楽天モバイルですか?契約したい?考え直したほうが良いよ!

楽天モバイルですか?契約したい?考え直したほうが良いよ!

どうにもこうにも悪評が後をたたない楽天モバイルですが、Rakuten miniのLTEバンド詐称問題で交換依頼をして承認されましたが送られてくる気配全くなし。問い合わせても交換は承認されたがその後は全く不明というありえない返事。あれやこれやで楽天ってキャリアの風上にもおけないと思って筆をとりました。

楽天モバイルの問題の数々

楽天モバイルとお付き合いの始まりであるRakuten miniを入手したときの記事はこちら。

次から次へと繰り返された不祥事の数々に関する記事がこちら。

サポートに関する記事がこちら。

楽天の電話サポートは「ナビダイヤル」なので通常電話すると、ながーーーーーーーい待たされ時間も課金されてそれなりの通話料がかかります。

どれくらいかかったのかを書いておきます。

通話先  楽天モバイルのサポート(050-****-****)
通話時間 00:21:11
通話料金 860円

ご注意くださいませ!

楽天モバイルのサポートへの電話は専用アプリでないと無料になりませんので厳重注意。

★auは電話サポート予約があり、ネットで予約すると向こうから電話がかかってきます。待ち時間承知であれば0120のフリーダイヤルもあります。
★docomoは、一般電話(携帯・PHSもOK)からは無料の0120があり、ドコモ携帯からは151の無料通話があります。
★SoftBankは、一般電話からは無料の0800があり、SoftBank携帯からは無料の157があります。

すなわち「キャリア」を名乗る会社は、専用アプリとか使わなくても普通に無料通話が出来るようになっていますが、楽天は専用アプリを使わない限り、モーレツに高い料金が請求される(なぜ高いか?延々待たされるから)のです。ナビダイヤルで利益をとっているんじゃないかと思いたくなります。

通話無料の注意点(あえて「罠」と書いています)がこちら。

楽天モバイルアプリの電話サポートの記述に「050-****-****」の番号が記載されており、それをタップしてしまうと通常回線でつながってしまいます! これ普通に電話番号だとブラウザが解釈しちゃうので、電話番号は勝手にリンクされないようにイメージにしておくとかしていただきたい。

その下、Rakuten Link以外では通話料かかりまっせ!って書かれているんですが、もっと強調してほしいです。

Rakuten mini LTE-バンド問題交換対応はやる気なし!

消費者に何ら告知せずLTE対応バンドを変更し技適も取りなさなかったということで、総務省にお叱りを頂いた楽天モバイル。

こうした騒ぎになる前に、筆者のRakuten mini (B1非対応)は、Webの仕様と異なるといことでWeb仕様のもの(すなわちB1対応のもの)に交換を申し入れて了承されました。

しかーーーーーーーし、交換品が全然届きません。

6月12日 本体到着
6月15日 サポートへTELし交換依頼、交換了承された
7月3日 交換品が届かないのでサポートへTEL。
交換依頼は通っているが、実際の発送処理がどうなっているかサポートでは全くわからないんので待ってほしいとのこと。
7月13日 糞の役に立たないとはいいつつ、証拠の残るチャットサポートへ。
朝問い合わせを入れたら22時過ぎに返信。
どこがちゃっとなんだか。
答えは同じで、交換依頼は通っているがそこから先はサポートではわからないのでまっていてほしい、とのこと。
そして本日 だめっすよ、来ないっす。

今まで生きてきて色々なメーカーの色々な商品を買いましたし、それなりにサポートのお世話にもなりましたが、ここまでひどいメーカーはかつてなかったです。

携帯も3キャリア経験がありますが、どこも遥かにまともでした(当然ですけど)。

楽天モバイルは安くない!

楽天モバイルはUNLIMIT!といいつつ、UNLIMITなのは楽天回線の使えるエリアだけで、あとはパートナーであるauになります。そしてパートナー回線では5GBがMAXなんですね。

動画をガンガン見まくる人なら別ですが、普通はそんなに高速は必要なくて、そこそこの速度でエリアが広くて無制限のほうがいいんですよ。

そういう意味ではUQが適しています。

この記事で書いております通り、UQモバイル スマホプランR(10GB/月)の低速モードは1Mbpsです。

低速モードってそもそも切り替えできないのが多いのですが、低速モード1MbpsってのはUQのスマホプランRだけです。

1Mbpsならradikoや音楽ストリーミングを垂れ流しで聞いても速度的に全く問題ありません。

UQはau回線を使っていて、au並の速度で平日昼休み時間帯でも他のMVNOのように激遅いにはなりません(筆者が経験する範囲では)。

実用上どちらがメリットが大きいかと言うと、そりゃUQモバイル スマホプランRです。

ごくごく限られたエリアしかUNLIMITにならずそれ以外では5Gしか使えない楽天モバイルエリアはau同様で通常10Gだけど、任意に低速モードに切り替えでき低速モードではデータ通信量消費なしにも関わらず、radikoや音楽ストリーミング・メール・SNSにはほぼ問題なく使える1Mbpsで使えるUQモバイル

用途にもよるでしょうが、多くの人は後者のほうがメリットがあるのではないでしょうか?

まとめ

楽天モバイルの抱える問題は掘り出せば切りがないのであるが、主回線として使えるサポート品質・回線ではないのは間違いない。

予備回線としてもサポートの悪さを考えると他のキャリアかMVNOにしたほうが良い。

楽天モバイルを考えるくらいなら、UQモバイルのスマホプランRがお勧めで、低速無制限でも1Mbpsが出て、SNS・メール・音楽ストリーミング・radikoはこれでOK。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事