場所などは上をご覧ください。

今回のまとめ

金沢旅行情報として今回は市内中心部でどこに泊まるかというテーマでお届けした。

筆者の独断と偏見でのお勧めは、武蔵ヶ辻(近江町市場)付近>香林坊付近>金沢駅付近>南町(尾山神社)付近 の順であるが、滞在中何を重視するかによる。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!