旅に持つiPad Proには、Logicool Combo TouchかSanwa Supplyのキーボードか?

旅に持つiPad Proには、Logicool Combo TouchかSanwa Supplyのキーボードか?

筆者は旅行にiPad Pro 11を持つときの悩みの種はキーボードです。旅先で文章を書いたりするのにキーボードは不可欠なのです。以前は折りたたみキーボードを使用していましたが、スマートフォンとの組み合わせならともかく本気で文章を書くには辛い。そこで以前紹介したLogicool Combo TouchサンワサプライのBluetoothキーボードにするか悩むところです。今回金沢旅行でその結論が出ました!


Logicool Combo Touch

当サイトにLogicool Combo Touch iK1176GRAの自腹レビュー記事を書いています。

自腹レビュー:ロジクールのキーボード・タッチパッド付きケース Combo Touch iK1176GRAを試す!
https://aichanworld.com/wd/2022/12/28/post-26498/

最大の特徴はBluetooth接続ではなく、iPad ProとはSamrt Connectorという接点で接続されてキーボードやタッチパッドの信号やりとりとキーボードへの電源供給が行われます。

iPad Pro 11をCombo Touchのカバーにセットしてキーボード部とマグネットでパチンとくっつけると自動的に認識されます。

このあたりはApple純正品と同じなのでCombo Touchを使うための設定は不要です。

<メリット>

・Smart Connetctor接続なのでBluetoothペアリングや充電の心配は不要。
・テンキーの上にiPadOSのショートカットキーがあり画面輝度や音量など簡単に調整できる(Apple純正にはない)。
・シザー構造(パンタグラフ構造)で適度なストロークがありタイプ音は非常に静か。
・キーボードを閉じるとディスプレイ保護のカバーを兼ねる。
・キーボードバックライトががあり薄暗くてもOK。
・キックスタンド調整幅が広く、スケッチ版のような使い方からノートPCのような使い方までOK。

<デメリット>

・iPad Pro 11(第3世代)との組み合わせ重量はApple Pencil込みで1,048g(実測)となり、筆者のMacBook Air M1 13インチの1,290gに迫る重さとなる。
・キーボードを外すと軽くなるがディスプレイ保護カバーがないので不安。
・キックスタンドは結構奥行きを必要とするので列車内やテーブルが小さめのカフェなどでは厳しいケースがある。
・Combo Touch iK1176GRAには閉じてバッグにしまう時にApple Pencilを保護するためのフラップがない。

自宅内モバイルの場合はデメリットはほとんど問題にならないのでいいのですが、旅行に持っていくとなると一番堪えるのが重さです。これならMacBook Airを持った方がいいんじゃないかとも思います。



【広告】

サンワサプライのBluetoothキーボード

同じく当サイトに自腹レビューがあります。

自腹レビュー:サンワサプライのテンキーレス・フルサイズ軽量スリムBluetoothキーボード2種
https://aichanworld.com/wd/2023/02/27/post-27378/ 

上記の記事では充電タイプのSKB-BT32BKとアルカリ電池駆動のSKB-BT36BKを紹介しています。

筆者が先日の金沢旅行に持参したのは実は充電タイプのSKB-BT32BKでした。

<メリット>

・キーピッチ18mmでスタンダードキーボードとほぼ変わらない。
・パンタグラフ構造でキーストロークも1.9mmありキータッチも良くてタイプしやすい。
・折りたたみキーボードと違って微妙ではあるが傾斜があるため非常に打ちやすい。
・折りたたみキーボードのように変なところに蝶番の出っ張りが無い。
・Fnキーとの組み合わせ押しで、画面の明るさや音量大小、メディアコントロールのショートカットキーが使える。
・ESRのケースとの組み合わせ重量(Apple Pencil込み)で970gであり、Combo Touchより70gほど軽い。
・iPadだけが必要なときでもESRのケースでディスプレイが保護でき、この時の重量はApple Pencil込みで704gと許容範囲。
・SKB-BT32BKは薄型のためiPadと一緒に持ち歩きバッグに入れても邪魔にならない。
・ESRのケースは閉じるとApple Pencilを保護するためのフラップがある。

<ディメリット>

・SKB-BT32BKはバッテリー使用時間は56時間と長いとはいえ、充電が必要なことに変わりはない。
・SKB-BT32BKの充電は今更のmicroUSBなのでこのためにmicroUSBケーブルを1本入れる必要がある。
・SKB-BT32BKは軽量薄型のため剛性にかけており上記記事のように厚さ2mm程度のクッションゴムを貼り付ける必要がある。
・SKB-BT32BKはバッテリー内蔵のために飛行機の預け入れ荷物には入れられない(必ず機内持ち込み荷物に入れる)

決めたのはセパレート型

旅行前にも迷ったのですが、結局サンワサプライのSKB-BT32BKをお供に加えました。

iPad Pro単体(キーボードを外した状態)では、サンワサプライのSKB-BT32BKと組み合わせるほうがESRのケースで画面保護も出来て軽量である。(キーボードユニットを外しても、重さはESRケースのほうが軽い)

サンワサプライのSKB-BT32BKのほうがわずかとはいえ傾斜がついているので格段にタイプしやすい。

決め手はiPad Pro単体での重さとタイプのしやすさとESRケースのApple Pencil保護フラップです。

キーボードがベッタリ机上に水平に張り付くよりわずかでも傾斜があるほうが打ちやすいです。

そのためにmicroUSBでの充電というのを犠牲にしたわけですが、バッテリーが持つのでまあいいでしょう。

実際にこの組み合わせはJALさくらラウンジやANA LOUNGEでの待ち時間の時を使って文章を作成するのもとても役立ちました。大したことでは無いですが、折りたたみキーボードは畳んでポーチにしまってからバッグに入れますが、こちらだとそのまま電源だけOFFにしてバッグに放り込めばOKです。

折りたたみキーボードはスマートフォン専用になりそうです。


【スポンサーリンク】



【広告】

PC・Mac・インターネット情報カテゴリの最新記事