伊丹から関空にダイバート(代替着陸)されそうになった話と、ダイバートのリスクを下げる方法

伊丹から関空にダイバート(代替着陸)されそうになった話と、ダイバートのリスクを下げる方法

この記事では、私のJGC修行で伊丹到着・宿泊の予定だったのが、危うく関空にダイバート(代替着陸)されそうになった話と、ダイバートについての解説や今後旅行や修行する人に向けてのダイバートを極力避ける方法について書いています。

ダイバートとは何か?

端的に言えば、飛行機の運航で当初の目的地以外の空港に着陸することを言います。

ダイバートになる理由は様々ですが、多いのは目的地の天候不良により着陸できない場合に着陸可能な最寄り空港に着陸したり、機内急病人や機体に異常があって緊急着陸を要する場合になったり、目的地の空港で事故などがあり滑走路閉鎖になったり等々様々です。

はっきり言えば、旅客的には迷惑な話であります。

ダイバートになった場合の費用負担

これはふた通りあります。ただし以下の場合はいずれもANAやJALといったフルサービスキャリアの場合であり、LCCの場合は一切対応なしというケースも多いようです。国内旅行保険にはこうしたケースをカバーしてくれるものがありますが、あくまで事後の発生費用対策でしかありません。

航空会社が代替輸送手段を確保する場合

国際線と国内線で違いますが、乗客にダイバートの可能性を事前に知らせることができなかった場合、基本的には航空会社が対応してくれます。

国内線ではダイバート先の空港で運航打ち切りとして、航空会社がバスなどの代替交通手段を確保して乗客を送り届ける場合があります。

国際線では、目的地の空港が使えるようになってから運航を再開し、当日中が無理ならば宿泊施設を手配したりします。

ダイバートではありませんが、フライトキャンセルでこんな実例もあります。

航空会社が代替手段を提供しない場合<要注意の場合>

注意が必要なのはこれです。特に天候や遅延などで、「伊丹空港の天候が回復しない場合は関西空港に向かい着陸する可能性があります」とか「遅延の状況により関西空港に着陸する可能性があります」と案内される場合です。

すなわち、当初目的の伊丹空港には着陸できない可能性があるので、その場合は関西空港に行きますよ!と事前に可能性をアナウンスしている場合です。

これは、この例ですと、伊丹の代わりに関空に着陸してそこでおわり。貴方は行き先変更の可能性を承知した上で搭乗したのだから、当社は知りませんというわけです。このアナウンスがなされる場合は、普通予約の変更やキャンセルをチケットの予約条件等に関わらずキャンセルや予約変更を受けてくるのが普通です。

つまり、変更のチャンスをあげたのに貴方はその権利を行使せず、ダイバートの可能性を承知で乗ったのだからあとは知りません、ということ。

冷たいようですが、キャンセルや変更のチャンスをあげたのに、いらないと言った貴方の責任なので自分で対応しなさい、ということです。

まあ、交渉次第では費用のいくばくかはなんとかしてくれる「かも」しれませんがあくまで交渉の結果の可能性であり、交渉しないと何も起こりません。

ダイバートされそうになった話

先日の一泊二日の修行で発生しました。

修行ルートと時刻は以下の表の通りです。

日付出発地出発時刻目的地到着予定時刻
1日目羽田08:30伊丹09:30
伊丹10:35宮崎11:40
宮崎13:55福岡14:45
福岡15:25宮崎16:10
宮崎16:40福岡17:30
福岡19:00伊丹20:15
2日目伊丹08:35大分09:30
大分10:00伊丹10:55
伊丹12:40宮崎13:45
宮崎15:00福岡15:50
福岡17:00羽田18:45

問題は、赤く塗った1日目の「福岡→伊丹」です。

この便は、利用機材の大幅な遅れにより発生し「場合により関西空港に向かいます」と事前アナウンスされていたものです。

なぜダイバートなのか?

それは大阪空港(伊丹)の運用時間にあります。同空港は朝7時から夜21時までと厳しく制限されています。

福岡→伊丹便が機材到着の大幅遅れで、伊丹に運用時間制限の21時より前に着陸できない可能性が出てきたわけです。

決断を迫られる

困りましたね。

単なる往復ならともかく、空港ホッピングの途中であり、さらに大阪空港ホテルに予約を入れています。21時を過ぎているのに土地勘の無い関空から伊丹までどうやっていくのか

リムジンバスはあるでしょうけど、こういう場合のリムジンはあっという間にうまってしまい、土地勘のない人が空席にありつくのはまず無理だと推測。

南海電車もあるでしょうけど、伊丹までどうやって乗り継げば?どれくらい時間がかかるの?

昼間ならともかく、夜の21時半とかに未経験の関空に放り出されても困ります

ホテル予約と翌日の旅程があるので、単純にフライトキャンセルはできない。第一福岡空港付近にホテルをとっていない。幸い福岡空港は博多駅に近いので宿はたくさんあるでしょうけど。

この福岡→伊丹を無料キャンセルし、翌日の伊丹→大分を福岡→大分にしたいところだけれど、福岡・大分間は近すぎてどこの航空会社も運行していない。陸路しかありません。

となれば、この日の福岡→伊丹、翌日の伊丹→大分→伊丹を諦めて(JALと交渉)3レグ潰して、翌朝の福岡→伊丹便を取ってもらい、都合マイナス2レグとするか?

伊丹のホテルは当日キャンセルなのでキャンセル料は宿泊費の80%となるし、福岡で宿を自力で探さないといけないのも何だかなぁ。

そこまで考えて、どう交渉しようかと考えていて、最後の案しかないよなぁ、と思っていたところです。

結局、救われた

最終的には遅延(ディレイ)はダイバートするほどではなく、当初予定より20分程度の遅延ですみそうだということで、「関西空港に着陸する可能性があります」のアナウンスは取り消されました。

神よ、仏よ!ありがたきご配慮!

まさに救われました。まあ、単にラッキーだったのですが。

教訓:空港の利用終了時刻を把握しておく

全てのダイバートを事前に察知して避けることは不可能ですが、遅延(ディレイ)による空港運用時間制限を理由とするダイバートはほぼ確実に避けることができます。

それは空港の運用時間をきちんと把握し、1時間程のディレイで空港の運用時間限度を超えてしまいダイバートするような便は最初から避けることです。

修行によく使うような主な空港(拠点空港)で運用時間の終わりが早い空港は以下のとおりです。(航空会社は問わず)

成田23:00那覇、福岡、新千歳発が22時以降到着便
伊丹21:00高知、羽田、仙台、福岡、松山、熊本、出雲、仙台、花巻、宮崎、新潟、大分、長崎、鹿児島等が20時以降到着便。特に20時30分以降到着予定便は要注意
函館20:30 
宮崎21:30 
新潟20:30 
広島21:30 
松山21:30 
高知21:00 
福岡22:00成田、徳島、那覇、小松、羽田、伊丹、仙台、宮崎、中部、小牧等多数の便が21時以降到着便。
長崎22:00 
熊本21:30 
大分21:30 
宮崎21:30 
鹿児島21:30 

書けばきりがないのですが、空港の運用時間制限1時間前着予定の便は要注意で、特に制限時刻の30分前以内到着はダイバートされる、あるいはフライトキャンセルされる可能性を考えておくべきです。

どこにダイバートされるかは、その機材の着陸条件を満たしている空港でないといけませんので一概には言えませんが、国内線と国際線で違います。

国内線では例えば伊丹だと関空が第1候補になるでしょうし、国際線で成田で23時をすぎそうな時は、国際線の場合は羽田…ではなくて当初の目的空港への航路から大きく外れないところが選ばれて、新千歳とか関空とか中部(セントレア)。

中にはANAの那覇→新千歳便で羽田にダイバートされたなんてこともあるようです。この場合も航路上にある条件を満たす空港なんでしょう。

特にJGC回数修行では、空港ホッピングが多いためその後の旅程に大きく影響します。

ですから、もったいないようですが、夜のフライトは日暮れ前到着を限度として早めに切り上げることです。そしてその地での夜をいろいろ楽しんだ方が幸せになります、多分。

実際のダイバート例(JAL)

JALはホームページの安全運航情報のところで、ダイバート発生件数を目的地外への着陸便として開示しており、2017年3月までは詳細情報があります。それによれば、2017年3月のダイバートはこんな感じでした。

日付便名出発地目的地代替着陸先理由対応
2017/3/5JAL2233伊丹山形羽田天候打切り
2017/3/6JAL2153伊丹青森仙台天候打切り
2017/3/31JAL3523福岡花巻伊丹故障

機材変更
再就航

私が遭遇しそうになった福岡→伊丹でも実例がありました。

日付便名出発地目的地代替着陸先理由対応
2017/1/30JAL2060福岡伊丹関西遅延打切り

遅延によるダイバート&打切りはそれほど多くないですが、冬場の北日本方面行きの便で天候回復が見込めないためダイバートというのは結構あります。

旅行や修行で冬場に北日本方面への予約を入れる場合は注意と覚悟が必要かもしれません。修行であれば、こうした季節要素を考慮してルート選択をできますので、危ない時期に危ない方面は避けることでリスクを下げられます。

特に、伊丹を目的地として様々な理由で遅延が発生した場合で運用時間制限に間に合わない場合は、ANAやJALともに関空にダイバートされることが多いようです。事前に伊丹までのルートと終電を調べておくのも慌てないために必要です。

まとめ

  • 空港の運用時間制限を超えて到着しそうな時は、事前にダイバート(代替空港着陸)をアナウンスされる場合がある。
  • 事前にダイバートの可能性があることを承知で搭乗した場合、本当にダイバートしたら飛行機はそこで運航打ち切り、そこから先は自己責任になるのが原則。
  • ディレイによる運用時間制限を超えたためのダイバートは、そのような便を利用しないことで、ほとんど避けることができる。
  • 空港運用時間終了の1時間前より後に到着予定の便は予約しないこと、できれば空港運用時間終了の2時間以上前を限度とする。伊丹であれば19時より前、18時台到着を限度とすべし。
  • JGC回数修行では19時到着を超えての無理な計画はしない。18時前に到着してそこでその日は飛行機乗りを打ち切り、現地グルメを楽しんだりするのがベター。体のためにもゆっくり休めて良い。

GOOD LUCK!

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事