使った結果の最終結論:iPad (iPad Pro) にふさわしいモバイルキーボードはこれだ!

使った結果の最終結論:iPad (iPad Pro) にふさわしいモバイルキーボードはこれだ!

モバイル用キーボードヲタクの筆者でありますが、iPad Pro 11 (M1, 2020) を持ち出して旅行や出先でバシバシ文書を打ってみて、どれが良いかの最終結論に達しましたので紹介しましょう!

2つのタイプのモバイルキーボード

モバイルキーボードにはケース一体型とセパレート型があります。

ケース一体型

ケース一体側で筆者がお薦めできるのは以前当ブログで紹介したLogicoolのものです。

Apple純正同様にポゴピン(Smart Connectorと呼ばれている)で接続・給電されキーボード側にはいかなりバッテリーも不要なやつが文句なく当ブログ推奨。

iPad ProをPC/Mac的に使う!Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchの実機レビュー!

キーボード+タッチパッドとしての使い心地は最高です。

欠点は嵩張ることと重さです。
スリムなiPad Proが結構分厚くなるし、なによりその重さ(合計での実測1,136g)ともはやPC並みでiPadの良さが完全に失われます。

このFolio TouchはiPad Proをはめ込むタイプなので、簡単に外すわけにもいかないしキーボードが不要な使い方ではキーボードをオリカして使うわけですが、これがまあ正直なところ邪魔だしどんな場合でも1.1kgは結構辛い。

しかし、パソコン的に使うには文句なく最高

パソコン的に使うのは最高で、モバイルタブレットしての使い方がイマイチとなるとわざわざこれを使わなくても、スリムな軽量ノートPCかMacBook Airのほうがずっといいという場合もあります。

◼️ケース一体側キーボードの欠点◼️
キーボードが不要な場合でも重くて嵩張り、軽量ノートパソコンに匹敵する重さになる。

セパレート型

一体型がイマイチならセパレート型。

すなわちBluetooth接続折りたたみキーボードです。

セパレートタイプはiPadだけではなくiPhoneやAndroidとペアリングしても使えますので、ケース一体型よりはるかに使い回しが効きますしので重宝します。

3つ折りタイプ

3つ折りでタッチパッド付きのものとタッチパッドなしのものはこの記事(↓)で書いています。

実使用経験からお勧めできる三つ折りキーボードはiClever一択

基本的に3つ折りがよければiCleverのIC-BK03(タッチパッドなし)とIC-BK08(タッチパッドあり)が一押しであります。

◼️三つ折りキーボードの欠点◼️
実際使ってみて気づいた最大の使いにくさは、折り目の部分を支えているネジ部分の突起です。

上の写真の手前部分の突起です。

三つ折りタイプは大なり小なりこの仕組みがあり、結構大きな突起となります。

パッと見た目にはどうということなさそうですが、これは使ってみると結構というかかなりじゃまであります。

ベストソリューション:19mmピッチの二つ折り

紆余曲折の挙句、筆者が一番使い心地よく感じたのがこれです。

iClever IC-BK26というもの。

このキーボードは当ブログで取り上げています。

折りたたみキーボードはこれで決まり!

同じ2つ折りで実はIC-BK06 Liteというものがあります。

icleverの二つ折りキーボード IC-BK06lite

二つ折りでiCleverだとこの二つが事実上の選択肢となります。

実際に両方で長文入力を何度もしてみました。

IC-BK26:

・配列はJISではなくUS配列(筆者は両方OKなので無問題)
・キーピッチは19mmと標準キーボードと同じ
・キーボード手前に邪魔な突起物や枠がない
・数字キーもアルファベットと同じサイズで打ち間違いが少ない
・充電はUSB TYPE-C
・重さは実測183gとやや重い

IC-BK06 Lite:

・配列はJISではなくUS配列でアルファベットは問題ない
・矢印キーが右シフトとピリオドの間に食い込んでいて打ち間違いの元になっている
・スラッシュキーが右下と変な場所にありひどく打ち間違いが多い
・数字キーの高さが短くその上側に堤防のような突起があるため非常に押しにくい
・充電は今更のmicroUSB
・中央の大きな隙間がタイプの感覚を狂わせてミスタイプの原因となる

・重さは実測137gと軽い

上下に並べてみます。

IC-BK26の各部を見てみます。

下の写真のようにヒンジ部の突起が低く中央部にあり指がそこにあたることはまずありませんので全く問題なしです。

結局、普段使うキーボードにできるだけ近いキートップサイズ・ピッチ・配列が一番良いのです。

ということはすなわちIC-BK26の勝ちなのです。

お勧めはIC-BK26

二つ折りキーボードのIC-BK26は、19mmと標準ピッチのUS配列であり、周囲に邪魔な堤防もなく、充電もUSB TYPE-Cと今どきの当たり前に準拠している。

二つ折りではあるが、中央部分に無様な空白(ギャップ)がなく広げると普通のキーボードに近くなるので、全く違和感がない。


デジタルガジェットカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!